天丼のプラモブログ 彗星頑駄無(素組み)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

彗星頑駄無(素組み)

te1 (41)

新SD戦国伝 天星七人衆編より
彗星頑駄無のパチ組みレビューです。

1998年8月発売 500円(税抜)
(輝羅鋼極彩verは2010年10月発売)


te1 (31)

内容は箱サイズランナー2枚と半箱サイズのランナー1枚
(元)輝羅鋼のランナーが大きめに成形されているためか、ボリュームの面にややしわ寄せがきている印象です。

kimar (46)
kimar (47)

忍装束形態

関節の接続は天星七人衆共通の軸接続方式。

色分けは他の天星七人衆キットと同じくレベルが高いですが、腕部は塗装箇所が複雑でやや難易度が高くなっています。

kimar (48)

手甲からいろいろな武器を射出することが出来ます。

kimar (44)
kimar (45)

彗星頑駄無

鎧を着せ替えることでかなり印象が変わります。
顔もイケメンです。

ただ、ギミックにはやや乏しいです。


以上、彗星頑駄無の素組みレビューでした。
関連記事


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/118-baa5d155










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。