天丼のプラモブログ 新SD戦国伝 七人の超将軍編
FC2ブログ

BB戦士 覇道武者魔殺駆 (素組みレビュー)

DSC07824-3.jpg

新SD戦国伝 七人の超将軍編より
覇道武者魔殺駆(ハドウムシャマザク)の素組みレビューです。

1994年8月発売 1,500円(税抜)

※2018年12月に写真を更新しました。


00818051.jpg

00918051.jpg

01218051.jpg

うーん、ぶれぶれですね・・・。6年ほど前の写真になります。

内容は箱サイズのランナー約4枚分
メッキはシルバー、ゴールド、クロームと3色使われているのが豪華ですね。


覇道武者魔殺駆-1

覇道武者魔殺駆-2

魔殺駆(マザク)

新生闇軍団の頭領。あらゆる武術に通じ、戦略家としてもすぐれた武人。「真紅の闇将軍」の異名を持ちます。
闇帝王が新生代将軍に倒された後、密かに闇軍団を立て直していました。
世界に大打撃を与えるため、はるか上空に浮かぶ「天の島」を落下させる計画を実行しました。


高額キットだけあって色分けは結構頑張っていますね。
頭部のど真ん中にある合わせ目が、目立ちますし消しにくそうですね。


覇道武者魔殺駆-4

手首が可動し、腰も回るので可動範囲はそこそこ。
武器は妖刀黒刃(ようとうくろは)。


覇道武者魔殺駆-5

覇道武者魔殺駆-6

呪術師遮光(シャッコー)

魔殺駆の参謀として新たに新生闇軍団に参加した呪術師。
その正体は闇帝王の魂の化身で、完全なる闇の化身として復活することを目論んでいます。


キットは腰の横のスキマが少し目立ちますね。


覇道武者魔殺駆-7

武器のまやかしの錫杖

足が大きく、可動はやや窮屈です。


覇道武者魔殺駆-3

大きさ比較

通常サイズの武者と比べると2回り以上大きいです。
大きさ的にはレジェンドBBのキットに近いですね。


覇道武者魔殺駆-9

覇道武者魔殺駆-10

覇道武者魔殺駆-8

超呪導武者クラヤミ

遮光が建造した謎の起動兵器。


覇道武者魔殺駆-12

腕部がグリグリ動き、ハサミの部分は開閉します。


覇道武者魔殺駆-11

サイズ比較

3つとも同じようなサイズです。
価格を考えると全体のボリュームはかなりあります。


覇道武者魔殺駆①-1

覇道武者魔殺駆①-2

覇道武者魔殺駆

3体のキットを組み替えて再現します。


覇道武者魔殺駆①-3

1/100スケールのアストレイと大きさ比較。同じくらいの大きさですね。
プロポーションも悪くないと思います。


覇道武者魔殺駆-17

ちなみにモノアイにはモールドが彫ってあります。


覇道武者魔殺駆-19

武器の二連新黒星砲(ツインネオコクセイホウ)と妖刀黒刃

どちらもサイズを通常の魔殺駆に合わせているためか、小ぶりです。
黒星砲はスプリングで弾をとばすことができます。

可動範囲は狭いです。無改造ではほぼポーズを取らせることができません。
特に首がほぼ可動せず、さらに角飾りがぽろぽろ取れるのが気になります。


覇道武者魔殺駆-13

覇道武者魔殺駆-14

闇魔神吏偶遮光(リグシャッコー)

覇道武者魔殺駆の余りパーツで組み替えることができます。
サイズは遮光と変わらず。

やはり足が大きいので可動範囲は狭め。
写真では貼っていませんが、胴体の中心の目は、付属のジュエルシールで再現することができます。


覇道武者魔殺駆-15

まやかしの錫杖を持たせて。
ストーリー的には魔殺駆より彼の方がメインなのかもしれませんね。


以上、覇道武者魔殺駆の素組みレビューでした。


以下、おまけ。


覇道武者魔殺駆-20

二連新黒星砲には、闇皇帝の黒星砲を取り付けることができます。

BB戦士 雷鳴頑駄無 (素組みレビュー)

DSC06725-10_20181006003055949.jpg

新SD戦国伝 七人の超将軍編より
雷鳴頑駄無の素組みレビューです。

1994年3月発売 500円(税抜)

