天丼のプラモブログ HGUC クロスボーンガンダムX1改 (素組み)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HGUC クロスボーンガンダムX1改 (素組み)

クロスボーンガンダムX1改 箱絵

HGUC クロスボーンガンダムX1改の素組みレビューです。


クロスボーンガンダムX1改 ランナー (2)

クロスボーンガンダムX1改 ランナー (3)

クロスボーンガンダムX1改 ランナー (4)

ランナー
ランナーは通常のクロスボーンガンダムX1に新規パーツを加えたものになっています。
3枚目の写真に写っているもの(ポリキャップとシール除く)が今回の追加パーツです。

クロスボーンガンダムX1改 (3)
クロスボーンガンダムX1改 (4)

クロスボーンガンダムX1改

基本的にはX1とほとんど同じ。
成形色も通常のものと一緒ですね。

クロスボーンガンダムX1改 (1)

リアアーマーはX1改専用のもの(写真左)が付属。
通常のものも付いてくるので、差し替えてX1として組み立てることも可能。

クロスボーンガンダムX1改 (5)
クロスボーンガンダムX1改 (6)

今回のキットでついに再現されたシザーアンカー。
フロントアーマーのパーツを差し替えることで再現します。

劇中では鎖でしたが、キットではリード線での再現になります。

クロスボーンガンダムX1改 (8)

スクリューウィップ

X1改特有の武装も再現。
こちらもリード線を使用しています。先っぽはドリル状になっているはずなんですが、キットはどうも造形が野暮ったい印象。

これらの新規武装のほか、X1のキットに元々付いてる装備もすべて付属します。

クロスボーンガンダムX1改 (11)
クロスボーンガンダムX1改 (12)

今回のキットの目玉、ABCマント

ビニールっぽい特殊な素材です。
肩や胸のパーツを取り外し、挟み込んで装着します。

マントの端には超大雑把な切れ込みが。

クロスボーンガンダムX1改 (14)

くしゃっと、マントを握ってみました。

この素材はかなり皺が付きやすいですね。
この皺が、逆にいい表現になるのかもしれません。


以上、クロスボーンガンダムX1改の素組みレビューでした。

X1は既に持っていましたが、X2改と並べたくて購入したキットです。
追加パーツの数を見ると、どうしても「もうX1とコンパチにしろよ・・・」って思ってしまいます。
(まあ、それでも買ってしまうんですけど・・・。)

このキットの目玉であるABCマントですが、どうでしょう?「ハリのある特殊なビニールの素材で再現」なんて宣伝文句があって、商品写真もいい感じなんで期待してたんですが。実際手に取ってみると、思ってたのとちょっと違うかな・・・って感じです。
重さが感じられないので、立ち姿では映えないですね。逆に、アクションポーズをとらせたら躍動感が出るのかな?
ロボットのマントの表現って未だ試行錯誤の段階ですから。この素材も使い方、見せ方次第で化けるのかもしれませんね。


仕事のストレスをレビューにぶつけて、文句ばっか書いてますが・・・
近況。X1改、現在制作中です。完成も近くなってきたので、まただらだら製作記を書いていこうと思います。
よろしくお願いします。
関連記事

[ 2016/03/02 23:53 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/181-b07924d7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。