天丼のプラモブログ 2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

呂蒙ディジェ・甘寧ケンプファー 轟強襲水軍(素組み)

hyou (91)

SD三国伝より
呂蒙ディジェ・甘寧ケンプファー 強襲水軍セットのパチ組みレビューです。

2008年8月発売 1,800円(税抜)


ronta (17)
ronta (16)
ronta (14)

内容は箱サイズランナー5枚。
クリアパーツ含め多くの色で成形されており、全体的にカラフルです。

brz (15)
brz (16)

呂蒙ディジェ

関節は三国伝共通のもの。
頭部の飾りが背中の斧に干渉するのが気になりますが、それ以外の可動範囲は良好。

背中の斧と腰の持ち手が武器になります。

brz (17)

モノアイはクリアパーツ成形。
ただしブルークリア成形なので設定色のピンクを再現するには塗装が必要です。
技術がある人はクリアを活かしてLEDを仕込ませてやっても面白いと思います。

brz (18)
brz (19)

甘寧ケンプファー

関節は呂蒙と同じく三国伝共通のもの。
細身な分動かしやすいですが、足首の可動範囲が狭く、接地性がやや悪いです。

胴体の装飾にはリード線が使用されています。

brz (20)

武器の烈鮫牙(れっこうが)

brz (21)

甘寧の鎧と武器は合体して支援メカ「蒼烈鮫」にすることができます。

brz (22)
brz (23)

戦闘艇

組み替えで6形態に変形可能。
パーツも大きく組み替えも複雑ではないので遊びやすいです。

brz (25)

おまけの水軍兵3体
いずれも前後はり合わせのモナカ成形です。

brz (24)

全セット内容
値段に比してボリュームもあり、満足度は高いです。


以上、呂蒙ディジェ・甘寧ケンプファーの素組みレビューでした。
スポンサーサイト

[ 2013/08/31 00:28 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)

関平ガンダム(素組み)

hyou (184)

SD三国伝より
関平ガンダムのパチ組みレビューです。

2008年6月発売 600円(税抜)


ronta (11)

内容は箱サイズランナー3枚とホログラムシール。
白ランナーは劉備ガンダムの流用ランナー(いわゆる「ホンタイ」)です。

brz (12)
brz (13)

関平ガンダム

関節の接続方式は三国伝共通のもの。
初期キットなので脚部はあまり開くことができません。

背中の鬼鋭爪は腕に装着することで武器になります。

brz (14)

武器の麒麟牙

大型の槍で、ホログラムシールを貼ってやることで設定色を再現します。
別売りの関羽ガンダムの槍と合体ギミックがあります。


以上、関平ガンダムの素組みレビューでした。
[ 2013/08/28 21:12 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)

部隊兵(素組み)

hyou (144)

SD三国伝より
部隊兵のパチ組みレビューです。

2009年4月発売 400円(税抜)


kimar (144)

内容は箱サイズランナー3枚と旗のデザインがプリントされた紙が1枚。
説明書は付属せず、組み立て図は箱の内側に印刷されています。

brz (40)

部隊兵

同じデザインの色違いが3体付属します。
左から機、轟、翔。

関節はボールジョイントで肩と足首が可動します。
首、腰が無可動なのでポージングは厳しめ。

brz (41)

武器類

槍、戟、盾がそれぞれ付属。
槍には旗を巻いてやることが出来ます。

brz (42)

腕には大胆な肉抜きアリ。
もともとハリボテのようなキットですので、これくらいは仕方ないですね。

以上、部隊兵の素組みレビューでした。
[ 2013/08/27 21:19 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)

真 翔烈帝龍装劉備ガンダム・天玉鎧 蒼龍(素組み)

hyou (80)

SD三国伝より
真 翔烈帝 龍装劉備ガンダム・天玉鎧蒼龍のパチ組みレビューです。

2011年3月発売 3,500円(税抜)


DSC00171.jpg

内容です。
まずは龍装劉備ガンダムのランナー。
グロス成形でつやつやになっています。

DSC00172.jpg
DSC00173.jpg

次に天玉鎧のランナー。
ブルークリアのパーツはこのセットにしか付属しない新規成形のパーツになっています。

DSC00175.jpg
DSC00177.jpg

最後に翔烈帝のランナー。
やはりグロス成形でつやつやになっています。
さらに中央一番下のメッキの小ランナーは両面にメッキ加工が施されています。

hyou (63)
hyou (64)

