天丼のプラモブログ RG
FC2ブログ

RG シナンジュ クリアカラー (素組みレビュー)

DSC05893-56.jpg


RG シナンジュ イベント限定クリアカラーの素組みレビューです。

調布で開催されたガンプラEXPO及びガンダムベースにて限定販売されたものです。
「イベント限定品」ということなので、今後もガンプラ関係のイベントで購入できる機会はありそうですね。
ちなみに私はオークションサイトで購入しました。東京は遠い・・・。


以下、ランナー紹介

DSC05901-64.jpg

DSC05902-65.jpg

DSC05903-66.jpg

DSC05905-68.jpg

DSC05904-67.jpg

DSC05906-69.jpg

赤、黒、白のパーツがクリア成型に、グレーと黄色のパーツはメタリック成型になりました。


DSC05961-11.jpg

シナンジュ


DSC05962-12.jpg

DSC05963-13.jpg

クリアレッドのパーツの発色が良いです。実物は写真より綺麗。
金メッキとも色合いの相性が良く、素組みでも満足度は非常に高いです。

中身のパーツがぎっしり詰まっているため、装甲がクリアになっても見栄え良いですね。
あと、感じ方は人それぞれでしょうが、パーツ裏の接続ピンもそんなに悪目立ちしてない印象です。


RGシナンジュは通常版を作成したことがなく、今回が初めての作成になりますが、
背負い物が大きい割に腰の関節がユルいので、素立ちさせるとすぐ仰け反っちゃいますね。
前傾姿勢以外で飾る場合は、関節を太らせるなどして腰可動を渋めに調整することをお勧めします。


DSC05966-16.jpg

上半身

エングレービング部もパーツ分割されており、色分けは完璧だと思います。


DSC05967-17.jpg

下半身

膝の黒いパーツは、切り出し時にゲート跡が白化してしまいました・・・。


DSC05945-1_2017122<br />4005036b41.jpg

武装&各部装甲展開


DSC05947-3_20171224005035ad9.jpg

DSC05946-2_2017122400503456c.jpg

DSC05948-4_201712240050364ce.jpg

RGのオリジナルギミックで、ブースター等の装甲が大きく展開します。


DSC05949-5_20171224005038662.jpg

シールド
ちょっとピン跡が目立っちゃいますね。
接続方法は 腕部に直接 か 肩アーマーからぶら下げ のどちらかを選ぶことがきます。


DSC05950-6_20171224005039772.jpg

ビームライフル
腰にマウントすることもできます。
トリガーに指を掛けるような、専用の握り手は付属しません。


DSC05951-1.jpg

シールド裏のグレネードランチャーをマウントすることも可能。


DSC05952-2.jpg

ビームサーベル
エフェクトが凝っててカッコいいです。
腕部の装甲を展開して、そこから出力することもできます。


DSC05953-3.jpg

DSC05954-4.jpg

シールド裏のビームアックスを展開
こちらもエフェクトが凝っててはったりが効いてます。

平手(半握り手)は左手のみ付属。
ちなみに握り手はプレバンの拡張セットに付属します。デフォルトで付けててほしかったな。


DSC05955-5.jpg

DSC05956-6.jpg

ビームアックスはもちろんシールドから取り外し可能。
エフェクトは長短2種類付属します。



以上、RGシナンジュ クリアカラーの素組みレビューでした。

クリアとかメッキとかは子供の頃からの大好物なので、満足度の高いキットでした。
今は素組みのまま飾ってますが、余裕ができれば表面処理とか関節の塗装とかもしてやりたいです。


恐らく、この記事が今年最後の更新になります。
いつも見てくださっている皆さま、今年も1年、ありがとうございました。

年明け~5月ごろまでは仕事の繁忙期になるため、またしばらく更新は滞るとおもいますが、落ち着いてきたらまたぼちぼち記事を上げていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