※2018年9月に写真を更新しました。


DSC06171-4.jpg

内容は箱サイズのランナー約3枚分
あと通常シール以外にプリズムシールが付属します。


雷鳴頑駄無-1

雷鳴頑駄無-2

軽装状態

剣聖副将軍の門下生で、上品な物腰の超将軍。
雷砲の腕前の凄さから、二代目頑駄無大将軍の生まれ変わりと噂されています。
高貴な家系の出自で、下品なものが嫌い。


雷鳴頑駄無-3

雷鳴頑駄無-4

雷鳴頑駄無

関節の接続方法は他の超将軍と同じ。

色分けも他の超将軍と同じく、シールに頼ったキビシいものになっています。
雷鳴頑駄無は特に細かい塗装箇所が多めで、細かい作業を強いられそうです。


雷鳴頑駄無-6

雷鳴頑駄無-5

雷砲「稲妻」

背中に折りたたんでいる大砲を展開。
なかなかのボリュームですが、手に持つこともでき、さらにスタンドもあるので安定して構えることができます。


雷鳴頑駄無-10

雷鳴頑駄無-9

稲妻雷撃形態

差し替えで飛行形態に変形可能です。


以上、雷鳴頑駄無の素組みレビューでした。




以下、おまけ。

雷鳴頑駄無-7

武者七人衆の兜飾りで稲妻をパワーアップさせることができます。

豪華になってカッコいいのですが、斎胡と仁宇は兜を分解する必要があり、準備が少し面倒です。


雷鳴頑駄無③-1

おまけその②

鉄鋼伽楼羅と合体させることができます。

BB戦士 千力頑駄無 (素組みレビュー)

DSC06731-14.jpg

新SD戦国伝 七人の超将軍編より
千力頑駄無の素組みレビューです。

1994年8月発売 500円(税抜)

※2018年10月に写真を更新しました。


DSC06169-2.jpg

内容は箱サイズのランナー約3枚分
また、特殊素材として、かつて獅子頑駄無に採用されていた毛シールが付属します。


千力頑駄無-1

千力頑駄無-2

軽装状態

正義、友情、勝利が生きがいで、世直しの旅をしている超将軍。
千生大将軍の生まれ変わりと噂されていましたが、実は生まれ変わりではなく本人。
それもあってか?コミックワールドでは、唯一の見せ場以外は散々な扱いの人です・・・。


千力頑駄無-3

洗脳マスク「斬首(ザンネック)の面」と邪悪な心を増幅する「白鋼の胸甲」を装備した状態。


千力頑駄無-5

千力頑駄無-4

烈堂馬虎(レッドバトラー)

千力の守護獣。千力の鎧と武器で構成されています。
横から見ると胴体が貧弱ですが、正面から見ると炎が燃え盛っているようでカッコいいです。

写真では貼っていませんが、前脚に毛シールを貼ります。


千力頑駄無-6

千力頑駄無-7

千力頑駄無

クリアレッドの鎧はラメ入りです。
烈堂馬虎と同じく、炎が燃え盛っているようなデザインでカッコいい!


千力頑駄無-8

武器の「無敵千勝剣」と「炎馬力砲(フレイムフォースキャノン)」


以上、千力頑駄無でした。
子供のころはこの奇抜なデザインが受け付けませんでしたが、今では素直にカッコイイと思える武者です。



以下おまけ。

千力頑駄無-9

かつての自分の鎧を装備することができます。

まずは千生大将軍の鎧。
うーん、兜と鎧のデザインがミスマッチ!


千力頑駄無-10

続いて雷帝千生神将軍の鎧。

やっぱりデザインがミスマッチかな・・・。
色を合わせれば印象変わるのかもしれませんね。



おまけその②

過去にきらきら工房さんに依頼して、オレンジのランナーをメッキ化してもらったときの写真です。
このキットは懸賞として公式にメッキ加工されたこともあるようで、今でもオークションとかでチラホラ見かけます

kesi (56)

yoide (50)

yoide (47)

yoide (46)

yoide (48)

yoide (49)

やっぱりメッキとクリアは合いますね!

BB戦士 飛駆鳥大将軍 (素組みレビュー)

飛駆鳥大将軍③-1

新SD戦国伝 七人の超将軍編より
飛駆鳥大将軍の素組みレビューです。

1994年10月発売 2,500円(税抜)


2018年12月に写真を更新しました。


飛駆鳥大将軍①-1

飛駆鳥大将軍①-2

飛駆鳥大将軍①-3

大型キットだけあって内容は非常に豪華です。
クリアパーツは3色ともラメ入り。メッキランナー、パールランナーのほか、特殊素材としてホログラムシールとジュエルシールが付属します。
また、コミックワールドは説明書に入りきらず、最終話のものが一枚付属します。


飛駆鳥大将軍-1

飛駆鳥大将軍-2

飛駆鳥超将軍

真の怒りと悲しみを知り、自分への甘えをすべて捨て去った飛駆鳥が、閃光結晶の力で転身した姿。

実質的な軽装状態ですが、かなり色分けされています。
金髪がサ〇ヤ人チックで印象的です。


飛駆鳥大将軍-3

飛駆鳥大将軍-4

可動範囲は広く、柔軟にポージングすることが出来ます。
デザインに反して腰もちゃんと回ります。

武器は烈旋鳳凰丸。ラメ入りのクリアグリーン成形で綺麗です。


飛駆鳥大将軍-5

背部の大目牙閃光撃砲(オメガビーム・スマッシャー)を展開することできます。


飛駆鳥大将軍-8

大きさ比較

BB戦士の中でもトップクラスに大きいです。


飛駆鳥大将軍-6

飛駆鳥大将軍-7

迦楼羅鳳凰(ガルーダフェニックス)

