天丼のプラモブログ 魔刃頑駄無 (素組み)

魔刃頑駄無 (素組み)

魔刃頑駄無 (3)

新SD戦国伝 刕覇大将軍編より
魔刃頑駄無(まじんがんだむ)の素組みレビューです。

1997年9月発売 500円(税抜)


魔刃頑駄無 (1)
魔刃頑駄無 (2)


ランナー

黒いパーツも金色のパーツもグロス使用でつやつやです。
そのためパーツが固く、ランナーからの切り離しに気を使います。

魔刃頑駄無 (12)
魔刃頑駄無 (13)

軽装状態

ナイトガンダムシリーズに出てきそうな独特の見た目ですね。
右腕は肘が曲がり、左腕は横に跳ね上げることができます。
細かいパーツの組み合わせでしっかり可動化されてます。

また、左手(ジーグ)はメッキパーツで再現されていて、ロール可動します。

魔刃頑駄無 (8)
魔刃頑駄無 (9)

武者形態

説明書に「武者形態」ってばっちり書いてあるので武者なんでしょうか。
武装の名称はいつもの当て字ではなく横文字が並び、普通の武者との違いを感じます。

左の大きな肩鎧(ハーデスコート)の前面は跳ね上げることができるようになっています。
また、肩鎧から飛び出している「鉄機心得」(黒が偽物、金色が本物)は取り外すことができ、本物は左手(ジーグ)に持たせることができます。


魔刃頑駄無 (4)
魔刃頑駄無 (5)

特徴的な武器の「ファントムハーケン」を装備して


魔刃頑駄無 (7)
魔刃頑駄無 (6)


ファントムハーケンは伸ばした刃がスプリングで内側に戻るギミックがあります。
また、魔刃自身の腰にもスプリングを内蔵しており、腰をひねるとスプリングの力で勢いよく戻り、斬りつけるような動作をさせることができます。

写真ではわかりづらいですが、ファントムハーケンは手のほか、肩の爪(リーゴドン)でもがっちり保持するので、遊んでてもすっぽ抜ける心配は少なそうです。


魔刃頑駄無 (11)
魔刃頑駄無 (10)

ボーナス武器として「シュトローム」と「魔角の軍配」が付属します。


以上、魔刃頑駄無の素組みレビューでした。

ギミックが多く、組み立ても普通の武者より少し細かく複雑なので、楽しめました。
配色は細かいので、設定どおり塗装しようとするとちょっと苦労しそうな印象です。


関連記事


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/167-9766ff16