天丼のプラモブログ 魂武者闘刃丸 (素組み)

魂武者闘刃丸 (素組み)

魂武者闘刃丸 (3)

新SD戦国伝 刕覇大将軍編より、魂武者闘刃丸(スピリットむしゃとうじんまる)の素組みレビューです。

1997年9月発売 500円(税抜)


魂武者闘刃丸 (1)
魂武者闘刃丸 (2)

ランナー

基本クリアパーツとメッキパーツだけという恐ろしい構成です。
クリアパーツは1パーツが大きく、立体的な造形のものが多いです。


魂武者闘刃丸 (9)
魂武者闘刃丸 (10)

軽装状態

頭部は百士鬼改のように前面だけメッキパーツという構成になっています。
また、肩は足首と同じくボールジョイント接続になっており、通常の武者より比較的自由に動かすことができます。

また、写真ではわかりづらいですが胴体の内部にメッキパーツが入っており、クリアパーツ越しに透けて見えるようになっています。


魂武者闘刃丸 (4)
魂武者闘刃丸 (5)

武者形態

肩になびく羽衣状のパーツと肩からメッキパーツがぶらさがってる構成が、豪華な感じでかっこいいです。
兜の細かい色分けも素敵。

兜はバイザー状になっていてクリアパーツ越しに顔がのぞくようになっています。

また、肩鎧はレジェンドBBの武者頑駄無よろしくバックパックと一体化しており、腕の動きを邪魔しません。


魂武者闘刃丸 (6)

武器の東雲の矛(しののめのほこ、右手)と黎明の矛(れいめいのほこ、左手)
東雲の矛にはスプリングで先っぽがパチンと閉じるギミックがあります。


魂武者闘刃丸 (7)

2つの槍が合体して宝輝閃霊の槍(ほうきせんれいのやり)に。

長物2つが繋がるのでとんでもない長さに。この状態で飾るのはちょっと難しいかもしれません。


魂武者闘刃丸 (8)

最後にボーナス武器の玉梓の槍(たまずさのやり、左手)と宝来の剣(ほうらいのつるぎ、右手)。
特にギミックはないですが、クリアーでかっこいいですね。


以上、魂武者闘刃丸の素組みレビューでした。

発売当時は「やりすぎだろ・・・」と、子供心に引いた思い出がありますが、今になってみると、やりすぎ結構、豪華で美しいキットだな~と思ってしまいます。
塗装個所も少なく、造形もしっかりしていていい感じですね。簡単に塗装して飾ろうと思います。

関連記事


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/166-1d9ac521