結晶鳳凰(クリスタルフェニックス)が転身した姿。
めちゃくちゃでかいです。


飛駆鳥大将軍-11

飛駆鳥大将軍-12

飛駆鳥大将軍

超将軍たちと大鋼の閃光結晶(ビームクリスタル)で出来た「八絋の陣」により、大将軍に出世しました。
七人の超将軍をまとめあげる、超将軍筆頭といえる存在です。

二色のクリアパーツで構成される翼が綺麗。
可動範囲は軽装状態からほぼ変わりません。

写真ではまだ貼っていませんが、本来なら背中の鳳凰の額と両肩にジュエルシールを貼ります。


飛駆鳥大将軍-13

鳳凰の軍配と討魔八絋剣

大きさは十分。


飛駆鳥大将軍-10

ちなみに戦武面(バトルマスク)を外すとこんな感じ。


飛駆鳥大将軍-15

飛駆鳥大将軍-16

大輝煌鳳凰(マクシマス・フェニックス)

飛駆鳥大将軍が変身した姿。
やはりとんでもないボリュームです。大きすぎて撮影スペースぎりぎりでした。


飛駆鳥大将軍-19

さらに鳳凰要塞艦(フェニックス・フォートレス)に変形可能。
説明が全くない謎の形態。大輝煌鳳凰の攻撃形態でしょうか?


以上、飛駆鳥大将軍の素組みレビューでした。

子供の頃は人気過ぎて売っているのを見かけることすらできませんでしたが、デザインが大好きなので昔も今も個人的に一番好きな大将軍です。



以下、おまけ。


飛駆鳥大将軍-14

鳳凰の軍配には超将軍と大鋼の閃光結晶を付けることができます。


飛駆鳥大将軍-18

さらに大輝煌鳳凰の翼にも。


飛駆鳥大将軍-20

鳳凰要塞艦の討魔八絋剣にも付けてパワーアップさせることができます。


飛駆鳥大将軍-24

おまけその2

父・新世大将軍の翼を装備することもできます。


飛駆鳥大将軍-23

おまけその3

箱を裏返したものと紙台座に、大将軍と超将軍たちをディスプレイすることができます。

獣王頑駄無 (素組みレビュー)

獣王頑駄無②-1

新SD戦国伝 七人の超将軍編より
獣王頑駄無の素組みレビューです。

1994年4月発売 500円(税抜)

※2018年10月に写真を更新しました。


yoide (23)
yoide (24)

内容は箱サイズのランナー約3枚分。
特殊素材としてチェーンが付属します。


獣王頑駄無-1

獣王頑駄無-2

軽装状態

各地を渡り歩く修験者で、大自然との対話が可能になったという超将軍。
四獣王の力を自在に駆使することができるため、初代頑駄無大将軍の生まれ変わりと噂されています。
穏やかな性格の武者で、漫画版では博多弁で喋っていました。


獣王頑駄無-3

獣王頑駄無-4

獣王頑駄無

鎧が大きく、超将軍の中でも屈指のボリュームです。
背中の翼はスプリングによりワンタッチで開くことができます。


獣王頑駄無-6

武器の號獣神剣(ごうじゅうしんけん)


獣王頑駄無-5

そして鎖凄勢刃(チェーンセイヴァー)
チェーンが付属する武者は獣王が初めてだった、はず。


獣王頑駄無-8

獣王頑駄無-9

四聖獣変化形態

恐竜(ゴジラ?)のような姿に変身することができます。
お尻に刺さった剣を見たら、ユニコーンガンダムのビーストモードを思い出してしまう・・・。あのキットは本当に罪深いです(笑)。


獣王頑駄無-10

口の開閉+両手両足の可動、首の回転があるのでそこそこポーズを付けることができます。


以上、獣王頑駄無の素組みレビューでした。
変身ギミックが凝ってて面白いキットです。チェーンや翼の開閉ギミックなどの新しい試みも好印象です。
ただ、超将軍の中では千力と並んで売れ残っていた思い出が・・・。良いキットなんですけどね。



以下、おまけ


獣王頑駄無-14

四獣王の兜を装着することができます。
まずは獅子頑駄無の兜。
ボリューム感がマッチしてていい感じ。


獣王頑駄無-12

続いて龍頑駄無。


獣王頑駄無-13

犀頑駄無。
うーん、合ってるような合ってないような・・・。


獣王頑駄無-11

最後に隼頑駄無。
翼の主張+マスクで誰かわかんないな・・・。