天丼のプラモブログ

EXスタンダード ガンダムデスサイズヘルEW (素組みレビュー)

DSC0546508.jpg

EXスタンダードより ガンダムデスサイズヘルEW の素組みレビューです。


DSC0549107.jpg

ランナー

箱サイズランナーだいたい3枚分。

DSC0549709.jpg

DSC0549810.jpg

ガンダムデスサイズヘルカスタム

海外で人気があるからか、まさかの商品化となったデスサイズヘル。
この調子で、Gジェネシリーズみたいに色々ラインナップしたらいいのにな・・・。

関節・プロポーションはいつものEXスタンダード準拠。
肉抜きも相変わらず二の腕の内側と脚の裏にあります。
また、HGとの連動ギミックのせいで肩の裏にも目立つ肉抜きと3ミリ穴があります。

色分けはシール頼みですが、頬のスリットがパーツ分けされてるのが好印象。


DSC0550511.jpg

DSC0550612.jpg

武器のビームシザース
単色なので要塗装です。
他のEXスタンダードキットと同じく可動範囲が広く、ポーズが付けやすいです。


DSC0551413.jpg

羽は3パーツ構成になっていて微妙に翼の角度を変更することができます。


以上、EXスタンダード ガンダムデスサイズヘルEWの素組みレビューでした。
[ 2017/03/20 00:03 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

HGIBO 1/144 ガンダムアスタロトオリジン製作記②

久しぶりにアスタロトの製作記です。

ここ数か月、せっせとスジを彫り直してました。
正直スジ彫りって作業的にそんなに好きじゃなかったんですが、なんとなくコツが掴めてきたのか最近は楽しんでやってます。


アスタロトオリジン製作記② (1)

アスタロトの現在

脚部のエッジが全体的にダルかったので、プラ板等でシャープに。
ただ、そのせいで箱っぽくなってしまったので、もう少し自然な感じにアレンジしようと思っています。

肩のシリンダーはどうしたものか考え中です。見栄えを重視すると可動が死ぬし・・・悩みどころです。


アスタロトオリジン製作記② (4)

ふくらはぎの部分をビルダーズパーツに置き換えてます。
リアアーマーも別のパーツに変更する予定。

最初はそんなにこだわりなくサクッと作って終わりにする予定だったんですが、ミーハーな私はGBWC(ガンプラビルダーズワールドカップ)だのオラザクだのの影響をもろに受け、急きょオリジナル路線へと舵を切り直しました。

なのでバックパックを中心に色々改造する予定です。まだ完成図は頭の中に出来上がってないんですけどね・・・。


以上、製作記その②でした。
[ 2017/02/23 22:43 ] HGIBO | TB(0) | CM(0)

頑駄無轟炎王 素組みレビュー

調整

超SD戦国伝 武神輝羅鋼編より
頑駄無轟炎王の素組みレビューです。

1996年8月発売 1,500円(税別)


DSC03315.jpg

DSC03316.jpg

DSC03326.jpg

大型キットだけあり、クリアパーツやメッキパーツがふんだんに使われた豪華な内容になっています。
ガラス玉とジュエルシールも付属。


DSC05160235.jpg

DSC05163238.jpg

軽装状態


DSC05170245.jpg

DSC05171246.jpg

獅炎の鎧 装着形態


DSC05176251.jpg

胴鎧は仮面にすることができます。


DSC05165240.jpg

武器の轟熱曲刀(ヒートショーテル)

轟炎王自体の可動範囲は特に広くありません。一般的なBB戦士と同じ構造です。


DSC05177252.jpg

DSC05182257.jpg

支援機 鉄鋼獅子(メタルレオ)

口の中にはガラス玉が入ってます。


DSC05183258.jpg

かなり巨大で頼もしい・・・。
四肢に可動個所はありますが、ポージングは難しいです。


DSC05132208.jpg

DSC05136212.jpg

鋼動甲冑(パワーローダー)に変形した鉄鋼獅子に、轟炎王が乗り込んだ姿


DSC05138214.jpg

しっかり操縦桿を握ってます。
子供の頃はパッケージだけ見て「轟天頑駄無みたいな大柄な武者なんだ」とばかり思っていたので、
漫画でこの事実を知ったときは衝撃でした。


DSC05143219.jpg

大きさ比較
特に横方向に大きいです。


DSC05145221.jpg

武器の討魔七星戟(とうましちせいげき)
手の保持力が弱いので、持たせるのに一苦労・・・。


DSC05149225.jpg

討魔七星戟は「六神剛槍(ろくしんごうそう)」と「三牙の爆甲」に分離することができます。
六神剛槍はシールを貼ると、当時流行していたバトエンみたいに転がして遊ぶことができます。


以上、頑駄無轟炎王の素組みレビューでした。

DSC05151227.jpg

DSC05157233.jpg

おまけで武威凰大将軍と合体した「轟炎武威大将軍」形態

どっちのキットも、もともとこの合体を見越しての構造になってはいるんですが組み合わせが複雑で合体は結構難しかったです。
ただ大型キット2つ分のボリュームなのでボリュームは圧巻です。