軽装状態

関節の接続方式は三国伝共通のもの。
翔烈帝の鎧を着ることが出来るように腰は中央に穴の開いたものに変更されています。

hyou (71)
hyou (72)

龍装劉備ガンダム

肩と腰が白単色成形で未塗装だと少し目立つカンジです。

hyou (73)

武器は背中に背負っている剣。
マントも展開することができます。

hyou (74)

さらに覚醒状態の龍帝剣が付属。

hyou (49)
hyou (51)

的盧(てきろ)

ほぼ白単色成形で、こちらも塗装推奨です。

hyou (53)

ただし可動範囲は広く、BB戦士シリーズの馬の中でもトップクラスです。
脚をハの字に開けるのと蹄が可動するのがポージングに大きな役割を果たしています。

hyou (54)
hyou (55)

龍輝宝(りゅうきほう)

全身メッキでド派手です。

hyou (56)

ボリューム的にはBB戦士一体分以上ある印象。
上に劉備を乗せることもできます。

hyou (57)

全身接続部まみれなのでぐりぐり動かしてやることが可能です。
口も開閉します。

hyou (58)
hyou (59)

龍輝宝は的盧と合体させてやることが出来ます。

hyou (60)

ハンパないボリュームです。
大きすぎて少し持て余すカンジ。

hyou (47)
hyou (46)
hyou (45)

翔烈帝龍装劉備ガンダム

劉備に龍輝鎧の一部を装備した形態。
メッキとクリアパーツでかなり派手な見た目になりました。

hyou (48)

武器は背中の双刀。

可動範囲は龍輝宝装着前とあまり変わりません。
肩が少し干渉するのと、背中の翼がヘタりやすい点が少し気になるくらいです。

hyou (39)
hyou (36)
hyou (35)

龍神形態

劉備に龍輝宝のほぼすべてのパーツを装着した形態。
龍輝宝自体にボリュームがあったこともあり、かなりゴツくなります。

hyou (40)

武器はオーラ付きの覚醒龍帝剣。
メッキの上にクリアパーツという構成で、オーラが輝いているように見えます。

hyou (29)

見た目はゴツいですが可動範囲は龍装劉備とさして変わらず。
バックパックが支えになるので後ろに倒れることもありません。

hyou (37)
hyou (38)

背中のパーツと肩のパーツを入れ替えることで「龍瞬形態」と「龍護形態」にも変身可能です。

hyou (33)

天玉鎧

呂布トールギスに付属していたものと同じものです。
写真の「蒼龍」形態のほかに「炎凰」「弩虎」「真武」の各形態にも変形可能です。

龍の頭と玉璽はメッキ加工されています。

hyou (30)
hyou (31)

劉備を乗せて

合わせ目が少し気になりますが、新規設計のオーラパーツがかなりかっこいいです。

hyou (70)

全内容

お腹いっぱいです。^^;
価格相応にかなりのボリュームがあるキットですが、特に複雑な組み立て箇所がない為か割とサクッと組めました。


以上、翔烈帝 龍装劉備ガンダム・天玉鎧蒼龍の素組みレビューでした。
[ 2013/08/19 20:55 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)

BB戦士 Hi-νガンダム(素組み)

hyou (78)

機動戦士ガンダム ベルトーチカ・チルドレンより
Hi-νガンダム(ハイニューガンダム)の素組みレビューです。

2013年7月発売 1,200円(税抜)


DSC00167.jpg
DSC00166.jpg

内容は箱サイズランナーだいたい3.5枚分とスタンドのランナー1枚

DSC00321.jpg
DSC00322.jpg

Hi-νガンダム

関節の接続方式はレジェンドBB共通のものが採用されており、可動範囲は広いです。
色分けも写真のとおりほぼ完ぺきで、合わせ目もあまり目立たない構成になっています。

DSC00323.jpg
DSC00324.jpg
DSC00325.jpg

武器類

複雑な配色の盾がパーツにより色分けされているのは見事。
ただ、ビームサーベルが白単色成形なのが残念です。

DSC00326.jpg
DSC00327.jpg

背中のファンネルは左右1個ずつだけ展開可能。ほかの4個はコンテナから外すことはできるものの展開はできない構成になっています。
ファンネル射出イメージのエフェクトパーツが2個付属し、ファンネルを展開したまま飾ることが出来るようになっています。


