天丼のプラモブログ HGUC

HGUC 百式(REVIVE) 製作記②

DSC05692001.jpg

DSC05693002.jpg


お久しぶりです。
少しずつ進めていた百式も、やっと一通りの整面処理が終わりました。

練習も兼ねて苦手なスジ彫りも入れてみたり。ミスったところは埋めて無かったことにしたり。
格闘してたらいつの間にか9月になってました。時間が経つのは早いですね・・・。

塗装はメタリック塗装にする予定です。
最初はきらきら工房でメッキ化する予定でしたが、ここまで弄ったらもう難しいです。丁寧に塗装で仕上げていきます。

[ 2017/09/11 00:46 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC 百式(REVIVE) 製作記①

お久しぶりです。


子供が遊び盛りなのと、仕事の疲労とでなかなかブログの更新が捗りません。
おまけに体調も良くない。数年前までは医者いらずだったのになー。徹夜してもピンピンしてたのになー・・・。
加齢による体力の衰えが悲しいです。


さて、祝・真駆参大将軍発売ということで、金色パーツを早速きらきら工房さん送りにしようと思ったのですが、他に「きらきら工房待機組」がいることを思い出して、彼らの整理をしていました。

今回作成するリバイブ百式はその待機組のひとつ。アレンジやプロポーションに関して非常に賛否が分かれているキットで、はじめは購入を躊躇していました。が、記念すべきHGシリーズの「ナンバー200」。バンダイが力を入れているのは間違いないキットを組み立てたい衝動のほうが勝って、結局購入しました。


でもネットに上がっている素組み画像を見たら「ここはもうちょっとボリューム欲しいよなー」とかやっぱり思ってしまうわけで。でも金色のランナーは「せっかくなんでメッキ加工したいなー」という思いもありで。

なんとかならないかなーと考えた結果、

・ランナーからパーツを切り出して修正
・ランナーにセメントで付け直し、そのままきらきら工房でメッキ加工!

って方法で、 プロポーション変更 と メッキ加工 を両立させることにしました。

DSC05653006.jpg

とりあえず脚にメリハリがなくて棒みたいだったので、太ももを両側0.5ミリずつ、ふくらはぎを2ミリ延長。
かかと方向に長くアレンジされた足のアーマーを元の形状に。
短く感じたフロントアーマーを下側に延長+鋭角化

あと、二の腕の装甲はアンダーゲートになってなくて、そのままメッキ化したらゲート跡がかなり目立つので一度切り離し。


最初はこんなもんでOKかな、と思っていましたが、一度やりはじめると「あそこのバランスはどうだろう」とか色々考えてしまうようになって・・・


DSC05677007.jpg

結局ほとんど組んでしまいました。
これなら最初から素組みしてプロポーション確認しながら作った方が良かったな・・・。

右のRGマークⅡを参考にしながら、

・ハンドパーツが小さかったのでビルダーズパーツのものに変更
・マスクを一回り大きく修正
・頭頂部など0.5ミリ延長
・胴体を腰との接続部で1ミリ幅詰め
・脚部の各所を延長

しました。


DSC05678008.jpg

色々弄りましたが、まだRGに比べるとほっそりしてて頭身が高い。
最終的にRGマークⅡと並べて飾るわけではないのですが、それでも気になるので・・・。

DSC05685009.jpg

もう少し弄りました。

・頭部を横方向に1ミリ延長、微修正
・胴体を左右それぞれ1ミリずつ延長
・二の腕を左右0.75ミリずつ延長
・肩を胴体側に0.5ミリ延長
・足首部分を1ミリほど幅詰め
・足を左右それぞれ横方向に1ミリずつ延長


DSC05686010.jpg

足が大きいとプロポーションのバランスがとれる気がします。

DSC05687011.jpg

一番時間がかかってる頭部
キットのままだとカメラアイが細いように感じたので、おでこのパーツの位置をちょっとだけ上にあげて調整しています。


現在はこんな感じで、時間を見つけては百式を弄ってます。
これから地獄の整面作業なので、次回アップはいつになるか分かりませんが・・・。焦らず気長に作っていこうと思います。お楽しみに。

DSC05688012.jpg

ちなみに真駆参大将軍も作成進めています。
こっちの完成は当分先かな・・・。
アスタロトはちょっとお休み。アイデアがまとまらずお手上げ状態。気が向いたら進めます。
[ 2017/06/24 22:43 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC 百式 (REVIVE) ランナー

