天丼のプラモブログ

ユニバーサルユニット ペーネロペー レビュー

DSC04682.jpg

ユニバーサルユニット ペーネロペーの素組みレビューです。


DSC04697.jpg

内容

値段が高いだけあって、食玩とは思えないボリューム。
クスィーに比べるとランナー状になっているパーツが少なく、組み立てやすかったです。


DSC04777.jpg

DSC04778.jpg

オデュッセウスガンダム

ペーネロペーの中身。
設定画とか見たことないんでよく分かりませんが、モールドや造形など、ペーネロペーになると見えなくなる部分もしっかり造ってあって好印象です。


DSC04780.jpg

通常サイズのものと比べると1回り以上大きいです。

DSC04784.jpg

可動範囲は相変わらず非常に広く、グリグリ動きます。
クスィーと同じく両平手とスタンドが付属します。


DSC04772.jpg

DSC04774.jpg

FFユニット(フィックスド・フライト・ユニット)

専用のジョイントパーツを使うことで、ユニットのみの単独飛行形態を再現可能。


DSC04768.jpg

ユニットだけでも結構なボリュームです。
ペーネロペーにするには一旦FFユニットをバラバラに分解し、オデュッセウスの各部に組み付けます。
この着脱ギミックはそんなに複雑ではないので、気軽に組み換え遊びができます。


DSC04788.jpg

DSC04792.jpg

ペーネロペー


DSC04795.jpg

DSC04800.jpg

DSC04802.jpg

クスィーガンダムと並べて。

ボリューム感ばっちり&造形もある程度カッチリしてるので、見応えは十分です。
カラーも細かいところまで部分塗装で再現されています。

DSC04805.jpg

1/144スケールのガンプラと比べるとこんな感じ。
背の高さだけでいうと1回り以上小さいですが、前後左右に大きいのでボリュームは負けてません。


DSC04745.jpg

DSC04747.jpg

ユニットが干渉するため可動範囲はある程度制限されます。
ただ、足首が引き出し式の関節だったり、各部の関節が固めに調整されていたりと、ポージングの際に気になる点はしっかり考慮されている印象でした。


DSC04749.jpg

パッケージにも説明書にも、一切説明がないクリアパーツのビームサーベルが2本付属します。(ボーナスアイテムでしょうか?)
設定どおりメガ粒子砲口から出力させることが可能なほか、手に持たせることもできます。


以上、ユニバーサルユニット ペーネロペーのレビューでした。

値段は高いですが、それ以上の満足感を得られました。超かっこいい。
ボリュームがあるとはいえサイズはほどほどなので、今は机の上に飾らせています。もうお気に入りです。


近況報告。
現在制作中のアスタロトオリジンは、仕事が忙しすぎてあんまり作業が進んでませんが
一応ほとんど毎日コツコツと、表面処理の作業をしています。
今はモールドをひたすら彫り直し中。ストレスたまってる時はこういうチマチマした機械的な作業を無性にしたくなるんですが、何故なんでしょう・・・。

また目立った進捗があれば記事を上げます。当分先になりそうなので、またレビュー記事を挟むことになりそうですが。


[ 2016/12/04 00:26 ] 食玩 | TB(0) | CM(0)

ユニバーサルユニット Ξガンダム(クスィーガンダム) レビュー

DSC04690.jpg

ユニバーサルユニット クスィーガンダムのレビューです。


最近「ユニバーサルユニット」という新しい領域(新しい泥沼)に足を踏み入れた私ですが、毒を食らわば皿まで、敬遠していた高額食玩にも手を出してしまいました。
購入したのは「クスィーガンダム」と「ペーネロペー」。「閃光のハサウェイ」の原作を読んだことはないのですが、MSのデザインがツボです。


DSC04702.jpg

内容

胴体は組み立て済み、四肢その他は組み立て式です。
高額商品らしく、500円ラインの通常弾に比べるとパーツ数が多いです。


DSC04739.jpg

DSC04741.jpg

Ξガンダム(クスィーガンダム)

部分塗装済みなので、組み立てるだけでほぼ設定どおりのカラーのクスィーガンダムが完成します。
モールドなんかもしっかり入っていて、食玩らしからぬ造形でかっこいい。

模型に比べると短時間で簡単に組みあがるのですが、肘と足首関節が細く、組み立ての際に破損しそうになりました。
アマゾンのレビューなどでも触れられていますが、足首関節は脚に挟み込んでしまうより先に足のボールジョイントにはめ込む方が無難でしょう。
肘はキツいと感じたら素直にピンバイスで穴を広げる方がいいです。


