天丼のプラモブログ Gジェネレーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BB戦士 Hi-νガンダムを改造して νガンダムを作る ③

久しぶりの更新になりました。

パソコンとネット環境の調子が悪く、ブログの管理画面までたどり着くのも一苦労なので、なかなか更新できませんでした。
新しいパソコンに買い替えるまでしばらくは更新頻度がガタ落ちすると思います。


DSC00775.jpg
DSC00793.jpg

パソコンの話は置いといて改造の続き
今回はバックパックとファンネルを作ります。

まずファンネルの真ん中のパーツの肉抜きを埋めます。

DSC00801.jpg

ファンネル同士をつなげてνガンダム風に
真ん中のパーツはバーニアパーツでドレスアップする予定です。

DSC00802.jpg

展開後の形で固定したファンネルも作成します。

DSC00799.jpg
DSC00825.jpg

バックパックはパテでGジェネ版νガンダムのものを無理やりくっつけました。
ここもバーニアを別パーツでドレスアップする予定です。

DSC00934.jpg
DSC00935.jpg

現在の状態
フロントアーマーが大きいのが目立ってしまいますが、このままいこうと思います。
色塗ったら違和感ないんじゃないか、という希望を持って。。。

DSC00936.jpg

ファンネルはプラ棒で接続してます。


次回は色塗ってギャラリーとして紹介したいですねー
おそらくνの発売までには間に合わないので、完成したら製品版のνとも並べてみたいです。


今年の更新はこれが最後になります。
新しい生活環境にかわったこともあり、ブログの更新になかなか手を付けられなかったり、塗装が進まなかったりと
微妙な一年になってしまいました。
ただ、この一年で撮影環境や塗装環境を改善することが出来たので、来年はこれらの改善点を活かして飛躍の年にしたいですね。

当ブログを見てくださっていた方々、今年一年ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

[ 2013/12/28 17:32 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士 ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム(素組み)

ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (18)

機動戦士ガンダムSEEDより
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステムのパチ組みレビューです。

2004年1月発売 1,000円(税抜)


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (20)

内容

まずは単品のストライクガンダムと共通のランナー3枚


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (19)

そして新規設計のランナーも3枚
色プラがふんだんに使われており、とてもカラフルです。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (13)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (14)

ストライクガンダム

色分け精度は当時のHGキットと同じようなカンジ。
アンテナや肩のフレームなど、目立つ部分は塗装推奨です。

この時期のキットはちょっと腕が大きめで、所謂ゴリラ体型になってしまっています。。。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (16)

肩はHGのAGEシリーズのような構造になっており、若干前後に可動します。
さらに胸と腹の間にも可動箇所があり、体をのけぞらせることが出来るようになっています。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (15)

武器のアーマーシュナイダー

発売時期を考えると意外なほどよく動いてくれるので、ポージングはばっちりです。

しかし脚部はよく開いてくれますし接地性もそこそこですが、接続のテンションがちょっと緩めなカンジです。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (9)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (10)

続いて各ストライカーシステムの紹介。

こちらはエールストライクユニット


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (12)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (11)

ストライクガンダムといえばこの姿ですね。
足は折りたためるので、飛翔ポーズもばっちり決まります。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (4)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (5)

ソードストライクユニット
対艦刀のシュベルトゲーベルが長すぎてちょっと斜めになってしまいます。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (3)

ビームブーメランのマイダスメッサーはビームエフェクトが付属します。
左手甲のパンツァーアイゼンも先端が別パーツで成形されており、分離させることが出来ます。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (6)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (7)

ランチャーストライクユニット

やはりアグニが長すぎて斜めになってしまいます。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (8)

アグニは設定通り展開させることができます。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (1)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (2)

最後に全部載せでなんちゃってパーフェクトストライクガンダム。
BB戦士だとリアル体型よりまとまりよく見えますね。

ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (17)

全セット内容。

各種ストライカーパックと1パーツ成形のスカイグラスパーが付属します。
色々組み替えて遊べるのでプレーバリューは満点です。


以上、ストライクガンダム ストライカーウェポンシステムのパチ組みレビューでした。
[ 2013/10/18 23:20 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士Hi-νガンダムを改造してνガンダムをつくる②

祝!BB戦士νガンダム発売決定!!

・・・ということで、正直モチベーションがかなり下がってしまいましたが。。。
乗りかかった船なので完成まではこぎ着けたいです。

製品版はDOME仕様の特殊なデザインのものみたいなので、違うテイストで作って並べてみようかな。

DSC00779.jpg
DSC00791.jpg

今回は武器類の加工をしました。

ビームサーベルとライフルはジャンク化していたHGUCのνガンダムから拝借。
サーベルは先端を削って短くし、ライフルは幅詰めと後ろのでっぱりの削減でサイズを小さくしました。

DSC00937.jpg
DSC00789.jpg

シールドは肩と同じくパーツ間の凹を黒い接着剤で消し、平らにしました。

DSC00795.jpg

νに持たせるとこんなカンジ。

次回は一番大変そうなファンネルの加工をします!
[ 2013/10/14 22:11 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士 Hi-νガンダムを改造してνガンダムを作る

DSC00784.jpg

タイトルのとおりです。
同クオリティのサザビーが発売されているので、それと並べるべくHi-νガンダムをνガンダムっぽく改造していきます!

