天丼のプラモブログ 新SD戦国伝 超機動大将軍編
FC2ブログ

BB戦士 羽荒斗頑駄無 (素組みレビュー)

DSC08460-5.jpg

新SD戦国伝 超機動大将軍編より
羽荒斗頑駄無(バードガンダム)の素組みレビューです。

1995年10月発売 500円(税抜)


DSC08418-5.jpg

内容は箱サイズのランナー約3枚分。
通常のホイルシールのほか、ホログラムシールが付属します。


羽荒斗頑駄無-2

羽荒斗頑駄無-3

軽装状態

剣聖副将軍(烈空頑駄無)の息子にして、天空武人(天空の神々)の使者。
親元を離れて修行していたところ、久楼主(クロス)という天空武人の使いから手ほどきを受けて、その座を受け継ぎました。
天空武人の使いという立場と使命感から、地上の者たちを達観して見ていて、號斗丸たちにも傲岸不遜な態度で接します。


軽装状態ですが、鎧を全て背負っているため、余剰ゼロという珍しい構成です。


羽荒斗頑駄無-1

ちなみに鎧や飾りを全て取るとこんな感じに。


羽荒斗頑駄無-4

羽荒斗頑駄無-5

羽荒斗頑駄無

写真では貼っていませんが、肩の丸い部分にはホログラムシールを貼ります。


羽荒斗頑駄無-6

武器の大鳳太刀(おおとりのたち)

羽荒斗頑駄無の唯一の武器。
手持ちの武器が剣一本というのも珍しいです。


羽荒斗頑駄無-7

羽荒斗頑駄無-8

大鳳の型(おおとりのかた)

羽荒斗頑駄無のスーパーモード。
各部が展開して一気に派手な姿に。

写真では貼っていませんが、鍬形の中央にもホログラムシールを貼ります。


羽荒斗頑駄無-9

羽荒斗頑駄無-10

飛翔神鳳形態(ひしょうしんおうけいたい)

羽荒斗頑駄無の高速飛行形態。
鎧の組み換えにより再現します。



以上、羽荒斗頑駄無の素組みレビューでした。



以下、おまけ。

羽荒斗頑駄無-11

號斗丸用の「石破天驚剣(せきはてんきょうけん)」がボーナスパーツとして付属します。


羽荒斗頑駄無-12

天鎧王、武零斗のボーナスパーツも合わせることで、最終形態に。
貫禄があってカッコいいです。

BB戦士 超機動大将軍 (素組みレビュー)

DSC06819-2.jpg

新SD戦国伝 超機動大将軍編より
超機動大将軍~輝羅鋼極彩~(チョウキドウダイショウグン キラハガネゴクサイ)の素組みレビューです。

1995年10月発売 2,500円(税抜)
(輝羅鋼極彩verは2010年6月発売)


超機動大将軍⑤-1

超機動大将軍⑤-2

超機動大将軍⑤-3

内容は写真のとおり。
ひとつひとつのパーツが大きいので、ランナーの状態でもかなりのボリューム感があります。

グレーのランナー(一番上の写真)はポリキャップと同じ素材で出来ています。
拳や大砲までポリ製になっているため、塗装派や改造派にはつらい仕様です。

かつて輝羅鋼だったランナー(一番下の写真)は、クリアグリーン成形+輝羅鋼極彩シールで再現。


超機動大将軍④-3

超機動大将軍④-2

機動天空城

かつて地上に魔物が現れた時、天空より降臨したと言われる天帝の城。
この城の中には、天帝の力を宿した「機動大将軍」の鎧が隠されていると伝えられています。
天鎧王の力を奪った魔星に対抗すべく、羽荒斗頑駄無が召喚しました。


超機動大将軍④-1

サイズ比較

高額キットだけあり、ものすごく大きいです。


超機動大将軍④-4

機動要塞形態

機動天空城の移動形態。


超機動大将軍④-6

超機動大将軍④-7

機動鋼人形態

機動天空城の単独での戦闘形態。


超機動大将軍④-8

武器の天凰剣と大目牙鳳凰砲(オメガフィニックスキャノン)

変形機構の兼ね合いで四肢の可動範囲はまあまあ広いんですが、腰や首が回らないのでポージングは限られます。


超機動大将軍-9

超機動大将軍-10

天光鳳凰(シャインフェニックス)