DSC04742.jpg

大きさ比較

大型なMSのため同シリーズの普通サイズのMSに比べると二回り以上大きいですが、一般的な1/144スケールのガンプラに比べると、逆に二回り以上小さいです。
ひと昔前に販売されていた「HCM-Pro」シリーズくらいの大きさでしょうか。


DSC04729.jpg

スタンドが付属するので、空中でディスプレイさせることが可能。
可動範囲は広く、最近のガンプラ並みにはグリグリ動くのですが、襟(肩?)のデザインの関係上、首が左右に動きません。
また、個体差かもしれませんが股関節がゆるゆるで、開脚させた状態をキープさせるのに苦労します。


DSC04737.jpg

写真ではわかりづらいですが、膝アーマーと肘アーマーを展開してミサイル発射態勢にするギミックがあります。
ミサイルの発射口はシールでの再現になります(リアアーマー裏も同様)。シールを貼らなければ写真のように肉抜き穴
を露呈するだけです・・・。


DSC04732.jpg

DSC04735.jpg

フライトモード

差し替えなしで再現可能です。


以上、ユニバーサルユニット クスィーガンダムのレビューでした。

食玩としては高すぎる値段ですが、手ごろなサイズでぐりぐり動かせるクスィーガンダムは魅力的です。
レビューにも書いた通り気になる点は何点かありますが、それらを差し引いても出来が良くてカッコいいと思います。

[ 2016/11/23 01:45 ] 食玩 | TB(0) | CM(0)

ユニバーサルユニット ガンダムX (塗装)

DSC04639.jpg

ユニバーサルユニットのガンダムX、塗装終わりました。


DSC04658.jpg

DSC04659.jpg

ガンダムX

最初はちょちょっと部分塗装だけする予定でしたが、表面処理しているうちに火が付いてきたので全塗装しました。
ちなみに表面処理は目立つパーティングラインとゲート跡の処理だけで、合わせ目は放置しています。
とはいえパッと見で目立つ合わせ目は脚の裏側と肩くらいで、基本的に合わせ目は目立たない構造になっています。このサイズで優秀ですね。

前腕は見栄え重視で前後逆に組んでいます。

DSC04667.jpg

素組みと

関節塗ってスミ入れするだけでも見違えるんじゃないかと。
胴体のマスキングに苦戦したのですが、素組みと大して変わらないような・・・(泣)

ちなみに最初買った方(素組みのほう)は肘関節が逝ってしまって、もう一個追加で購入したという経緯があります。
肘は軸が細すぎるので、取り扱い注意ですね。まあ、武器が被らなかったので結果オーライです。


DSC04673.jpg

シールドバスターライフル


DSC04676.jpg

高出力ビームソード

そのままだと味気ないのでグラデーション塗装しました。

DSC04653.jpg

DSC04646.jpg

特に説明はありませんが、フライトモードにすることも可能。
プレイバリュー高いです。


DSC04643.jpg

サテライトキャノン

リフレクターはシール貼っただけだとおもちゃっぽさが半端ないので
上から透明プラバンを貼り付け、グラデーション塗装しました。


以上、ユニバーサルユニット ガンダムXでした。

パーツ数が少なく、思いのほかキット自体の出来もよかったので、今回の作成はいい息抜きになりました。
ガンダムXは一番好きなMSで、HGでもMGでもいずれは作成する予定なので、その練習にもなって良かったです。

カラーレシピ

白・・・クールホワイト(C)→ムーンストーンパール(C)
青・・・パールウルトラマリンブルー(G)
赤・・・メタリックレッド(F)
黄・・・グランデ・ジャローパール(G)
紫・・・ニンジャパープル(F)→パールウルトラマリンブルー(G)→アメジストパープル(C)
関節・・・スターブライトアイアン(G)、ガンメタル(ファレホ)
リフレクター・・・クリアホワイト(G)、クリアブルー(G)など→サファイアブルー(C)

最後にフラットクリアー(G)


あと、これの作成中にアスタロトの次に作るキットが決まりました。今回の経験を活かせるキットです。お楽しみに・・・。
[ 2016/11/13 02:20 ] 食玩 | TB(0) | CM(0)