天丼のプラモブログ 紅蓮ガンダム(素組み)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紅蓮ガンダム(素組み)

ekr (94)

新SD戦国伝 天星七人衆編より
紅蓮頑駄無のパチ組みレビューです。

1998年9月発売 500円(税抜)
(輝羅鋼極彩verは2010年10月発売)


te1 (32)

内容は箱サイズランナー2枚と半箱サイズランナー1枚
彗星頑駄無と同じく、輝羅鋼(元)の影響かランナーはやや少な目になっています。

san (114)
san (115)

紅蓮頑駄無

関節の接続は天星七人衆キット共通の軸接続方式。
色分けは他の天星七人衆キットと同じくかなりレベルが高いです。

san (116)

肩ハッチは差し替えなしで展開可能です。


以上、紅蓮頑駄無の素組みレビューでした。
関連記事


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/119-231d61e4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。