天丼のプラモブログ レジェンドBB

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レジェンドBB 騎士スペリオルガンダム (素組み)

レジェンドBB 騎士スペリオルドラゴン (3)

レジェンドBB 騎士スペリオルドラゴンの素組みレビューです。

2016年5月発売 2,500円(税抜)


スポンサーサイト

[ 2016/07/01 21:15 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦ver (素組み)

レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦 ランナー (1)

プレミアムバンダイから販売の、レジェンドBB 武者號斗丸(最終決戦ver)の素組みレビューです。

レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦 ランナー (2)
レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦 ランナー (3)
レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦 ランナー (4)

ランナー

上の写真2枚のランナーは通常の號斗丸と同様、下の写真が今回変更・追加になったランナーです。
追加されたパーツ自体はさほど多くないのですが、もともと黄色で成形されていたパーツに金メッキ加工がされ、さらに銀メッキの石破天驚剣が付属しますので、見た目は少し豪華に感じます。

レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦 (1)
レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦 (2)

武者號斗丸

可動範囲などは通常の號斗丸と変わらず。
背中の羽織には「爆熱心眼翼」というクリアグリーンのパーツが付くのですが、ハメ殺しになりそうなので取り付けていません。

レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦 (3)

今回新たに追加となった「天光の証(兜飾り)」、「天の新具(胴鎧)」、「鳳凰の紋(肩鎧)」
いずれもメッキとクリアパーツで豪華に再現されています。

レジェンドBB 武者號斗丸 

さらに、通常版では笑っている目が、ストライク劉備と同じように白黒逆転目になっています。
コミックワールドやコミックスでは多用される表現なので、個人的にはこちらの目が付属しているほうがありがたいです。

レジェンドBB 武者號斗丸 最終決戦 (4)

余剰パーツで通常の號斗丸にも組み換え可能。
胴鎧もちゃっかりメッキパーツになりました。


以上、レジェンドBB 武者號斗丸(最終決戦ver)の素組みレビューでした。

発売が発表された時から欲しくてたまらなかったのですが、販売価格が通常版の2倍+送料と、追加パーツの量と比較してやや割高に感じて購入に二の足を踏んでいました。
結局、メッキ加工を業者に頼むと似たような金額になるな、と気づいて購入に踏み切ったのを覚えています。
上手い商売するなーって思いますが、需要と供給が一致すればいいんですよね。なんでも。

追加パーツの出来は良く、雰囲気はばっちりだと思います。通常版は一度部分塗装仕上げで作成しましたが、今度はしっかり全塗装して飛駆鳥と並べてやりたいです。

----------------

完成したクロスボーンX2改ですが、現在撮影中です。

しかし、どうも上手く撮れなくて苦戦中です。
袖や足などの紫色の部分が、写真だと真っ青になってしまうんですよね・・・。
調べてみると、使っているカメラ(SONYのNEX5の一番最初のやつ)がどうも紫色をうまく認識しないようです。ホワイトバランスを調整したりして足掻いてみましたが、こればっかりはどうしようもなさそうです。

・・・少ないお小遣いと相談して、買い替えを検討しようと思います。撮影はその後になるかな・・・。
しばしお待ちを。

[ 2016/01/16 01:03 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB フルアーマー騎士ガンダム (メッキ加工)

DSC02153.jpg

レジェンドBB フルアーマー騎士ガンダムの素組みレビューです。

2014年7月発売 1,200円(税抜)


DSC02082.jpg
DSC02085.jpg

ランナー

写真1枚目はレジェンドBB 騎士ガンダムからの流用、2枚目が新規です。
メッキやクリアのパーツを含め、複数の色が使われていてカラフルです。

シールはラメが入っていて豪華な感じに。

DSC02112.jpg
DSC02113.jpg

今回も、一部パーツをきらきら工房さんに依頼してメッキ加工してもらいました。
プレバンで販売されている「光の弓矢ver」では、写真のうち濃い青のランナーだけがメッキ加工されているようですね。

DSC02254.jpg
DSC02255.jpg

フルアーマー騎士ガンダム

メッキだと煌びやかでいいですね。
星のパーツがしっかり別パーツ化されてるのがアクセントになってます。

ただ、複数の色のパーツで構成されていますが、色分けはイマイチです。
霞の鎧のふちの部分はほとんどシール頼みの色分けになっています。

また、バイザーの部分のピンが丸出しになっており、ちょっと見栄えが悪いですね。

DSC02256.jpg

素体がほぼ騎士ガンダムと同じなので、可動範囲も変わらず良好。
天空の翼もボールジョイントで広く可動します。


以上、フルアーマー騎士ガンダムの素組みレビューでした。
[ 2015/11/03 22:00 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB 武者飛駆鳥 (メッキ加工、改造、塗装)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (16)