DSC05647114005.jpg

HGUC 百式(REVIVE)のランナー紹介です。


DSC05610001.jpg

金色のランナー

多くのパーツがアンダーゲート方式になっていて、メッキに対応できるように準備されています。


DSC05611002.jpg


DSC05612003.jpg

「百」の文字はデカールではなくシールです。


以上、百式(REVIVE)のランナー紹介でした。

理由あって素組みレビューはすっとばして、次回から製作記事を上げていきます。
詳しくは次の記事で・・・。
[ 2017/06/24 21:39 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1改 (塗装・改造)

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (26)

HGUC クロスボーンガンダムX1改のギャラリーです。


製作記①
製作記②
製作記③
製作記④ (4.5)
製作記⑤


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (3)

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (4)

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (5)

クロスボーンガンダムX1改

宇宙海賊クロスボーンバンガードが所有するMS。パイロットはキンケドゥ・ナウ。


今回は「色々試してみよう」ということで今まであまり経験のない、プロポーションを弄ったりモールドを追加したりの工作をメインに作成しました。
塗装はパールが中心のメタリック塗装+ウェザリングです。


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (6)

武器のビームサーベル

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (11)

ビームザンバー

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (16)

ブランドマーカー

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (18)

シザーアンカー
リード線を、手芸用品店で売ってた鎖に変更しました。

鎖はリアアーマーに収納されていて、X1改になってからは使用できなくなった(替わりにスクリューウェッブが収納されるため)という設定ですが、なぜかキットでは新規で再現可能になっています。


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (15)

ザンバスター
・・・黄色い部分塗装剥げてますね。


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (17)

ビームシールド


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (9)

スクリューウェッブ

X1改を「改」たらしめる武装。
キットのままではあんまりな見た目なので、持ち手以外全面的に作り直しています。

ムチの部分には一応針金を内蔵しているのですが、外装のチューブが硬くてあんまり自由に動いてくれません・・・。


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (20)

ABCマント(アンチ・ビーム・コーティングマント)

布+アルミテープで作成し、ラッカー塗料でそれっぽく塗装しています。


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (21)

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (23)

アルミテープ内蔵なのでなんとなく表情をつけることが可能。

漫画のようにヒラヒラさせるには、布の面積が少し(結構?)足りなかった。そこら辺の加減が難しいです。
ただ、手前味噌ですがプラモ用マントの解釈としては画期的なんじゃないかと勝手に思ってます。


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (22)

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (8)

ザビーネ「どうしたキンケドゥ?押されているぞ!」
      「シミュレーションでは7対3で私の方が勝っていたぞ!」

キンケドゥ「もう・・・センサーが限界だ・・・!」


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (24)

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (1)

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (10)

HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (12)

キンケドゥ「!! ザビーネ!?」


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (13)

ザビーネ「だめじゃないか!死んだやつが出てきちゃ!死んでなきゃああああ!!」


HGUCクロスボーンガンダムX1改 完成 (2)

互いにビームザンバーを失い、最後はヒートダガーによる一騎打ち。
クロスボーンのバトルはスピード感があって好きです。


以上、クロスボーンガンダムX1改のギャラリーでした。

途中色々ありましたが、無事?ギャラリーの公開までたどり着けて良かったです。
最初はサクッと作る予定だったのに、1年近く経過しちゃってますが・・・。


〈カラーレシピ〉

下地・・・サーフェイサーEVO(G)

白・・・ファンデーションホワイト(F)→ムーンストーンパール(C)
黒・・・ウエストブラック(F)
黄・・・ディープイエロー(F)90%+スターブライトゴールド(G)10%
赤・・・メタリックレッド(F)
関節・・・スターブライトアイアン(G)、フレームメタリック(ウォーム系)(G)など
ビームエフェクト・・・ファンデーションホワイト(F)と蛍光ピンク(G)でグラデーション塗装後、ウェザリングマスターの白を塗り付け
ヒートダガー、マスク放熱部・・・スターブライトゴールド(G)80%+蛍光レッド(G)20%→ルビーレッド(C)

塗装後、全体にフラットクリアー(G)

ABCマント・・・茶色い布にフレームメタリック(コールド系)(G)、EXブラック(G)など


製作過程でのミスや仕上げが甘い部分など反省点は多いのですが、色々手を加えたこともあり気に入っています。

次回はBB戦士の大型キットを作成しようと思っています。次の作成は今回の反省を活かし、段取り良くやっていこうと思います。お楽しみに・・・。
[ 2016/08/24 00:02 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1改 製作記⑤

クロスボーンX1改製作記その⑤です。

クロスボーン改造⑤マント (3)

