天丼のプラモブログ EXスタンダード

EXスタンダード RX-78-2 ガンダム (素組みレビュー)

EXスタンダード RX-78-2ガンダム (10)

EXスタンダードより RX78-2 ガンダムの素組みレビューです。


EXスタンダード RX-78-2ガンダム (1)

ランナー

箱サイズランナーだいたい2枚分。


EXスタンダード RX-78-2ガンダム (5)

EXスタンダード RX-78-2ガンダム (6)

ガンダム

小顔、脚長のEXスタンダードスタイルで立体化。
モールドによるアレンジもあり、今風な感じになっています。
足裏、二の腕の内側に肉抜き穴があります。

色分けは、胴体をはじめ細かいところがほとんどできていません。
シールが大量に付いてくるので、それで補う形になります。


EXスタンダード RX-78-2ガンダム (7)

腰も含め、上半身はレジェンドBB準拠の構造なのでよく動きます。


EXスタンダード RX-78-2ガンダム (8)

下半身は、EXスタンダード同時の構造に。

今まで脚と足は垂直方向の接続でしたが、今回から直角に。
また、このキットのみアンクルアーマーが別パーツ化されています。

EXスタンダード RX-78-2ガンダム (9)

脚と足の接続方向が変わったことにより、足首の可動域が格段に上がりました。
SDだと見た目もそこまで違和感ないですね。これは画期的な構造だと思います。


EXスタンダード RX-78-2ガンダム (2)

武器のビームライフル

EXスタンダード RX-78-2ガンダム (3)

ビームサーベル

EXスタンダード RX-78-2ガンダム (4)

シールド

BB戦士を超える圧倒的な可動範囲で、ポーズがばりばり決まって楽しいです!


以上、RX78-2ガンダムの素組みレビューでした。
[ 2016/08/01 18:56 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (素組みレビュー)

EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (8)

EXスタンダードより ウイングガンダムゼロカスタムの素組みレビューです。


EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタムランナー

ランナー

箱サイズランナー3枚強。

大きな羽があるためか他のキットと比べてボリュームがあります。
さんざん避けられてきた黄色のパーツがあるのも嬉しいですね。


EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (4)

EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (5)

ウイングガンダムゼロカスタム

小顔、脚長のEXスタンダードスタイル。
二の腕が、他のキットと比べて気持ち長い気がします。
脚裏、二の腕の内側のほか、肩の裏側にも肉抜き穴があります。

パッケージ写真では少し小さく見えた羽が思いのほか大きく、迫力があります。
羽につながっているアームはバックパックと1パーツ成形。アームは全く動かないので羽はボールジョイントのみで動かすことになります。

他のキットでは単色の足が、デザインの関係か赤白2色に分けられているの点は嬉しいです。


EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (6)

武器はツインバスターライフル。
合体した状態で成形されています。分離は不可。
持ち手も一つしかないので、両手持ちもできません。写真はそれっぽく見せてるだけです。

羽はボールジョイント可動のみとはいえ、それなりに表情をつけることができます。


EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (7)

このキットのみ、「オリジナル武器」に組み替えるため専用のジョイントが付属します(写真の青いパーツ)。
写真はオリジナル武器A。組み換え方法はA~Dまであります。

こういうオリジナル要素はSDガンダムらしいですね。個人的には、不要なジョイントが外観を損ねるので廃止してほしいギミックですが。
ちなみに全く紹介していませんが、他のキットにもこの「オリジナル武器」に組み替えるギミックがあります。


EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (1)

EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (2)

EXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム (3)

BB戦士版ゼロカスタム及びウイングガンダムEWと比較。

スタイルが三者三様で面白いですね。
色分けに関しては言うに及ばず。


以上、ウイングガンダムゼロカスタムの素組みレビューでした。
[ 2016/07/31 20:39 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード ユニコーンガンダム (素組みレビュー)

EXスタンダード ユニコーンガンダム (11)

EXスタンダードより ユニコーンガンダムの素組みレビューです。


EXスタンダード ユニコーンガンダム ランナー

ランナー

箱サイズランナー2.5枚分くらい。
サイコフレームの再現のために、クリアパーツが使用されています。


EXスタンダード ユニコーンガンダム (8)

