天丼のプラモブログ 2015年10月

RG 拡張エフェクトユニット 天空の翼

DSC02352.jpg

RG ストライクフリーダムガンダム用拡張エフェクトユニット「天空の翼」の素組みレビューです。

DSC02317.jpg
DSC02318.jpg

内容はPET製のエフェクト4枚とドラグーン用のスタンド、スモークグレーのアクションベース2です。

DSC02326.jpg

スタンドを組み立てた状態

ドラグーン用のスタンドはアクションベース2と組み合わせて使う必要があります。
個人的にアクションベース2は少し使いづらいので、独立しているほうが嬉しかったです・・・。

ドラグーン用スタンドの支柱は棒2本の組み合わせで攻撃状態を、1本で射出状態を再現することができます(写真は攻撃状態)。
ドラグーンとの接続部はボールジョイント、他の接続部はハメ込み式でかっちり組みあがるので、ドラグーンの重さに負けてヘタれる心配はありません。

各接続部は角度を変えて組み立てられるので、写真のようにめちゃくちゃな角度で接続して動きをだしてやることもできます。

DSC02327.jpg

接続部は一見ロール可動しそうですが、凸のほうにピンがついていて、一度組んだ角度からは動かないようになっています。
頑丈で安心して飾れるのですが、角度を変えるたびにいちいちバラす必要があるのはちょっと面倒です。

DSC02321.jpg

ストライクフリーダムと

ストライクフリーダムは塗装がほぼ完了し、あとは細かい部分の調整を残すのみです。
今回レビューしている「天空の翼」と一緒に近々ギャラリーにあげたいと思います。

DSC02323.jpg

バックパックが隠れない構成になっているのがいいですね。

DSC02322.jpg

天空の翼は波模様が立体的に整形され、グラデーション塗装ています。
デスティニーの光の翼同様ホログラム加工が施されていますが、光り方は控えめです。


以上、RG拡張エフェクトユニット「天空の翼」の素組みレビューでした。



[ 2015/10/31 00:59 ] RG | TB(0) | CM(0)

魔刃頑駄無 (素組み)

魔刃頑駄無 (3)

新SD戦国伝 刕覇大将軍編より
魔刃頑駄無(まじんがんだむ)の素組みレビューです。

1997年9月発売 500円(税抜)


魔刃頑駄無 (1)
魔刃頑駄無 (2)


ランナー

黒いパーツも金色のパーツもグロス使用でつやつやです。
そのためパーツが固く、ランナーからの切り離しに気を使います。

魔刃頑駄無 (12)
魔刃頑駄無 (13)

軽装状態

ナイトガンダムシリーズに出てきそうな独特の見た目ですね。
右腕は肘が曲がり、左腕は横に跳ね上げることができます。
細かいパーツの組み合わせでしっかり可動化されてます。

また、左手(ジーグ)はメッキパーツで再現されていて、ロール可動します。

魔刃頑駄無 (8)
魔刃頑駄無 (9)

武者形態

説明書に「武者形態」ってばっちり書いてあるので武者なんでしょうか。
武装の名称はいつもの当て字ではなく横文字が並び、普通の武者との違いを感じます。

左の大きな肩鎧(ハーデスコート)の前面は跳ね上げることができるようになっています。
また、肩鎧から飛び出している「鉄機心得」(黒が偽物、金色が本物)は取り外すことができ、本物は左手(ジーグ)に持たせることができます。


魔刃頑駄無 (4)
魔刃頑駄無 (5)

特徴的な武器の「ファントムハーケン」を装備して


魔刃頑駄無 (7)
魔刃頑駄無 (6)


ファントムハーケンは伸ばした刃がスプリングで内側に戻るギミックがあります。
また、魔刃自身の腰にもスプリングを内蔵しており、腰をひねるとスプリングの力で勢いよく戻り、斬りつけるような動作をさせることができます。

写真ではわかりづらいですが、ファントムハーケンは手のほか、肩の爪(リーゴドン)でもがっちり保持するので、遊んでてもすっぽ抜ける心配は少なそうです。


魔刃頑駄無 (11)
魔刃頑駄無 (10)

ボーナス武器として「シュトローム」と「魔角の軍配」が付属します。


以上、魔刃頑駄無の素組みレビューでした。

ギミックが多く、組み立ても普通の武者より少し細かく複雑なので、楽しめました。
配色は細かいので、設定どおり塗装しようとするとちょっと苦労しそうな印象です。



魂武者闘刃丸 (素組み)

魂武者闘刃丸 (3)

新SD戦国伝 刕覇大将軍編より、魂武者闘刃丸(スピリットむしゃとうじんまる)の素組みレビューです。

1997年9月発売 500円(税抜)


魂武者闘刃丸 (1)
魂武者闘刃丸 (2)

ランナー

基本クリアパーツとメッキパーツだけという恐ろしい構成です。
クリアパーツは1パーツが大きく、立体的な造形のものが多いです。


魂武者闘刃丸 (9)
魂武者闘刃丸 (10)