機動鋼人の支援兵器。
機動鋼人に負けないボリュームがあります。


超機動大将軍-11

超機動大将軍-12

超機動大将軍

機動天空城を鎧のごとく纏った號斗丸の姿。


超機動大将軍-13

サイズ比較。
手元にあった1/100アストレイを並べてみましたが、超機動大将軍のほうが圧倒的に大きいですね。
恐らく1/60スケールのガンプラくらいの大きさではないかと。1/60スケールのキット持ってないので比較できませんが。

少し頭が大きい気もしますが、プロポーションもイイ感じです。


超機動大将軍-17

武器を持たせて。

可動範囲は全体的に優秀です。
ただ、足首はほとんど動かないので、接地性は悪いです。


以上、超機動大将軍の素組みレビューでした。


以下、おまけ。


超機動大将軍-14

当時品の輝羅鋼も持っているので、取り付けてみました。


超機動大将軍-15

超機動大将軍はBB戦士で初めて輝羅鋼を導入したキットですね。
当時はあまりの綺麗さに、「これ本当にプラモデルか?」と違和感を覚えたものです。


超機動大将軍-18

超機動大将軍-19

おまけその②

號斗丸と合体させることができます。
元ネタのGガンリスペクトなのか、写真のように大将軍の顔を號斗丸のものにすることができます。


超機動大将軍-16

おまけその③

鋼丸のバックパックを装着することができます。
もとのキットのままだと背中に何も付いてないので、だいぶ印象が変わります。


超機動大将軍④-5

おまけその④

機動天空城に闘覇五人衆を乗せることができます!
・・・少しバランス感覚が必要です。この写真撮るの苦労したなー。

BB戦士 鉄機武者鋼丸 (素組みレビュー)

DSC07302-1.jpg

新SD戦国伝 超機動大将軍編より
鉄機武者鋼丸の素組みレビューです。

1995年3月発売 1,000円(税抜)


DSC07187-1.jpg

内容は箱サイズのランナー約3枚分。


鉄機武者鋼丸-1

鉄機武者鋼丸-2

爆流頑駄無が大鋼を模して作成した人造武者。
とはいえ自分の意思と感情を持っており、號斗丸とは大の親友。
ただし、怒ると意識が無くなり、金剛鋼丸形態に変形してしまいます。


鉄機武者鋼丸-3

サイズ比較。
號斗丸と比べると2回り以上大きいです。
レジェンドBB(赤いパーツ嵌めるの忘れてた・・・)と比べても、頭部がだいぶ大きいですね。


鉄機武者鋼丸-4

武器の鋼烈

ラメ入りのクリアパーツです。


鉄機武者鋼丸-5

大目牙閃光銃(オメガビームライフル)

首も腰も回らず、動くのは腕だけなのでポージングは厳しいです。


鉄機武者鋼丸-7

高速移動形態の目牙守羽多(メガシューター)に変形可能です。


鉄機武者鋼丸-15

鉄機武者鋼丸-16

金剛鋼丸形態

リアル体型に変身させることができます。
カメラアイがクリアの別パーツになってるのと、肩の「Z」がちゃんとモールドになってるのがポイント高いです。
ポロリし易い箇所も特に無いですね。


鉄機武者鋼丸-17

サイズ比較
一般的な1/144スケールのMSと同じくらいのサイズです。
プロポーションも悪くないと思います。


鉄機武者鋼丸-18

大目牙閃光銃は逆手持ち。


鉄機武者鋼丸-19

鋼烈を持たせて。
長さはちょうどいい感じです。

可動範囲は狭く、下半身はほとんど動きません。
腕部も、手首が横方向に回転しないのでポージングが難しいです。


鉄機武者鋼丸-20

回転機関砲(ガトリングキャノン)

手首をひっくり返すことで展開できます。
砲口が空いてないので、シールを貼らないと何なのかよくわからないですね・・・。


以上、鉄機武者鋼丸の素組みレビューでした。



以下、おまけ。


鉄機武者鋼丸-8

鋼丸は分解して闘覇五人衆の武装にすることができます。
まずは號斗丸の目牙走機・零零八式(メガライダーゼロゼロハチシキ)


鉄機武者鋼丸-10

続いて輝龍の爆炎龍砲(ファイヤードラゴン)


鉄機武者鋼丸-11

真紅主の最強大目牙爆星(グレートオメガバスター)


鉄機武者鋼丸-14

鷺主にはバックパックとして装着することで、聖天馬形態(ペガサスモード)に。
ナイトガンダムのケンタウロスモードを彷彿とさせますね。


鉄機武者鋼丸-12

冒流斗の爆空乱散破天(バックウランチャー)
ホントは脚の裏の平面にミサイルはの砲口を模したシールを貼って、ミサイルランチャーのようになります。


これだけギミックを詰め込んでいて、かつそれぞれのプロポーションを損なっていないのは凄いですね。
いっぱい遊べるいいキットだと思います。

BB戦士 武零斗頑駄無 (素組みレビュー)