前回より、どうしても細部の仕上げが甘い部分が気になるので、軽くウェザリングしてお茶を濁そうという作戦に。
クレオスのウェザリングカラーで全体に汚れを入れました。
最後にコートで全体のツヤを統一して仕上げようと思います。

クロスボーン改造⑤マント (1)

最大の懸案だったマントは布で作ることに決定。
そのままでは「THE・布」って感じになるので、アルミテープを貼ってある程度表情を付けられるようにします。


クロスボーン改造⑤マント (2)

こんな感じに。ちょっと気に入ってます。
内側にも布を貼り合わせ、少し塗装もしてやろうと思います。


以上、クロスボーンX1改製作記でした。
次回はギャラリーをアップしたいです、が、何日後になるか・・・。
気長にお待ちください・・・。
[ 2016/08/15 00:06 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1改 製作記④

クロスボーン改造④ (2)


5月の真ん中あたりから原因不明の肺炎にかかってました。
最近ようやく回復してきましたので、ブログの更新を再開します。休んでいる間も観に来てくださった皆様、ありがとうございました。

しかし肺に負担がかかりそうなので、溶剤を使った作業やヤスリで削る作業は怖くてまだできないです・・・。梅雨にも入りますし、しばらくは素組みかブログの更新に専念しようと思います。


近況報告はここまでで、クロスボーンの製作記の続き。
前回の作業からプロポーションを中心に各部を弄りました。

クロスボーン改造④ (4)

上半身

脚部の延長に合わせて腰部を2ミリ、頭頂部を1ミリ延長。

腕部は肩と二の腕の接続部に1ミリのスペーサーを設けてバランスを調整しました。

クロスボーン改造④ (3)

下半身

太ももの延長に合わせて脛も2ミリ延長。
この延長に合わせて、ひざから足首にかけてのモールドを埋めました。

つま先も1ミリ延長してアクション映えしそうな形状に。

クロスボーン改造④ (5)

上記作業で基本的なプロポーションは決定。
あとは細かい部分の調整をしていきます。

まずは延長した頭頂部に、プラ板で写真のような枠を作成。
中に薄いプラ板を並べて、特徴的な頭頂部フィンのディテールを作成します。

クロスボーン改造④ (6)

フロントアーマーもプラ版で無理やり大型化。
ここは段差が多いデザインで、この後の成形が大変でした。
プラ板の積層でスクラッチしたほうがきれいに作れたかな、と思います。

クロスボーン改造④ (7)

肩アーマーの裏はプラ板で裏打ち。


クロスボーン改造④ (9)


上記作業を終えて。


クロスボーン改造④ (10)

襟?のビームサーベルが入る部分は上部に1ミリ延長。
あとは胸とか肩にモールドを追加。
モールドは食玩のガンダムコンバージを参考にしました。

クロスボーン改造④ (11)

下半身

フロントアーマーの成形に大苦戦。
写真では目立ちませんが、モールドはガタガタ、エッジはダルいという仕上がりに・・・。
実力不足を痛感しました。


フロントアーマーを中心に苦戦はあったものの、ここまでは結構順調に作業をしていました。
しかしここで大ミスをやらかします・・・。

クロスボーン改造④ (18)

サフが厚くなったので一旦落とそうと思ったのですが、横着してツールクリーナーにドボン。
強力な溶剤なので、ものの十数秒でプラは浸食されまくってボロボロに・・・。

これで腕部、脚部、足首、つま先、スラスターのパーツがダメになってしましました。
軽率な行動を大反省しましたが、同時に心もぽっきり折れてしまいまして・・・。「お蔵入り」の文字が頭をよぎりましたが・・・。


クロスボーン改造④ (21)

X1のパーツを拝借して作成を続行。
色々加工してた脚部は、ボロボロになった部分をMr.SSPで復元しました。

ちなみに復元~塗装までの間は、作業に没頭していたため写真に撮ってません・・・。

クロスボーン改造④ (22)

上半身

腕部にモールドを追加しました。
カラーリングは、X2改に合わせてパールを使ったメタリック調に。

クロスボーン改造④ (23)

下半身

つま先を延長していましたが、バランスが悪く感じたのでやっぱりやめました。
脚部にモールドを追加。
フロントアーマーは見ないでください。



以上、クロスボーンガンダムX1改の製作記でした。
[ 2016/06/12 03:16 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1改 製作記③

お久しぶりです。
クロスボーンガンダムX1改の製作記その③です。


クロスボーンガンダムX1改 改造③ (1)

今回からプロポーションの変更に着手していきます。
まずは太ももの関節パーツを切断して後ハメ化。

クロスボーンガンダムX1改 改造③ (2)