軽装状態

頭部は百士鬼改のように前面だけメッキパーツという構成になっています。
また、肩は足首と同じくボールジョイント接続になっており、通常の武者より比較的自由に動かすことができます。

また、写真ではわかりづらいですが胴体の内部にメッキパーツが入っており、クリアパーツ越しに透けて見えるようになっています。


魂武者闘刃丸 (4)
魂武者闘刃丸 (5)

武者形態

肩になびく羽衣状のパーツと肩からメッキパーツがぶらさがってる構成が、豪華な感じでかっこいいです。
兜の細かい色分けも素敵。

兜はバイザー状になっていてクリアパーツ越しに顔がのぞくようになっています。

また、肩鎧はレジェンドBBの武者頑駄無よろしくバックパックと一体化しており、腕の動きを邪魔しません。


魂武者闘刃丸 (6)

武器の東雲の矛(しののめのほこ、右手)と黎明の矛(れいめいのほこ、左手)
東雲の矛にはスプリングで先っぽがパチンと閉じるギミックがあります。


魂武者闘刃丸 (7)

2つの槍が合体して宝輝閃霊の槍(ほうきせんれいのやり)に。

長物2つが繋がるのでとんでもない長さに。この状態で飾るのはちょっと難しいかもしれません。


魂武者闘刃丸 (8)

最後にボーナス武器の玉梓の槍(たまずさのやり、左手)と宝来の剣(ほうらいのつるぎ、右手)。
特にギミックはないですが、クリアーでかっこいいですね。


以上、魂武者闘刃丸の素組みレビューでした。

発売当時は「やりすぎだろ・・・」と、子供心に引いた思い出がありますが、今になってみると、やりすぎ結構、豪華で美しいキットだな~と思ってしまいます。
塗装個所も少なく、造形もしっかりしていていい感じですね。簡単に塗装して飾ろうと思います。


作ったもの (BB戦士)

作成物のギャラリーです。

LGBB魔星大将軍
レジェンドBB魔星大将軍(改造)

さむ8
レジェンドBB 武者飛駆鳥
さむ8
輝神大将軍獅龍凰(改造・メッキ加工)



[ 2015/10/12 21:47 ] レビュー集 | TB(0) | CM(0)

作ったもの (ガンプラ)

作成物のギャラリーです。(写真をクリックすると別窓で開きます。)

さむ7
RG フリーダムガンダム

さむ(クロスボーン)
HGUC クロスボーンガンダムX2改

さむ(クロスボーン)
HGUC クロスボーンガンダムX1改


[ 2015/10/12 21:47 ] レビュー集 | TB(0) | CM(0)

HG MG RG PG レビュー集

HG、MG、RG、PG各シリーズのレビュー集です。

HGUC

HGUC ジム・カスタム

HGUC バイアラン・カスタム

HGUC クロスボーンガンダムX1

HGUC クロスボーンガンダムX1改

HGUC クロスボーンガンダムX2改


HGAW

HGAW ガンダムダブルエックス

Gのレコンギスタ

Gセルフ

RG

RG フリーダムガンダム(ランナー)

RG ストライクフリーダムガンダム(ランナー)

RG 拡張エフェクトユニット 天空の翼



[ 2015/10/12 21:45 ] レビュー集 | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB レビュー集

レジェンドBBのレビュー集です。


レジェンドBB ナイトガンダム

レジェンドBB 武者頑駄無

レジェンドBB コマンドガンダム

レジェンドBB 武者號斗丸 (素組み

レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦ver

レジェンドBB 魔竜剣士ゼロガンダム

レジェンドBB 殺駆頭

レジェンドBB ナイトユニコーンガンダム

レジェンドBB フルアーマーナイトガンダム

レジェンドBB 武者飛駆鳥 

レジェンドBB 騎士スペリオルドラゴン


[ 2015/10/12 21:44 ] レビュー集 | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB 武者飛駆鳥 (メッキ加工、改造、塗装)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (16)

レジェンドBB 武者飛駆鳥のギャラリーです。

製作記①
製作記②
製作記③



武者飛駆鳥 改造 メッキ (6)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (5)

武者飛駆鳥(ビクトリー)

新SD戦国伝 七人の超将軍編の主人公。

新生大将軍の長男であり、後に自身も大将軍に出世する武者。
幼名は武威の進(ブイノシン)。
幼い頃は祖父の轟天頑駄無も手を焼くやんちゃ坊主で、自分の剣術の強さを過信していましたが、
大将軍から「強さ」の本当の意味を学び、成長して武者の称号を授かりました。


武者飛駆鳥 改造 メッキ (15)

愛刀は長刀「烈旋丸」
流派は師である烈空頑駄無と同じ翼心一刀流(よくしんいっとうりゅう)。

烈旋丸は塗装剥げを考慮して2本用意しました(一本は拳に固定)。
左の平手はレジェンドBBの武者頑駄無から拝借しています。


武者飛駆鳥 改造 メッキ (4)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (3)

閃光翼全開!!

