天丼のプラモブログ HGUC バイアラン・カスタム(素組み)

HGUC バイアラン・カスタム(素組み)

hyou (271)

機動戦士ガンダムUCより
バイアラン・カスタムのパチ組みレビューです。

2012年11月発売 2,600円(税抜)
hr (34)
hr (35)
hr (36)
hr (36)
hr (37)
hr (38)

内容

RGキット並のランナー数で、価格相応のボリューム。
最近定番になってきたABSレスキットになっています。

DSC01211.jpg
DSC01214.jpg

バイアラン・カスタム

DSC01215.jpg
DSC01218.jpg

上半身

パイプや各部の黄色など、細かい部分がしっかり色分けされています。
ただし、肩の下に伸びている部分の内部は結構な面積を塗装する必要があります。

肩や上腕、背部タンクにやや目立つ合わせ目ができます。

DSC01216.jpg
DSC01217.jpg

下半身

脚部は複雑なデザインですが合わせ目が目立たない構成になっています。
腕と足のクローには肉抜きがあります。

DSC01231.jpg

標準サイズのMSと比較

並べてみると大きさが際立ちますね。
背の低いMGキットというカンジです。

DSC01219.jpg
DSC01220.jpg
DSC01222.jpg

奇抜なデザインの割に可動箇所は多く、ポージングしやすいです。
特に首がデザインからは考えられないほど動いてくれるのが嬉しいです。

ただ、巨体の割に関節が柔らかいので、立たせてると膝から倒れたりしてしまいます。

DSC01221.jpg

背部バーニアはタンクとの接続部で回転させることが可能。
肩部のバーニアもグリグリ可動します。

DSC01225.jpg

アクションベースとのジョイントパーツ

デザインを重視したのか、股下に穴がなく、代わりに専用のジョイントパーツが付属します。
ただし本体がやや重いのも相まってしっかり接続されず、ずれまくります。

DSC01223.jpg
DSC01224.jpg

武器は腕部のメガ粒子砲と、そこから発生するビームサーベル。
粒子砲の基部はボールジョイント接続です。


以下、ポーズ集。

DSC01227.jpg
DSC01228.jpg
DSC01229.jpg
DSC01230.jpg
DSC01233.jpg

個人的にデザインがめちゃくちゃ好きなMS。
エピソード4での活躍も印象深いです。


以上、バイアラン・カスタムの素組みレビューでした
関連記事

[ 2013/11/09 03:55 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/145-be5345d6