太ももはロール可動するようになっているのですが、可動部が分割されているのが少し目立つように思います。
なので分割部を接続し、太ももを綺麗な一本線にします。

プラ板とMr.SSPを併用して・・・

クロスボーンガンダムX1改 改造③ (5)

こんな感じに。


クロスボーンガンダムX1改 改造③ (3)

太ももがたくましいと力強く見える気がします・・・。

ただ、前回大型化した影響で腰のアーマー類からハミ出し気味。
このあとフロントアーマーとサイドアーマーの大きさや位置を調整して、ハミ出した太ももを目立たなくしてやりました。

クロスボーンガンダムX1改 改造③ (7)

太ももの大型化に伴い、ひざの部分も延長してプロポーションを調節します。
このあと脛、つま先、と続けて延長工作しますが、その結果は次回の記事で。


以上、製作記その③でした。


[ 2016/04/17 23:28 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1改 製作記②

花粉症と風邪を併発してダウンしてました。
今年は暖冬の影響で花粉がかなり多いみたいですね。換気のために窓を開けれないんで、しばらく塗装作業はお預けかな・・・。

というわけで、完成間近でお預けを食らっているX1改の製作記その②です。

クロスボーンガンダムX1改 改造② (1)

前回は基本工作・下処理まで進めました。

今回のX1改を作り始めたのは去年の12月くらいだったんですが、この頃はムック本やら模型関連本、模型製作サイトを読み漁ってまして。
「工作」に対する挑戦心が昂っていました。

前回のX2改はほぼストレートで組みましたが、また同じように作るのもあんまり楽しくない。
今回は上記の読み物で得た知識でいろいろ弄ってやろうというコンセプトで作成を始めました。

クロスボーンガンダムX1改 改造② (2)

上半身は前回弄った以外は、まだほとんどそのままの状態。
ここからモールドの追加、腰部分の延長工作を行います。

クロスボーンガンダムX1改 改造② (3)

下半身
腰のアーマー類をプラ版やパテで裏打ち。
あと、太ももが細いように感じたので、前面、側面をそれぞれ1ミリずつ大きくしています。

クロスボーンガンダムX1改 改造② (4)

アンクルアーマーも足のラインにメリハリを出す目的で、側面を約0.5ミリずつパテで大きくしました。

クロスボーンガンダムX1改 改造② (5)

サフを吹いてプロポーションチェック。
下半身のプロポーションに関しては、ここからさらに弄っていきます。


以上、製作記その②でした。


・・・この記事を書いてる途中、Windows10へのアップグレードのため強制で再起動がかかりました。
なんか最近、やたらアップグレードのメッセージが出るなーって読まずに消してたんですけど、まさかこちらの同意なしに勝手に更新し始めるとは思いませんでした・・・。
皆さんも気を付けてくださいね。
[ 2016/03/13 00:17 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1改 製作記①

花粉が飛びはじめましたね。
私は花粉症持ちなので、換気のために窓を開けるのがツラいです・・・。

X2改に引き続き、X1改を作っていきます。
正直言うと、せっせと作ってて今は塗装の段階まで進んでいます。
諸事情で何回かリタイアしそうになったんで、記事を上げるに上げれなかったんですよね・・・。

そこらへんも含めて、順を追って作業過程を紹介していきます。

クロスボーンガンダム改造① (1)

胴体

X2改と同じく、接続ピンが丸見えなのでパテで横方向に延長。

クロスボーンガンダム改造① (2)

アンテナやナイフはプラ材を使って延長+鋭角化。

クロスボーンガンダム改造① (3)

んで全パーツをヤスリでひたすら表面処理。
ここまでは、X2改と同時進行で進めていました。


クロスボーンガンダム改造① (4)

次に着手したのがスクリューウィップ。

成型がだるくて、イメージしてるものとかけ離れていたので全面的に改修することにしました。
使うのは写真の材料。すべて家電販売店の模型コーナーで購入。

クロスボーンガンダム改造① (5)

リード線では味気ないので、メッシュチューブに針金を通したものに変更します。
先っぽもコトブキヤのアフターパーツに変更。

クロスボーンガンダム改造① (6)

ドリルの横の突起もプラ板で作成。
この突起の部分はこのままでいこうか、もうちょいごつくするかで、今も悩んでいます。

以上、製作記その①でした。
[ 2016/03/07 00:55 ] HGUC | TB(0) | CM(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1改 (素組み)

クロスボーンガンダムX1改 箱絵

HGUC クロスボーンガンダムX1改の素組みレビューです。


[ 2016/03/02 23:53 ] HGUC | TB(0) | CM(0)