レジェンドBB 武者飛駆鳥のギャラリーです。

製作記①
製作記②
製作記③



武者飛駆鳥 改造 メッキ (6)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (5)

武者飛駆鳥(ビクトリー)

新SD戦国伝 七人の超将軍編の主人公。

新生大将軍の長男であり、後に自身も大将軍に出世する武者。
幼名は武威の進(ブイノシン)。
幼い頃は祖父の轟天頑駄無も手を焼くやんちゃ坊主で、自分の剣術の強さを過信していましたが、
大将軍から「強さ」の本当の意味を学び、成長して武者の称号を授かりました。


武者飛駆鳥 改造 メッキ (15)

愛刀は長刀「烈旋丸」
流派は師である烈空頑駄無と同じ翼心一刀流(よくしんいっとうりゅう)。

烈旋丸は塗装剥げを考慮して2本用意しました(一本は拳に固定)。
左の平手はレジェンドBBの武者頑駄無から拝借しています。


武者飛駆鳥 改造 メッキ (4)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (3)

閃光翼全開!!

↑「ビームウイングフルオープン」と読みます。
閃光翼は飛駆鳥の感情の高まりに反応して輝く翼で、発生している間はある程度空を飛べるようです。

ウイングの波模様の造形がちょっと丸っこかったので、一部削ってシャープにしています。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (18)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (17)

武者飛駆鳥 改造 メッキ (1)


「翼心一刀流 飛燕竜巻返し!!」

超将軍たちに認めてもらいたいがために、勇み足になっていた飛駆鳥。
超将軍のチームワークを見て、互いの力を信頼して協力して戦うことの大切さを学びます。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (8)


「舞威丸-ー-------っ!?」


武者飛駆鳥 改造 メッキ (7)

「うう・・・よくも・・・鉄斗羅を・・・」


旅の中で弟、舞威丸や超将軍、鉄斗羅との別れを経験した飛駆鳥は、自分の非力を痛感し、武者としてさらなる成長を果たしました。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (9)


「天来変幻!!!」


武者飛駆鳥 改造 メッキ (12)

「体じゅうに力がみなぎってくる・・・これが天来変幻の力か!?」


「金色の羽衣」装着状態。
轟天頑駄無のもとより飛来した「鉄鋼迦楼羅(メタルガルーダ)」が鎧となって飛駆鳥に装着された姿です。

金色の羽衣はきらきら工房さんに依頼してメッキ加工してもらいました。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (11)


「切り刻まれるのはお前のほうだ!  翼心一刀流 流星津波返し!!」


武者飛駆鳥 改造 メッキ (13)

「おのれ羅刹(ギロス)、貴様のようなやつは断じて許さん!!」


コミックワールドや単行本では、2つの銃(目牙閃光爆星(メガビームバスター)、目牙閃光銃(メガビームライフル))はまったく使用してないんですよね・・・。
剣術が得意だというところもあるのでしょうが、撃ってるところも見てみたかったです。

てゆーか羅刹って書いて「ギロス」って読ませてたんですね・・・。当時の戦国伝は当て字のセンスが恐ろしいです・・・。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (14)

金色の羽衣状態でも1枚キメ。

金色の羽衣状態用に、胴体、肩、翼も1セットずつ作りました。
翼は接続ピンの関係ですが、他の部分はとにかく塗装の剥げが怖くて・・・。

武者飛駆鳥 改造 メッキ (10)


以上、レジェンドBB武者飛駆鳥のギャラリーでした。


当時から思い入れの強い武者で、発売される前から「ここはこうしよう」「あそこはこう塗ろう」・・・
と妄想に浸っていました。
とても時間がかかりましたが、自分のやりたかったことは概ね達成できたので満足しています。

ただ、マスキングも、スミ入れも、筆塗りも、その他多くの点でも、自分の技術不足を痛感したキットでした。
今回はなんとか自分が満足できる水準まで持ってこれましたが、もっと経験値を積んで、技術を向上させたいと思いました。


他の超将軍もレジェンドBB規格で販売されたら、並べて飾れるのになー。
人気のシリーズですし、7人のうち何人かだけでも出してほしいですね。

〈カラーレシピ〉

白・・・ファンデーションホワイト(F)
青・・・キャラクターブルー(C)
金・・・スターブライトゴールド(G)
赤・・・エナメルレッド(T)
黒・・・ガンメタル(G)
ピンク・・・蛍光ピンク(G)
閃光翼・・・ファンデーションホワイトでグラデーション→蛍光ピンク(G)
天幻鏡・・・ミラーフィニッシュ(ハセガワ)