EXスタンダード ユニコーンガンダム (9)

ユニコーンガンダム

小顔・脚長のスマートなスタイル。
しかし腕や脚が程よく太いため、他のキットに比べてメリハリのきいたプロポーションになってますね。かっこいいです。

他のキットと同じく、脚裏と二の腕の内側に肉抜き穴があります。

塗装が面倒くさそうな胴体や頭部のサイコフレームがパーツ分けされていて好印象。
その代わり肩や下半身は全く色分けされていないので要塗装です。


EXスタンダード ユニコーンガンダム (10)

先日ガンダムフロント東京へ観光に行ったときに購入、宿泊先でシール貼りまで組み立てました。
タッチゲートで工具要らず&お手ごろな価格なので、旅行先の暇つぶしとかに丁度いいのかもしれません。

プラモにシールをペタペタ貼るのは久しぶりなので、ちょっと楽しかったです。
シールの量が尋常じゃなかったので途中から辛くなりましたけど・・・。

シールの量が多い分、貼ると結構見違えますね。
細かいところまでカバーしているので、このままマスキングにも併用できそうです。

EXスタンダード ユニコーンガンダム (6)

武器のビームマグナム


EXスタンダード ユニコーンガンダム (7)

こちらはシールド。
どちらも単色成型です。


EXスタンダード ユニコーンガンダム (1)

EXスタンダード ユニコーンガンダム (2)

EXスタンダード ユニコーンガンダム (3)

BB戦士版と比較

普通のユニコーンガンダムは持ってないのでフルアーマーの方で。

色分けはもう、ご覧のとおりです。サイコフレームをほぼ完全に再現しているBB戦士版の圧勝。

可動範囲については、BB戦士版は度重なるアップデートで可動個所がかなり多いのですが
変身ギミックを内蔵しているため動かしづらい。あと、下半身の可動範囲があまり広くないです。
その点EXスタンダード版はガシガシ動かせる上に下半身の可動範囲も抜群です。

スタイルはそこまで大きな違いはないのですが、頭部や胴体の大きさの違いははっきりしてますね。
ビームマグナムはボリュームが全然違うので、別物に見えます・・・。


EXスタンダード ユニコーンガンダム (4)

EXスタンダード ユニコーンガンダム (5)

フルアーマー装備をさせてみました

ビームガトリングは腕部にそのまま付けられるのですが、背中のユニットは無理。写真は両面テープで無理やりひっつけてます。
付けられないのはEXスタンダード側のバックパックが大きいのが原因なので、そっちを少し削ってやれば着脱可能になりそうです。

脚部のミサイルポッドも、着脱できるようにするなら穴をあけるしかなさそうです。

以上、ユニコーンガンダムの素組みレビューでした。
[ 2016/07/31 12:21 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード ガンダムエクシア (素組みレビュー)

EXスタンダード エクシア (9)

EXスタンダードより ガンダムエクシアの素組みレビューです。


EXスタンダード エクシア (1)

ランナー

箱サイズランナーだいたい2枚分くらい。


EXスタンダード エクシア (7)

EXスタンダード エクシア (8)

ガンダムエクシア

小顔でスタイルいいです。上腕が太く、ダブルオーと比べるとがっちり力強いスタイルになっています。
肉抜きは他のキットと同じく脚裏と二の腕の内側にあります。

胸部のアンテナはBB戦士版と違い収納状態で成形されています。
GNドライブが別パーツ化、色分けされているのが地味に嬉しいです。


EXスタンダード エクシア (2)

EXスタンダード エクシア (3)

フル装備状態。

GNブレイドは設定どおりサイドアーマーに挟み込む形でマウント。


EXスタンダード エクシア (4)

GNソードは当然展開することが可能。
可動範囲は相変わらず広いので、ポージングも決まります。

EXスタンダード エクシア (5)

GNソードは持ち手の角度を2方向から選ぶことができます。

EXスタンダード エクシア (6)

GNブレイド装備
GNダガーやGNビームサーベルは取り外し不可能ですが、それでも武器が豊富でプレイバリュー高いと思います。


以上、ガンダムエクシアの素組みレビューでした。
[ 2016/07/30 20:33 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード ダブルオーガンダム (素組みレビュー)

