天丼のプラモブログ 袁術ズサ(素組み)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

袁術ズサ(素組み)

ekr (89)

SD三国伝より
袁術ズサのパチ組みレビューです。

2010年8月発売 600円(税抜)


kimar (139)

内容は箱サイズランナー3枚

DSC00331.jpg
DSC00332.jpg

軽装状態

肘にボールジョイントによる関節が追加されているため、やや腕が長めのプロポーションになっています。
肩と上腕部の接続もボールジョイントではなく挟み込み式のロール可動タイプになっており、従来のキットに比べ大きく脇を広げることが出来るようになっています。

DSC00335.jpg
DSC00336.jpg

袁術ズサ

DSC00337.jpg
DSC00338.jpg

武器は双刀「飛双刀」と棍棒「飛旋棍」

腕部の可動範囲が広いのでポージングがかなり楽です。

DSC00339.jpg

拳を外すことで宦官のようなポーズをとらせることができます。

DSC00343.jpg
DSC00344.jpg

飛翔形態

巨大なバックパックを装備することにより一気にボリュームアップ。
ただし背中のバックパックは結構外れやすいです。

DSC00345.jpg

武器は合体して「飛双旋鎌」に。
肩の追加パーツもやや可動に干渉するカンジです。


以上、袁術ズサの素組みレビューでした。
関連記事

[ 2013/08/06 00:35 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/125-aece7c68










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。