以上、Hi-νガンダムの素組みレビューでした。
[ 2013/08/14 02:08 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

袁紹バウ(素組み)

DSC00144.jpg

SD三国伝より
袁紹バウのパチ組みレビューです。

2010年10月発売 600円(税抜)


DSC00123.jpg

内容は箱サイズランナー3枚
目シールは通常のモノアイか真ん中に・がある(驚き目?)ものかの選択式です

DSC00333.jpg
DSC00334.jpg

軽装状態

肩と上腕の接続は袁術ズサと同じく挟み込み式のロール可動タイプで、ポージングがしやすいです。
その他の関節の接続方式は三国伝共通の方式。

DSC00340.jpg
DSC00341.jpg

袁紹バウ

襟やマントが付きますが全体的にシュッとしていてスタイルはいいカンジです。
襟の接続がやや硬めなのでパーツ破損に注意。

色分けは厳しめですが、全身にわたる金縁を塗装してやれば設定色にぐっと近づきそうです。

DSC00342.jpg

武器は剣と指揮棒。
いずれも1パーツ成形です。

DSC00329.jpg
DSC00330.jpg
DSC00328.jpg

前回紹介の「袁術ズサ」と合体するギミックがあります。

キット2体分のボリュームなので迫力ありますが、反面全体的に少しごちゃごちゃしてしまい可動範囲は下半身を中心に狭めです。


以上、袁紹バウの素組みレビューでした。
[ 2013/08/08 22:44 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)

袁術ズサ(素組み)

ekr (89)

SD三国伝より
袁術ズサのパチ組みレビューです。

2010年8月発売 600円(税抜)


kimar (139)

内容は箱サイズランナー3枚

DSC00331.jpg
DSC00332.jpg

軽装状態

肘にボールジョイントによる関節が追加されているため、やや腕が長めのプロポーションになっています。
肩と上腕部の接続もボールジョイントではなく挟み込み式のロール可動タイプになっており、従来のキットに比べ大きく脇を広げることが出来るようになっています。

DSC00335.jpg
DSC00336.jpg

袁術ズサ

DSC00337.jpg
DSC00338.jpg

武器は双刀「飛双刀」と棍棒「飛旋棍」

腕部の可動範囲が広いのでポージングがかなり楽です。

DSC00339.jpg

拳を外すことで宦官のようなポーズをとらせることができます。

DSC00343.jpg
DSC00344.jpg

飛翔形態

巨大なバックパックを装備することにより一気にボリュームアップ。
ただし背中のバックパックは結構外れやすいです。

DSC00345.jpg

武器は合体して「飛双旋鎌」に。
肩の追加パーツもやや可動に干渉するカンジです。


以上、袁術ズサの素組みレビューでした。
[ 2013/08/06 00:35 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)

玄武装呂布トールギス(素組み)

DSC00161.jpg

SD三国伝より
玄武装呂布トールギスのパチ組みレビューです。

2010年1月発売 1,000円(税抜)


kesi (25)
kesi (24)

内容は箱サイズランナー3枚分。

kesi (54)

今回も黄色のランナーをきらきら工房さんにメッキ加工してもらいました。

DSC00346.jpg
DSC00347.jpg

玄武装呂布トールギス

手足がやや長めの独特なスタイル。
色分けは鎧の銀色の部分がシール頼りになっており、塗装範囲はやや広めな印象です。

DSC00348.jpg
DSC00349.jpg

このキット最大ウリは各関節に仕込まれたボールジョイントによる広い可動範囲。
従来の三国伝キットと違い肘を曲げることができるほか、肩を前後上下にグリグリ動かすことが出来ます。

DSC00351.jpg

背中の背負いものは盾に組み替えることが出来ます。

DSC00352.jpg
DSC00353.jpg

武器の方天武戟。
刃の部分はグロス成形になっています。

mre (10)

武器の専用持ち手は両手分付属。
戟をいちいち解体することなく持たせることができるようになっています。

mre (4)

鎧は合体して支援メカ「武煌壁」にすることができます。

mre (1)

セット内容。
呂布の顔はマスクと素顔を差し替えで変えることが出来ます。


以上、玄武装呂布トールギスの素組みレビューでした。
[ 2013/08/01 02:47 ] SD三国伝 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。