EXスタンダード ダブルオーガンダム (9)

EXスタンダードより ダブルオーガンダムの素組みレビューです。


EXスタンダード ダブルオーガンダム (1)

ランナー

箱サイズランナー2枚分。
オーライザーは付属していません。

EXスタンダード ダブルオーガンダム (7)

EXスタンダード ダブルオーガンダム (8)

ダブルオーガンダム

小顔でスタイルいいです。
肉抜きは他のキットと同じく脚裏と肘の内側にあります。

以前発売されたBB戦士版では肩に接続されていたGNドライブが、設定どおり肩から伸びるバックパックに接続されるようになりました。


EXスタンダード ダブルオーガンダム (2)

EXスタンダード ダブルオーガンダム (5)

武器はGNソードⅡと、肩部のシールド。
GNソードは腰に接続することができます。

可動はEXスタンダード準拠で、相変わらず良く動きます。

EXスタンダード ダブルオーガンダム (3)

EXスタンダード ダブルオーガンダム (4)

GNソードⅡは持つ方向を変えることができます。

EXスタンダード ダブルオーガンダム (6)

これによりライフルモードのように構えることが可能です。

ランナーの時点でのボリュームは無いですが、肩のシールドのおかげで組み立てるとそうは感じなくなりますね。

EXスタンダードダブルオーガンダムレビュー (1)

EXスタンダードダブルオーガンダムレビュー (2)

EXスタンダードダブルオーガンダムレビュー (3)

BB戦士版のダブルオーガンダムと比較。

同じ定価とは思えないほど色分け精度に差がありますね・・・。
BB戦士版はマスク周りの色分けができてるので、これだけで印象がだいぶ違います。

プロポーションに関しては胴体、頭、GNドライブの大きさの違いが一目瞭然ですね。
可動範囲はEXスタンダード版のほうが広いように感じました。
BB戦士版も三国伝準拠の可動範囲で割と動くのですが、肘と足首の可動の差は大きいです。


EXスタンダードダブルオーガンダムレビュー (4)

ライザーソードを拝借して。
オーライザーは径が違いすぎるため(BB戦士版のほうが大きい)接続できませんでした。


以上、ダブルオーガンダムの素組みレビューでした。
[ 2016/07/29 20:15 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム (素組みレビュー)

EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム (7)

EXスタンダードより ストライクフリーダムガンダムの素組みレビューです。


EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム (1)

ランナー

箱サイズのランナーが大体2.5枚分くらい。
バックパック関係のパーツが巨大です。

ポリキャップはHGやMGと同じく金色。

EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム (4)

EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム (5)

ストライクフリーダムガンダム

小顔で脚が長い、EXスタンダードスタイル。
脚裏と二の腕の内側に肉抜き穴があります。

色分けは他のキット同様、細かい部分は全然ですね。
スーパードラグーンは黒一色。
やはり大量のシールが付属するので、それで補うかたちになります。


EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム (6)

スーパードラグーン機動兵装ウイングは羽とバックパックが一体化しているので、HGやMGのキットのように
角度をつけたりすることはできません。


EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム (2)

ウイングを開くことは可能。
ウイングはそこそこ大きいため、展開すると見栄えがいいですね。
EXスタンダード共通の足首接続により、スタンドを使った飛翔ポーズがばっちり決まります。

武器は両手のライフルのみ。
腰のクスィフィアス3レール砲は軸接続なので前方に向けることが可能です。
(ただし1パーツ成形なので、設定どおり展開させることは不可)

EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム (3)

ライフルを連結させるギミックあり。
上半身はレジェンドBB準拠の構造で可動範囲も広いため、両手持ちもこのとおり。


以上、ストライクフリーダムガンダムの素組みレビューでした。
[ 2016/07/28 23:01 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード ガンダムアストレイレッドフレーム (素組みレビュー)

EXスタンダード ガンダムアストレイレッドフレーム (5)

EXスタンダードより ガンダムアストレイレッドフレームの素組みレビューです。


EXスタンダード ガンダムアストレイレッドフレーム (6)

