天丼のプラモブログ 2012年12月
FC2ブログ

レジェンドBB 武者號斗丸(素組み)

uichi (62)

レジェンドBBより
武者號斗丸(ムシャゴッドマル)のパチ組みレビューです。

2012年12月発売 1,000円(税抜)


uichi (39)
uichi (43)

内容は半箱サイズの白ランナー2枚と色つきの小ランナー5枚
ランナー1枚1枚のサイズが小さいので開封時にはボリュームが無さそうな印象を受けましたが、こうして並べてみるとレジェンドBBの標準量であることがわかります

uichi (58)
uichi (59)

軽装状態

胸や腰、手甲部分は旧キットより剥けるようになっています

uichi (45)
uichi (46)
uichi (47)

武者號斗丸

可動に関してはさすがのレジェンドBBで、とてもよく動いてくれます
特に足の接地性が高く、広く開脚したポーズが得意です

色分けも素晴らしく、素組みでも設定カラーがほぼ再現されます

uichi (50)
uichi (51)
uichi (52)
uichi (53)

爆熱の陣

背中の羽の接続はボールジョイントなので、肩や腕を動かす際には邪魔にならないように避けさせてやることが出来ます

羽のひし形のクリアパーツはハメ殺しになりそうなのでまだ取り付けていません

uichi (57)

色分けが素晴らしい號斗丸ですが、肩の「爆熱」の紋様は塗装箇所が細かく複雑なカタチをしているため塗装の鬼門になりそうです
また、兜の吹き返しも本来白色がメインのはずが青色で成形されており、部分塗装派には辛い仕様になっています

ただどちらも付属のシールで補うことが出来ます

uichi (56)
uichi (54)

新旧號斗丸比較

価格はちょうど倍ですが、クオリティは倍以上アップしていると思います^^

uichi (55)

天鎧王、武零斗、羽荒斗にそれぞれ付属する號斗丸のパワーアップパーツを取り付けた状態

割とサイズが近いようで、加工してやればレジェンドBB版でもパワーアップ状態を再現できそうです
また、肩の文字盤は旧キットとほぼ同じ大きさのようで、「鳳凰」の紋様のシールをそのまま貼ることができるようです
ちなみに兜と胸の神具は両面テープで貼り付けてます


以上、LBB 武者號斗丸の素組みレビューでした。
やはりレジェンドBBは出来が素晴らしいです^^
現在制作中の魔星大将軍に合わせてこちらの塗装も早速進めていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
これが今年最後のレビューになります。
皆様、良い年末を!^^

→塗装後レビューはこちら
戦国伝レビュー集へ


[ 2012/12/29 18:26 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(2)

轟天頑駄無(素組み)

te1 (44)

SD戦国伝 伝説の大将軍編より
轟天頑駄無のパチ組みレビューです。

1993年3月発売 1,500円(税抜)


te1 (23)

内容は4枚の写真に分けて紹介します

まずは箱サイズの色プラのランナー
向かって左側が蓄光、右側がクリア成形になっています

ランナー右下は本来ブルークリア成形ですが、写真の通りエメラルドグリーンに変色してしまっています(これについては後述します)

te1 (16)

続いて箱サイズの白ランナー、半箱サイズの青ランナー

te1 (17)

さらに箱サイズの黒ランナー、半箱サイズのメッキランナー

te1 (18)

最後にシール類

目シールには通常の緑色のものとホログラム版の2種類が付属します
今回はホログラム版で組み立てました

san (107)
san (108)

轟天頑駄無

通常のキットに比べて二回りほど大きくデザインされていて中々のボリューム
鍬形が個人的にかなり好みのデザインです^^

色分けに関してはサイズの割に力が入ってない印象です
配色の細かい胴体が黒成形なのも塗装難度を上げてます

また、前腕はピンの関係で写真のように合わせ目に隙間が空いてしまうので接着推奨です

san (109)

三烈神の鎧

それぞれ専用の台座が付属します


以上、轟天頑駄無の素組みレビューでした。

変色したブルークリアのパーツについてネットで検索したところ、同様の報告が多数見られました。
原因ははっきりしていないようなので、購入を考えている方は中身を確かめてから購入することをお勧めします。

戦国伝レビュー集へ


レジェンドBB 魔星大将軍を作る(改造) その①

タイトルの通りです。

12月29日、待望の「LBB 武者號斗丸」が遂に発売されます^^/
そこでLBBの號斗丸と並べて飾るべく、ライバルキャラの「魔星大将軍(マスターだいしょうぐん」のLBB化に着手しました。

kris (6)

改造の素体を決定し、腰部の接続と肩鎧の加工が終わったところです。

胴体はBB戦士ガンダムAGE-1、腰は龍装劉備、足と肩は鬼牙装関羽、腕は玄武装呂布をそれぞれ組み合わせています。
腰はプラ板を貼ってデザインに近づけていますが、ここは肩鎧と同じく元キットの切り貼りで再現しようかどうか検討中です。

kris (8)

肩鎧の加工

魔星の肩はポリキャップを仕込むよう設計されているため十分な幅があり、関羽の肩に被せて張り付けるための加工が楽でした。
具体的には肩から生えている腕を切断し、肩の内側を関羽の肩の大きさに合わせて削っています。

関羽の肩はピンなどが付いている部分を切断しました。

kris (10)

腰部の加工

AGE-1の腰のボールジョイント径は三国伝などで使われるポリボールの径と同じです。
ジャンクからポリボール受けとなるパーツを切断して腰部に組み込み、劉備の腰とAGE-1の胴体を接続できるようにしました。


現在の作業はここまでです。

切った貼ったの改造をするのは得意ではないので完成までたどり着けるかどうか不安ですが、LBB號斗丸をモチベーションにしてなんとかやっていきたいと思います!

→その2へ


[ 2012/12/26 16:07 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)