天丼のプラモブログ 2017年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EXスタンダード ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン 素組みレビュー

DSC0546636003.jpg

EXスタンダードより ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(デストロイモード)の素組みレビューです。

DSC0549073002.jpg

ランナー

箱サイズランナー2.5枚分くらい。
パーツの多くは先に発売されたユニコーンからの流用ですが、なんと余剰パーツはゼロです。


DSC0556169033.jpg

DSC0556470034.jpg

バンシィ・ノルン

特長的なアンテナと背部のアームドアーマーXCが新規パーツで再現されています。


DSC0556068032.jpg

DSC0555767031.jpg

武器のビームマグナム+リボルビングランチャーとアームドアーマーDE

どちらも元の武器に新規パーツが追加されています。


DSC0555371028.jpg

DSC0555672030.jpg

BB戦士版と比較。

定価がちょうど倍違います。
ギミックや色分けは、もう言うまでもなくBB戦士版の方が凝ってるんですけど、
プロポーションに関しては、個人的にはEXスタンダード版の方が好みですね。


以上、ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルンの素組みレビューでした。
スポンサーサイト

[ 2017/03/25 21:01 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード シナンジュ (素組みレビュー)

DSC0545735002.jpg

EXスタンダードより シナンジュの素組みレビューです。


DSC0545655001.jpg

内容は箱サイズランナー2.5枚分ほど。
特長的なエングレービングはシールで色分けされます。


DSC0552459012.jpg

DSC0552560013.jpg

シナンジュ

真っ赤っか・・・。
ここまで色分けされてないガンプラも、今じゃ逆に珍しいですね。

関節やプロポーションはシリーズ準拠。
肉抜き穴もやっぱり二の腕の内側と脚の裏にあります。
シナンジュは脚が大きく造形も複雑なので、ここの穴を埋めるのはだいぶしんどそうです。


DSC0553364017.jpg

モノアイはマスクと一体成型。
頭部の砲口がパーツ分けされてるのが地味に嬉しいです。


DSC0552861014.jpg

武器のビームライフルとシールド


DSC0551556009.jpg

DSC0551857010.jpg

BB戦士版と比較して

色分けは言うまでもないですし、武器の豊富さも造形もBB戦士版の方に軍配。
モールドはどっちも細かくてカッコいいですが、スラスターの造形はBB戦士版の方が凝ってるかな、と。

ただ、可動範囲はやはりEXスタンダードの方が断然広いですし、プロポーションもカッコいいです。


DSC0552058011.jpg

ネオ・ジオング!

・・・には出来ません。
プロペラントタンクを外すことができないのと、やっぱり各部の大きさが違うので。
せめて首だけでも交換してやろうと思いましたが、残念ながらBB戦士版は首の接続が普通と凹凸逆なのでそれも叶わず。
写真はBB戦士版の胴体にただ首を乗せてるだけです。

でも顔が小さいEXスタンダード版の方がネオジオングの巨大感が出ていい感じかも・・・。


DSC0553263016.jpg

DSC0552962015.jpg

ネオジオング付属の武器を拝借して。


以上、EXスタンダード シナンジュの素組みレビューでした。
[ 2017/03/24 00:31 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード デスティニーガンダム (素組みレビュー)

DSC0547323001_20170501010230afa.jpg

EXスタンダードより デスティニーガンダムの素組みレビューです。


DSC0548524002_201705010102315e1.jpg

内容は箱サイズランナーだいたい2.5枚分
このシリーズでは多めな4色構成になっています。


DSC0553646018.jpg

DSC0553747019.jpg

デスティニーガンダム

プロポーションや関節は通常のEXスタンダード準拠。
肉抜き穴も他と同じく肘の内側と脚の裏にあります。

特長的な隈取りがちゃんとパーツ分けで再現されているのが好印象。
しかし背負い物のせいで、立ち姿ではほんの少しうつむいてしまいます。


DSC0554048020.jpg

武器のビームライフル


DSC0554149021.jpg

DSC0554450022.jpg

背中のアロンダイトとビーム砲を展開することも可能です。
展開と言ってもどちらも折り畳み機構が廃止されており、最初から展開しちゃってますが。

ウイングも設定どおり開くことができます。ボリューム十分でカッコいい。


DSC0555254026.jpg

カスタムジョイント(写真の白いパーツ)が付属し、武器を連結させることができます。
個人的には、こんなの付けるくらいならパルマフィオキーナ再現用の平手の一つでも付けて欲しかったかな。


DSC0554551023.jpg

DSC0554852024.jpg

BB戦士版と比較

色分けやギミックはBB戦士のほうが圧倒的に豪華ですが、可動範囲はEXスタンダードの方が広いです。
プロポーションも個人的にはEXスタンダード版が好みです。


DSC0554953025.jpg

BB戦士から武器を拝借して。

武器がボリュームアップするだけでも大分印象が変わります。
ちなみにバックパックは接続軸が全然違うので、取り換える場合は要加工。
平手も残念ながらボールジョイントの径が違うため、無加工では取り付けられませんでした。


以上、EXスタンダード デスティニーガンダムの素組みレビューでした。
[ 2017/03/23 01:40 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード ガンダムデスサイズヘルEW (素組みレビュー)

DSC0546508.jpg

EXスタンダードより ガンダムデスサイズヘルEW の素組みレビューです。


DSC054910779003.jpg

ランナー

箱サイズランナーだいたい3枚分。

DSC0549774004.jpg

DSC0549875005.jpg

ガンダムデスサイズヘルカスタム

海外で人気があるからか、まさかの商品化となったデスサイズヘル。
この調子で、Gジェネシリーズみたいに色々ラインナップしたらいいのにな・・・。

関節・プロポーションはいつものEXスタンダード準拠。
肉抜きも相変わらず二の腕の内側と脚の裏にあります。
また、HGとの連動ギミックのせいで肩の裏にも目立つ肉抜きと3ミリ穴があります。

色分けはシール頼みですが、頬のスリットがパーツ分けされてるのが好印象。


DSC0550677007.jpg

DSC0550576006.jpg

武器のビームシザース
単色なので要塗装です。
他のEXスタンダードキットと同じく可動範囲が広く、ポーズが付けやすいです。


DSC0551478008.jpg

羽は3パーツ構成になっていて微妙に翼の角度を変更することができます。


以上、EXスタンダード ガンダムデスサイズヘルEWの素組みレビューでした。
[ 2017/03/20 00:03 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。