塗装後、全体にクリアー(G)、その上から(金以外)スーパークリアーつや消し(C)




[ 2015/10/12 01:14 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB 武者飛駆鳥 塗装 製作③

DSC02221.jpg
DSC02220.jpg

色々すっとばして・・・

ほぼ完成しました。
細かい部分の塗装まで終わり、あとはメタルガルーダの塗装と目、メインカメラを作成すれば
完成です。
色合いもスミイレもくっきりさせて、セル画っぽいかんじを目指して塗装しました。

しかし手間がかかりました、この飛駆鳥。
私の制作技術が追い付いていないというのが一番の原因ですが、
マスキング箇所の多さと難しさには苦労しました。
最初は身の程をわきまえず全部エアブラシで塗装しようとしてましたが、、、
無理でしたね。細かいところは筆塗りでごまかしてます。


写真はギャラリーアップ時の背景テストも兼ねて撮りました。
色々試したんですがしっくりする背景がなかなか無く、黒の画用紙で落ち着きました。
グラデーションペーパーとかも、買う機会があれば試してみたいです。


そして近況報告・・・
またパソコンを壊しました。窓を開けてたら雨が入ってきてたみたいで、
仕事から帰ったらずぶ濡れになってました。電源点きません。
ペイントで作った飛駆鳥の目も、バックアップとってないんで全部ぱーです。

何台壊すんだってかんじですが・・・今回は昔の調子悪いパソコンで
なんとか記事をアップしてます。めっちゃ重い。

お金も無いんで、しばらくはこれで頑張ろうかな。。。

→完成!




[ 2015/09/07 21:28 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB 武者飛駆鳥 塗装 製作②

DSC02218.jpg


写真暗っ!

ほとんど進行してませんが、途中経過。
白、青と塗り進め、細かい部分の塗装に入っています。

一気に作ってしまいたいのですが、今年の夏はまぁー色々あり、作業が中断気味です。
今日も久しぶりに塗装作業をしたのですが、どの色で塗ってたかをすっかり忘れてしまってました・・・
危ないので、ちょっとメモしておきます。

白・・・ファンデーションホワイト(F)
青・・・キャラクターブルー(C)
黒・・・ガンメタル(G)
金・・・スターブライトゴールド(G)

赤はエナメルのレッドで塗装する予定です。

しかし難しい。マスキングが。特に胴体が色数多すぎて本当に厄介です。
素組みレビューのとき「色分けはまあまあ」とか書いてましたが、訂正したい気分です。
まあ、練習だと思って取り掛かろうと思います。


ちなみに奥で倒れてるのはMGのダブルエックスです。そのうちレビューして、こいつも塗装したいと思います。


DSC02217.jpg
DSC02216.jpg


作業風景

平手はレジェンドBBの武者頑駄無から流用。

今回はいつも使ってるエポキシパテの他に、模型本とかでよく登場する「Mr.SSP」、いわゆるアルテコってやつを使用しました。
硬化時間が非常に早いので使うのに練習が必要ですが、切削性やプラへの食いつき加減がいい感じで気に入ってます。
パッケージの萌え絵はちょっと気になりますが・・・。

→製作記③へ


[ 2015/08/17 01:23 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB 武者飛駆鳥 塗装 製作①

DSC02174.jpg

写真の撮影環境を整備中なので、飛駆鳥の改修を進めてます。


主な改修ポイント

・目のシールをペイント等で自作

・目のパーツをパテで複製

・合わせ目消し、肉抜き穴をパテで埋める

・翼のピン(金色の羽衣装着用)を切り飛ばし、空いた穴をパテで補修


割と手を加える部分が多くて苦戦中。胴体の塗装大変そう・・・

とりあえずクリアパーツだけグラデーション塗装しました。我ながらいい感じ。

→製作記②へ


[ 2015/07/26 16:23 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB 武者飛駆鳥 (メッキ加工・素組み)

DSC02160.jpg


レジェンドBB 武者飛駆鳥(むしゃビクトリー)の素組みレビューです。

2015年1月発売 1,200円(税抜)


DSC01926.jpg
DSC01936.jpg
DSC01930.jpg

内容はこのとおり。
通常のレジェンドBBキットより200円増しな分、ボリュームがあります。
クリアピンクのランナーは旧キットと同じくラメ入りで成形されています。

DSC02104.jpg

金色のランナーはいつもと同じく「きらきら工房」さんに依頼してメッキ加工。
ランナー1枚にまとまってるので、加工代もお安く済みました。。。

DSC02131.jpg

軽装状態

旧キットより色々脱がすことができますね。
脚がもなか割なので合わせ目が出ます。

DSC02124.jpg
DSC02125.jpg

武者飛駆鳥

大きくなった鍬形がかっこいい・・・!