百式は残念ながら年内に間に合いませんでしたが、ぼちぼち完成しそうなので、またギャラリーアップします。

[ 2017/12/24 01:47 ] RG | TB(0) | CM(0)

RG ストライクフリーダムガンダム (メッキ加工・塗装)

DSC0556985002.jpg


RGストライクフリーダムガンダムのギャラリーです。


DSC0557880005.jpg

DSC0557981006.jpg

ストライクフリーダムガンダム

2年くらい前に作成したものですが、当時の写真撮影中にレールガンと腰の接続軸が折れてしまって、そのままお蔵入りになってしまってたものです。
破損個所を修復、写真も一から撮り直して2年越しのギャラリーアップと為りました。

作成といっても一通りの表面処理をしたくらいで、プロポーションなどはキットのままです。
塗装はいつもどおりメタリック塗装。本体のランナーの一部はきらきら工房さんにメッキ加工してもらいました。


DSC0558082007.jpg

DSC0558483008.jpg

機動兵装ウイング


DSC0556884001.jpg

RGでは設定よりさらに細かく展開することができます。


DSC0557286003.jpg

DSC0557587004.jpg

巨大な背負い物ですが、意外と自立させることが可能です。


DSC0558888009.jpg

天空の翼

ブルークリアで薄く塗装し、その上からクレオスのサファイアブルーでパールをかけました。


DSC0559089010.jpg

DSC0559190011.jpg

フルバースト


DSC0559791012.jpg

ドラグーン用スタンドにグラデーション塗装して、発射エフェクトっぽくしてみました。



以上、RGストライクフリーダムガンダムのギャラリーでした。


久しぶりの更新。毎度のことですがこの時期は仕事が忙しくてどうにもなりませんね。
アスタロトはちょくちょく手を加えていますが、まだまだ時間がかかりそうです。


[ 2017/05/03 02:27 ] RG | TB(0) | CM(0)

RG 拡張エフェクトユニット 天空の翼

DSC02352.jpg

RG ストライクフリーダムガンダム用拡張エフェクトユニット「天空の翼」の素組みレビューです。

DSC02317.jpg
DSC02318.jpg

内容はPET製のエフェクト4枚とドラグーン用のスタンド、スモークグレーのアクションベース2です。

DSC02326.jpg

スタンドを組み立てた状態

ドラグーン用のスタンドはアクションベース2と組み合わせて使う必要があります。
個人的にアクションベース2は少し使いづらいので、独立しているほうが嬉しかったです・・・。

ドラグーン用スタンドの支柱は棒2本の組み合わせで攻撃状態を、1本で射出状態を再現することができます(写真は攻撃状態)。
ドラグーンとの接続部はボールジョイント、他の接続部はハメ込み式でかっちり組みあがるので、ドラグーンの重さに負けてヘタれる心配はありません。

各接続部は角度を変えて組み立てられるので、写真のようにめちゃくちゃな角度で接続して動きをだしてやることもできます。

DSC02327.jpg

接続部は一見ロール可動しそうですが、凸のほうにピンがついていて、一度組んだ角度からは動かないようになっています。
頑丈で安心して飾れるのですが、角度を変えるたびにいちいちバラす必要があるのはちょっと面倒です。

DSC02321.jpg

ストライクフリーダムと

ストライクフリーダムは塗装がほぼ完了し、あとは細かい部分の調整を残すのみです。
今回レビューしている「天空の翼」と一緒に近々ギャラリーにあげたいと思います。

DSC02323.jpg

バックパックが隠れない構成になっているのがいいですね。

DSC02322.jpg

天空の翼は波模様が立体的に整形され、グラデーション塗装ています。
デスティニーの光の翼同様ホログラム加工が施されていますが、光り方は控えめです。


以上、RG拡張エフェクトユニット「天空の翼」の素組みレビューでした。



[ 2015/10/31 00:59 ] RG | TB(0) | CM(0)