ランナー

箱サイズランナー2枚分くらい。羽のないシンプルなMSということもあり、同シリーズの他のキットと比べるとボリュームはあまりないですね。

ポリキャップはHGなどと同様、赤色になっています。

EXスタンダード ガンダムアストレイレッドフレーム (1)

EXスタンダード ガンダムアストレイレッドフレーム (2)

ガンダムアストレイレッドフレーム

EXスタンダードらしく、頭部が小さめのスマートなスタイル。
脚裏やビームサーベルの部分に肉抜き穴があります。

頭部がそこそこ色分けされてるのがポイント高いです。
特に頭頂部カメラの部分がパーツ分けされているのがいいですね。形状的に、後ハメ加工も楽に出来そうです。

胴体や四肢などは細かい色分けがほぼ出来ていないので、大量に付いてくるシールで補う形になります。


EXスタンダード ガンダムアストレイレッドフレーム (4)

このキットは肩から腕にかけてのパーツ分けが面白いです。
右から2番目のパーツは肩の後側と二の腕がまさかの1パーツ成形。
しかしこれにより、肩の1パーツ成形では成し得ない色分けとフィンの形状再現を両立することに成功しています。


EXスタンダード ガンダムアストレイレッドフレーム (7)

武装はガーベラストレートとシールド
どちらも1パーツ成形。

EXスタンダード ガンダムアストレイレッドフレーム (8)

股間に3ミリ穴があるので、スタンドで飾ることも可能。
可動範囲は他のキットと同じく広いです。ポージングが難なく決まりますね。


以上、ガンダムアストレイレッドフレームの素組みレビューでした。
[ 2016/07/28 00:58 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)

EXスタンダード エールストライクガンダム (素組みレビュー)

EXスタンダード エールストライクガンダム (4)

EXスタンダードより エールストライクガンダムの素組みレビューです。


EXスタンダード エールストライクガンダム (5)

ランナー

だいたい箱サイズのランナー3枚分。
エールストライカーパックのパーツが巨大です。

EXスタンダード エールストライクガンダム (6)

EXスタンダード エールストライクガンダム (7)

エールストライクガンダム

顔と胴体が小さい、シャープなスタイルで立体化。
脚裏とエールストライカーパックのブースターの内側に肉抜き穴があります。

色分けはSEEDシリーズの300円のコレクションキット並み。ただ、この色分けを補うためのシールは大量に付属しています。


EXスタンダード エールストライクガンダム (8)

ライフルとシールドが付属。

EXスタンダード エールストライクガンダム (9)

脚部と足の接続方向が垂直から直角に(詳しい説明はRX-78のレビューでします・・・。)なった関係でポージングの幅がグンと広がりました。
SDのキットなのに、ばっちりポージングが決まります。楽しい。


EXスタンダード エールストライクガンダム (10)

シールドはジョイントパーツを使うことで、手持ちすることも可能。


EXスタンダード エールストライクガンダム (11)

EXスタンダード エールストライクガンダム (12)

EXスタンダード エールストライクガンダム (13)

Gジェネ版のストライクガンダムと比較。(レビューはこちら)
スタイルが全然違いますね。

ご覧のとおり色分けはGジェネ版のほうが圧倒的、可動個所の多さもGジェネ版のほうが多いのですが、
脚の長さの関係もあり、実質的な可動範囲の広さ、ポージングし易さはEXスタンダード版に軍配。


EXスタンダード エールストライクガンダム (14)

EXスタンダード エールストライクガンダム (1)

Gジェネ版のエールストライクパックを拝借。
Gジェネ版パックのほうの接続軸が細い?ため、しっかり接続するには補強する必要があります。

Gジェネ版のほうがブースターにボリュームがあるので、個人的にはこっちのほうがカッコいいです。

EXスタンダード エールストライクガンダム (2)

EXスタンダード エールストライクガンダム (3)

同じくランチャー、ソードストライカーパックも。
スタイルは違えど同じSDなのでサイズはぴったりですね。

肩のパーツは両面テープで引っ付けてます。着脱可能にする場合は要改造です。


以上、EXスタンダード エールストライクガンダムの素組みレビューでした。
[ 2016/07/27 00:26 ] EXスタンダード | TB(0) | CM(0)