天丼のプラモブログ HGUC クロスボーンガンダムX1 (素組み)

HGUC クロスボーンガンダムX1 (素組み)

クロスボーンガンダムX1 箱絵

HGUC クロスボーンガンダムX1の素組みレビューです。
箱絵カッコよすぎ。

2014年11月発売 1,800円(税抜)

クロスボーンランナー (2)

クロスボーンランナー (3)

クロスボーンランナー (4)

ランナー。
枚数は多いですが、全体的なボリュームは価格相応。

クロスボーンガンダムX1 (6)

クロスボーンガンダムX1 (10)

クロスボーンガンダムX1 (7)

クロスボーンガンダムX1

F91あたりと同サイズの小型MSですが、見てのとおり色分けはほぼ出来ています。
足りないのは肩やスラスター、ビームサーベルの黄色、膝やアンクルアーマーのグレー、胸部フックの白、サイドアーマーの黒と、細かい部分ばかりですね。
ただ、サイドアーマーの黒の部分は形状が複雑なので、塗装はちょっと手がかかりそうです。

個人的にこのキットで何より嬉しいのが、本体に合わせ目がほとんど出ないところです。
モールドに合わせる形で分割が考えられており、よく出来てるなーと感心します。
それでもふくらはぎ、胸部の黒いパーツ、肩アーマーの一部には合わせ目が出ますので、ここら辺は処理してやりたいですね。

クロスボーンガンダムX1 (8)

背面のスラスターはボールジョイント接続。
自由度が高くていいんですが、位置決めがちょっと面倒。
バーニアの部分も可動。

クロスボーンガンダムX1 (11)

武器のバスターガン

これ専用の持ち手が左右分付属します。

小さいのに形状とかよく再現されているんですが、モナカなんで合わせ目処理はしてやりたいです。

クロスボーンガンダムX1 (12)

ビームザンバーとビームシールド

クロスボーンガンダムX1 (13)

ブランドマーカーとビームサーベル

クロスボーンガンダムX1 (2)

ビームザンバーとバスターガンが合体して「ザンバスター」になるギミックもしっかり搭載。

クロスボーンガンダムX1 (3)

ザンバスターには、まっすぐ持つための専用の持ち手が付属します。
ここら辺をしっかり配慮している点も個人的に評価高いです。

クロスボーンガンダムX1 (15)

ヒートナイフ
ピント合ってないですが、足裏から出してるバージョンのものも付属します。

設定どおりとにかく武装が豊富でプレイバリュー高いです。
ただ、ABCマント、シザーアンカー、片目にセンサーが展開するギミック、ザンバスターの弾頭はさすがに省略されています。
(前2者はプレバンの「クロスボーンガンダムX1改」で再現されました。)

クロスボーンガンダムX1 (17)

マスクは放熱バージョンも付属。
塗装してないとわかりづらいですが・・・。

クロスボーンガンダムX1 (1)

マスクの変更は差し替えによって再現。
頭部の赤いパーツはこのギミックのためか、最初から後ハメできる形状になっています。

クロスボーンガンダムX1 (4)

オプションでコアファイターも付属。
単色の2パーツ構成なんで、塗装前提ですね。
スラスターはクロスボーンから付け替えます。

クロスボーンガンダムX1 (5)

サイズ比較


以上、HGUC クロスボーンガンダムX1の素組みレビューでした。


そういえば、最近クロスボーンガンダムX2がプレバンから販売開始されたみたいですね。
欲しいのは欲しいんですが、もうX2改を作ってしまってるのもあって、あんまり積極的に買おうとは思いません・・・。
最初っからX2改とコンパチキットで出してくれたらよかったのになー。

X3かX0が出たら買っちゃうと思いますけど。いっそ全部一般販売してくれないかな・・・。
関連記事

[ 2016/02/28 02:07 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/180-851c9bd5