DSC07126-3.jpg

新SD戦国伝 超機動大将軍編より
武零斗頑駄無の素組みレビューです。

1995年9月発売 500円(税抜)


武零斗頑駄無①-1

内容は箱サイズのランナー約3枚分です。


武零斗頑駄無-1

武零斗頑駄無-2

軽装状態

隠密副将軍(月光頑駄無)の息子。本名は彗月(すいげつ)。
忍者仙人・殺駆雲斎のもと鍛えられた忍者軍団・武零斗忍軍の頭領です。
正義感が強く、お人好しな性格です。

まだ貼っていませんが、胸に「武」と書かれたシールを貼ります。


武零斗頑駄無-3

武零斗頑駄無-4

ちなみに飛駆鳥とのコンパチ仕様です。
頭部を入れ替えるのと、胸に「飛」と書かれたシールを貼ることで再現します。


武零斗頑駄無-5

武零斗頑駄無-6

武零斗頑駄無

腕に装備しているのは「武零刀(ぶれいとう)」。
鎧のほか、マスクも装着します。


武零斗頑駄無-8

武零斗頑駄無-7

影伽楼羅(シャドーガルーダ)

飛駆鳥大将軍の伽楼羅鳳凰と表裏一体の存在の守護獣。


武零斗頑駄無-18

武零斗頑駄無-17

ビッグガルーダ

影伽楼羅(シャドーガルーダ)に武零斗の鎧を装着させることができます。


武零斗頑駄無-9

武器の飛影剣


武零斗頑駄無-10

武零斗頑駄無-11

討魔の陣

飛駆鳥の戦闘形態。
メッキパーツを前面に出すので、印象ががらりと変わりますね。


武零斗頑駄無-12

飛駆鳥のバトルマスクを装着することもできます。
シール貼らないと真っ黒ですが・・・。

武零刀は手に持たせることができます。
画像のように、腕に仕込んである関節によってポージングがしやすいです。


武零斗頑駄無-13

武零斗頑駄無-14

明鏡の陣

武零斗の必殺形態。
横方向に思いっきり長くなります。


武零斗頑駄無-16

武零刀は前方に向けて装着します。


以上、武零斗頑駄無の素組みレビューでした。
鎧や頭部の組み合わせで色々な形態にすることができるので、遊びがいのあるキットです。
あと、単純にデザインが大好きです。



以下、おまけ。

武者號斗丸-11

その①
武零斗に付属するボーナスパーツとシールで、號斗丸を「炎水の境地」状態にすることができます。


武零斗頑駄無-19

その②
烈光の兜飾りを装着することができます。
せっかくなんで若いころ(右)も並べて。


武零斗頑駄無②-1

その③
鉄鋼伽楼羅を装備することができます。
ちょっと胴鎧の隙間が気になります・・・。

武者冒流斗(素組み)

DSC01066.jpg

新SD戦国伝 超機動大将軍編より
武者冒流斗(ムシャボルト)のパチ組みレビューです。

1995年5月発売 500円(税抜)


DSC00947.jpg

内容は箱サイズランナーだいたい3枚分とチェーン。

DSC01010.jpg
DSC01011.jpg

軽装状態

チェーンを体に巻きつける独特のスタイル。
頭部の形状もハートのような形でなかなか珍しいです。

色分けはキビシめ。

DSC01012.jpg

腕の接続は刕覇大将軍編でよく使われる、肩と上腕が別になっている方式です。

DSC01006.jpg
DSC01007.jpg

武者冒流斗

背中の真ん中の角の接続が緩く、ポロポロ取れてしまいます。
ここは接続のテンションを調整してやりたいです。

DSC01008.jpg
DSC01009.jpg

武器の極寒の牙(刀)とライトニングアンカー(右手)/ライトニングブレイカー(左手)。
ライトニング~にはチェーンパーツが使用されています。

DSC01003.jpg
DSC01004.jpg
DSC01005.jpg

スーパーモード「ボリュートフュージョン」

個人的にかなり好みのデザイン。
他の闘破五人衆と比べるとギミックに劣る印象ですが、劇中の活躍も含め単純に「かっこいい」キットだと思います。


以上、武者冒流斗の素組みレビューでした。