天丼のプラモブログ 武者冒流斗(素組み)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武者冒流斗(素組み)

DSC01066.jpg

新SD戦国伝 超機動大将軍編より
武者冒流斗(ムシャボルト)のパチ組みレビューです。

1995年5月発売 500円(税抜)


DSC00947.jpg

内容は箱サイズランナーだいたい3枚分とチェーン。

DSC01010.jpg
DSC01011.jpg

軽装状態

チェーンを体に巻きつける独特のスタイル。
頭部の形状もハートのような形でなかなか珍しいです。

色分けはキビシめ。

DSC01012.jpg

腕の接続は刕覇大将軍編でよく使われる、肩と上腕が別になっている方式です。

DSC01006.jpg
DSC01007.jpg

武者冒流斗

背中の真ん中の角の接続が緩く、ポロポロ取れてしまいます。
ここは接続のテンションを調整してやりたいです。

DSC01008.jpg
DSC01009.jpg

武器の極寒の牙(刀)とライトニングアンカー(右手)/ライトニングブレイカー(左手)。
ライトニング~にはチェーンパーツが使用されています。

DSC01003.jpg
DSC01004.jpg
DSC01005.jpg

スーパーモード「ボリュートフュージョン」

個人的にかなり好みのデザイン。
他の闘破五人衆と比べるとギミックに劣る印象ですが、劇中の活躍も含め単純に「かっこいい」キットだと思います。


以上、武者冒流斗の素組みレビューでした。
関連記事


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/139-0525bdb1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。