天丼のプラモブログ 轟大帝孫権ガンダム・虎燐魄(素組み)

轟大帝孫権ガンダム・虎燐魄(素組み)

kesi (33)

SD三国伝より
轟大帝孫権ガンダム・虎燐魄(こりんぱく)のパチ組みレビューです。

2009年12月発売 1,200円(税抜)


kesi (1)
kesi (3)

内容は箱サイズランナー3枚
設定色との兼ね合いからか、珍しく透明ポリキャップが使用されています

kesi (58)

今回もきらきら工房さんに注文して黄色ランナーをメッキ加工してもらいました。

kimar (70)
kimar (69)

孫権ガンダム

接続方法は三国伝共通のもの。
色分けは成形色が多い割に厳しく、特に肩鎧と腰鎧の白色をどう塗装するかが問題になります。

kimar (71)

マスクパーツの付け替えで孫堅ゼフィランサスを再現することもできます。
写真ではわかりにくいですが、ヒゲの段落ちモールドが成形されています。

kimar (72)
kimar (73)

虎燐魄

首と口、四肢、足首、腰が稼働します。
可動箇所は多いですが、全体的に接続のテンションが緩いのが難点です。

kimar (75)
kimar (74)

轟大帝孫権ガンダム

孫権と虎燐魄が合体した姿。
肩にたなびくマフラー状のものがかっこいいです^^

デザイン上仕方ないことですが、可動範囲はかなり制限されます。
とくに足はほぼ動かすことが出来ません。

kimar (76)
kimar (77)

獣神形態

轟大帝を変形させることで再現できます。
変形は組み換えが多く、やや面倒に感じました。
しかし可動範囲は広く、ボリュームもあるので弄るのはかなり楽しいです。

以上、轟大帝孫権ガンダム・虎燐魄の素組みレビューでした。
関連記事

[ 2013/07/08 01:31 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomata787878.blog.fc2.com/tb.php/117-6e66db74