ある程度の色分けはされているものの、翼の金色のパーツが旧キットと違い青一色になってしまいました。
合わせ目も目立つので、ここは手を加えたい部分です。
他に兜と鞘に合わせ目ができます。

吹き返しの炎の模様はモールドができて塗装しやすくなりました。

DSC02121.jpg
DSC02122.jpg

閃光翼(ビームウイング)を装着して

波打ってる感じに整形されていて見栄えがよくなりました。

DSC02123.jpg

烈閃丸は鞘も含めとても長く、迫力があります。
ピンク一色なので塗装必須です。


DSC02128.jpg
DSC02129.jpg
DSC02127.jpg

鉄鋼迦楼羅(メタルガルーダ)

飛駆鳥の特徴的な支援機も立体化。足が付きました。
飛駆鳥と同じくらいのボリュームがあります。


DSC02130.jpg

翼の位置は付け替え可能&閃光翼の取り付けも可能。

DSC02116.jpg
DSC02118.jpg

金色の羽衣装着状態


万点のボリューム。メッキ加工したおかげで見栄えもいいです。

肩と銃2丁に目立つ合わせ目ができます。
パーツ数的に仕方ないのかもしれませんが、もう少し合わせ目が目立たない構成にしてほしかったです。

DSC02119.jpg
DSC02120.jpg

大きい装備ですが可動範囲は変わらず。


以上、レジェンドBB 武者飛駆鳥の素組みレビューでした。

待望のキット化となった飛駆鳥。思い入れのある武者なので嬉しい限りです。
現在表面処理中です。塗装して完成し次第ギャラリーにアップする予定ですので、よろしくお願いします。

なお、今回アップする予定だったRGフリーダムは梅雨のため塗装が停滞中です。
しばしお待ちを・・・
[ 2015/07/05 02:11 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB ナイトユニコーンガンダム(素組み)

DSC01344.jpg

レジェンドBBより
騎士(ナイト)ユニコーンガンダムのパチ組みレビューです。

2013年11月発売 1,000円(税抜)
[ 2013/11/21 22:17 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)

レジェンドBB 武者頑駄無(素組み再レビュー)

ekr (16)

レジェンドBBより
武者頑駄無のパチ組み再レビューです。

闇将軍に合わせてきらきら工房さんにメッキ加工していただいたので、この機会に改めて武者頑駄無のレビューをします^^

2012年7月発売 1,000円(税抜)


DSCF1400.jpg

内容は箱サイズランナー約3枚分
今回は写真の黄色いランナーをメッキ加工してもらいました

brd (1)
brd (2)

軽装状態

可動範囲は他のレジェンドBBと共通で広いです
しかし全体的に関節が緩く、すっぽ抜けたり首が座らなかったりします
ガシガシ動かすには各接続部のテンションを調節してやったほうがいいかもしれません

brd (3)

おまけパーツで璽武(ジム)を再現できます

brd (4)
brd (5)

武者頑駄無

色分けはなかなかで、兜前面や腰のV字など複雑な部分はシールでの再現になります
しかし兜の鋲や吹きかえしのワンポイントなどのかなり細かい部分が色分けされているのは好印象です(ただしかなり小さいパーツなので紛失に注意です)

可動範囲は鎧を装着すると大幅に狭くなってしまいます
ただし兜の各部や肩鎧に可動部が仕込まれているので、可動に干渉する部分をある程度逃がしてやることが出来ます

brd (7)
brd (8)

豊富な武器と左平手が付属します

brd (9)

目はパーツの裏表を変えることで表情を変更することが出来ます
目シールは4種類付属するので、そのうち2つを選んで貼ることになります


以上、レジェンドBB 武者頑駄無の素組みレビューでした。

最新フォーマットのキットなのですが、デルタプラスや殺駆頭など同じフォーマットの最新キット(25年5月現在)に比べると関節強度や可動範囲の面で少し見劣りしてしまいました。
前回のレビューではベタ褒めだっただけに、目が肥えてしまったなと感じます^^;

しかしキット自体は間違いなくかっこいいので、些細な不満に目をつむればオススメのキットだと思います。

DSCF1628.jpg
DSCF1630.jpg

おまけで前回レビューより、旧ムシャガンダムと一緒に撮った写真
[ 2013/05/14 22:30 ] レジェンドBB | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。