天丼のプラモブログ

ユニバーサルユニット3 ウイングガンダムゼロEW レビュー

ユニバーサルユニット第3弾 ウイングガンダムゼロカスタムのレビューです。


DSC0532910.jpg

内容

巨大な羽が入っていることもあり、フルバーニアンすら凌ぐとんでもないボリュームになっています。
その代わりか(?)シールが付属しません。


DSC05374.jpg

DSC05377.jpg

ウイングガンダムゼロカスタム

羽が4枚とも大きく、見ごたえ十分です。
500円に抑えるため小さめに成形されるんじゃないかと危惧していましたが、杞憂に終わりました。
しかも羽とバックパックを接続するフレームは大羽・小羽とも2パーツ構成・3軸可動になっており、結構自由に動かすことができます。


DSC05378.jpg

ジムカスタムと並べて。
巨大な羽がある分、ボリュームが全然違います・・・。


DSC05372.jpg

武器はツインバスターライフルとビームサーベル。
第3弾ではこのウイングゼロだけ武器が選択式ではなく、この2つで固定になっています。

まあ、この2つで選択式にすると、ビームサーベルの方が確実に余りますもんね・・・。
というかこの際、武器の選択制自体廃止にすれば良かったのに・・・。


DSC05368.jpg

ツインバスターライフルは分離させることも可能。プレイバリュー高いです。


DSC05366.jpg

可動範囲も他のと同様広いです。
スタンド用の穴は相変わらず空いてません。残念。


DSC05370.jpg

羽のフレームの可動を利用して、なんちゃって大気圏突入形態にすることが可能です。
ボリュームも凄いですが、よく遊べるように構成されていて満足度高いです。


DSC05382.jpg

最後にRGと並べて。

以上、ユニバーサルユニット3 ウイングガンダムゼロカスタムのレビューでした。
[ 2017/02/03 21:45 ] 食玩 | TB(0) | CM(0)

ユニバーサルユニット3 ジムカスタム レビュー

引き続きユニバーサルユニット第3弾のレビューを。
今回はジムカスタムをレビューします。

DSC053245.jpg

内容

今回はBセット(シールド・ビームサーベル装備)を選びました。
ちなみにAセットにはジム・ライフルが付属します。


DSC05351.jpg

DSC05353.jpg

ジムカスタム

相変わらず脚部に派手な合わせ目がありますが、プロポーションは良好。


DSC05356.jpg

ビームサーベルはクリアパーツではなく塗装で再現されています。
なお、バックパックに刺さってるサーベルの柄は着脱不可です。


DSC05357.jpg

可動範囲は相変わらず広いです。グリグリ動きます。
サイドアーマーは固定ですが、あんまり干渉しないためポージングにはほとんど影響ありません。

スタンダードな構成で、「特長がないのが特徴」って劇中のセリフを思い出すくらい特筆すべきところがありません・・・。
量産期なので複数購入して並べたいって方には、こういう構成だと組み立てがラクチンってメリットはありますね。


DSC05360.jpg

フルバーニアンと並べて


以上、ユニバーサルユニット3 ジムカスタムのレビューでした。


DSC05363.jpg

おまけでHGのジムカスタムと。
0083のキットは結構買い漁ってたんですけど、もう長いこと積んでるな~・・・。
[ 2017/02/02 23:05 ] 食玩 | TB(0) | CM(0)

ユニバーサルユニット3 ガンダムGP01 フルバーニアン レビュー

やっぱり買ってしまいました。ユニバーサルユニット。
ホントは第2弾とクスィー、ペーネロペーで満足したのでもう買わないつもりだったんですが、店頭で見かけた1分後にレジに持ってっちゃってました・・・。
今回購入したのはバルバトスルプスを除く3種。前回と同じように、順番にレビュー記事を上げていきたいと思います。


DSC053223.jpg

第3弾最初のレビューはフルバーニアンから。

今弾からどっちの武器がアソートされているかパッケージを見たら分かるようになりました。
購入者の意見を反映してのものでしょうか。何にせよダブりに怯えることが無くなったので有難い配慮です。
フルバーニアンはAセット(ライフル・シールド)を選びました。

内容は写真のとおり。
パーツ数が多く、組み立てる前から満足度が高いです。


DSC0533819.jpg

DSC0533920.jpg

フルバーニアン

腕部や大腿部のモールドが凹凸逆だったり脚部におもいっきり合わせ目があるのは気になりますが、プロポーションが良くてカッコいいです。

DSC0534324.jpg

可動範囲は相変わらず広いです。
このフルバーニアンは従来の可動個所に加え肩のアーマー(白い部分)や腰アーマー、脚部(足首付近)のアーマー、アンクルガードが別パーツ化されており、それぞれ動かせるようになっています。

構成がガンプラにさらに近づいた感じで、気合入ってるなーと感じました。


DSC0535031.jpg

バーニアは軸+ボールジョイントで、かなり柔軟に動かせるようになっています。


DSC0533213.jpg

DSC0533314.jpg

スタンドでディスプレイ

相変わらずスタンド用の穴がないのが惜しいです。

DSC05365.jpg

おそらく構成上たまたまだと思いますが、胴体が分離してヴァルヴァロ戦の上半身だけ脱出シーンを再現できるようになっています。※ビームサーベルと平手はペーネロペーから拝借。


以上、ユニバーサルユニット ガンダムGP01フルバーニアンのレビューでした。

前弾のガンダムXのクォリティが高かったこともあり、シリーズに対するハードルが上がっていましたが、
そのハードルを難なく乗り越えてきた印象です。買って満足です。
ライバル機のGP02と並べて飾りたいので、今後シリーズに加えてほしいです。


DSC0534627.jpg

オマケでRGのフルバーニアンと。
サイズ的に仕方ないとはいえ、こうして並べるとメインカメラから生えてるアンテナの太さが気になってしまいます。

というかRGフルバーニアン、数年ぶりに箱から引っ張り出しましたがめちゃくちゃカッコいいですね・・・。
これもまた、何年後になるか分かりませんが塗装して飾ってやりたいです・・・。
[ 2017/02/01 23:27 ] 食玩 | TB(0) | CM(0)