↑「ビームウイングフルオープン」と読みます。
閃光翼は飛駆鳥の感情の高まりに反応して輝く翼で、発生している間はある程度空を飛べるようです。

ウイングの波模様の造形がちょっと丸っこかったので、一部削ってシャープにしています。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (18)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (17)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (1)


「翼心一刀流 飛燕竜巻返し!!」

超将軍たちに認めてもらいたいがために、勇み足になっていた飛駆鳥。
超将軍のチームワークを見て、互いの力を信頼して協力して戦うことの大切さを学びます。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (8)


「舞威丸-ー-------っ!?」


武者飛駆鳥 改造 メッキ (7)

「うう・・・よくも・・・鉄斗羅を・・・」


旅の中で弟、舞威丸や超将軍、鉄斗羅との別れを経験した飛駆鳥は、自分の非力を痛感し、武者としてさらなる成長を果たしました。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (9)


「天来変幻!!!」


武者飛駆鳥 改造 メッキ (12)

「体じゅうに力がみなぎってくる・・・これが天来変幻の力か!?」


「金色の羽衣」装着状態。
轟天頑駄無のもとより飛来した「鉄鋼迦楼羅(メタルガルーダ)」が鎧となって飛駆鳥に装着された姿です。

金色の羽衣はきらきら工房さんに依頼してメッキ加工してもらいました。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (11)


「切り刻まれるのはお前のほうだ!  翼心一刀流 流星津波返し!!」


武者飛駆鳥 改造 メッキ (13)

「おのれ羅刹(ギロス)、貴様のようなやつは断じて許さん!!」


コミックワールドや単行本では、2つの銃(目牙閃光爆星(メガビームバスター)、目牙閃光銃(メガビームライフル))はまったく使用してないんですよね・・・。
剣術が得意だというところもあるのでしょうが、撃ってるところも見てみたかったです。

てゆーか羅刹って書いて「ギロス」って読ませてたんですね・・・。当時の戦国伝は当て字のセンスが恐ろしいです・・・。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (14)

金色の羽衣状態でも1枚キメ。

金色の羽衣状態用に、胴体、肩、翼も1セットずつ作りました。
翼は接続ピンの関係ですが、他の部分はとにかく塗装の剥げが怖くて・・・。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (10)


以上、レジェンドBB武者飛駆鳥のギャラリーでした。


当時から思い入れの強い武者で、発売される前から「ここはこうしよう」「あそこはこう塗ろう」・・・
と妄想に浸っていました。
とても時間がかかりましたが、自分のやりたかったことは概ね達成できたので満足しています。

ただ、マスキングも、スミ入れも、筆塗りも、その他多くの点でも、自分の技術不足を痛感したキットでした。
今回はなんとか自分が満足できる水準まで持ってこれましたが、もっと経験値を積んで、技術を向上させたいと思いました。


他の超将軍もレジェンドBB規格で販売されたら、並べて飾れるのになー。
人気のシリーズですし、7人のうち何人かだけでも出してほしいですね。

〈カラーレシピ〉

白・・・ファンデーションホワイト(F)
青・・・キャラクターブルー(C)
金・・・スターブライトゴールド(G)
赤・・・エナメルレッド(T)
黒・・・ガンメタル(G)
ピンク・・・蛍光ピンク(G)
閃光翼・・・ファンデーションホワイトでグラデーション→蛍光ピンク(G)
天幻鏡・・・ミラーフィニッシュ(ハセガワ)

塗装後、全体にクリアー(G)、その上から(金以外)スーパークリアーつや消し(C)




[ 2015/10/12 01:14 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

RG ストライクフリーダムガンダム (メッキ加工・ランナー)

DSC02154.jpg

RG ストライクフリーダムガンダムのランナー紹介です。

2013年11月発売 3,000円(税抜)

DSC01404.jpg
DSC01406.jpg
DSC01407.jpg
DSC01408.jpg
DSC01409.jpg

8基あるドラグーンや翼を構成するパーツなど、同形状のパーツが複数あるのが目立ちますね。

特徴的な金色のフレームを再現するため、一部に(主に翼のパーツに)金メッキのパーツが採用されています。

DSC02110.jpg

メッキ加工されていない金色のランナーを、きらきら工房さんに依頼してメッキ加工してもらいました。
ABS樹脂(写真右側のランナー)にメッキ加工してもらうのは初めてなので、強度やメッキの剥がれやすさ等に関して観察していきたいと思います。

DSC02295.jpg

現在作成中。。。
RGフリーダムと同じくメタリック調に塗装していく予定です。

ドラグーンが8つもある上、先端の部分に合わせ目が出るのが厄介。
さらに金色のパーツも挟み込む必要があるので、後ハメ加工は必須です。

あと、このキットに付属する金色のアドヴァンスド・MSジョイントは脆いらしいという情報をネットで拾ったので、RGフリーダムのジョイントを金色に塗装して使用しています。



[ 2015/10/03 02:45 ] RG | TB(0) | CM(0)