↑の写真が現在の状態。
以下で制作過程を紹介していきます。

DSC00938.jpg
DSC00783.jpg

肩アーマー

青と白の境目の凹をWAVEの「黒い接着剤」で埋め、下部のスラスターをナイフで削り取りました。

DSC00932.jpg
DSC00933.jpg

腕部

二の腕の肉抜きをパテで穴埋め。
右前腕はナイフで削ってデザインを簡素化しνガンダムに近づけました。

DSC00774.jpg
DSC00780.jpg



甲の部分にある凸をプラ版とパテで作成しました。

DSC00778.jpg
DSC00787.jpg

頭部

リアカメラのカバー(?)がやたらと長いのでノコで切断。
襟足の部分もすこし大きい気がするのでこれから削ってやろうと思います。


いざ制作を開始すると本当に完成するのか不安になってきますが・・・
なんとか年内には完成させたいです!
[ 2013/09/21 14:27 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士 νガンダム(HWS仕様)(素組み)

hyou (206)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアより
νガンダムのパチ組みレビューです。

2000年7月発売 500円(税抜)


rrrr (22)

内容は箱サイズランナー3枚分

DSC00354.jpg
DSC00358.jpg

νガンダム

関節は首、四肢のほか腰と肘、手首にあります。
色分けは良好。特に腰の赤と胸の白がパーツで色分けされてるのがありがたいです。

ファンネルは固定式です。

DSC00356.jpg
DSC00357.jpg

武器類は一通り付属。
バズーカには大胆な肉抜きがあります・・・

DSC00359.jpg
DSC00360.jpg

オマケパーツでHWS仕様も再現できます。

胴体と腰の増加装甲はつながっているため、腰が回らなくなります。

DSC00361.jpg

こちらも武器類は一通り付属。
νのものと合わせるとかなり豊富な武器が付属するので色々持ち替えて遊べそうです。

以上、νガンダムの素組みレビューでした。
[ 2013/09/04 23:58 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士 Hi-νガンダム(素組み)

hyou (78)

機動戦士ガンダム ベルトーチカ・チルドレンより
Hi-νガンダム(ハイニューガンダム)の素組みレビューです。

2013年7月発売 1,200円(税抜)


DSC00167.jpg
DSC00166.jpg

内容は箱サイズランナーだいたい3.5枚分とスタンドのランナー1枚

DSC00321.jpg
DSC00322.jpg

Hi-νガンダム

関節の接続方式はレジェンドBB共通のものが採用されており、可動範囲は広いです。
色分けも写真のとおりほぼ完ぺきで、合わせ目もあまり目立たない構成になっています。

DSC00323.jpg
DSC00324.jpg
DSC00325.jpg

武器類

複雑な配色の盾がパーツにより色分けされているのは見事。
ただ、ビームサーベルが白単色成形なのが残念です。

DSC00326.jpg
DSC00327.jpg

背中のファンネルは左右1個ずつだけ展開可能。ほかの4個はコンテナから外すことはできるものの展開はできない構成になっています。
ファンネル射出イメージのエフェクトパーツが2個付属し、ファンネルを展開したまま飾ることが出来るようになっています。


以上、Hi-νガンダムの素組みレビューでした。
[ 2013/08/14 02:08 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士 サザビー (素組みレビュー)

aio (6)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアより
BB戦士 サザビーのパチ組みレビューです。

2013年5月発売 1,000円(税抜)


aio (7)
aio (9)

内容は箱サイズランナーだいたい3枚分
赤いランナー2枚はそれぞれ別の色になっており、暗い赤、明るい赤で成形されています。

aio (18)
aio (19)

サザビー

大型MSなだけあって、マッシヴなスタイルになっています。
にもかかわらず全身に施された細かいモールドや2色の赤パーツのおかげで間延びしてない点はいいですね

もともと配色が少ない機体だけあって色分けはほぼ完ぺきで、必要塗装箇所はバーニア内部の黄色くらいです

aio (17)

一見するとあまり動かなさそうなデザインですが、レジェンドBB関節の恩恵で可動範囲は意外と広いです
ただ、首はファンネルコンテナと干渉してあまり動きません

フロントアーマーはHGでよく採用されている、真ん中を切断することで左右独立可動させることが出来る方式が採用されています

aio (12)

モノアイは額にあたるパーツを外すことで動かすことが出来ます
モールドだけですが脱出ポッドもきっちり再現されています

aio (14)
aio (15)
aio (16)

武器類

ビーム刃やファンネルエフェクトがクリアパーツじゃないのが少し残念です


以上、BB戦士サザビーの素組みレビューでした。

全身の細かいモールドがめちゃくちゃかっこいいです^^
そのモールドに加えスタイルも洗練されており、いい意味でBB戦士っぽくないキットだと感じました。
[ 2013/05/25 02:47 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

ガンダムレギルス(素組み)

hyou (156)

機動戦士ガンダムAGEより
ガンダムレギルスのパチ組みレビューです。

2012年9月発売 1,000円(税抜)


kimar (145)
kimar (146)

内容は箱サイズランナーだいたい2枚分
価格の割にボリュームはありませんが、成形色は6色とカラフルな構成になっています

DSC01028.jpg
DSC01029.jpg

ガンダムレギルス

成形色がカラフルなだけあって色分け精度は高いです
頭部、脚部を少し部分塗装すれば設定色をほぼ再現できます

関節はレジェンドBB共通のものなので、可動範囲は広いです
ただ、首の接続が緩いのが気になります

DSC01030.jpg
DSC01031.jpg

カメラアイは閉(上)か開(下)の2種類から差し替えで選択可能
閉じてる方のカメラはクリアパーツで、開いてる方はホイルシールで再現されます

DSC01032.jpg
DSC01033.jpg
DSC01034.jpg

手持ちの武器類
平手は1つだけしか付属しませんが、4本指の左右対称成形なので右腕、左腕どちらにも接続可能です。

DSC01035.jpg

尾のビームライフル
可動箇所が2か所ありグリグリ動きますが、ガフランのように前面にビームを構えることはできません。

DSC01036.jpg

腹部のビームバスターはクリア成形です。

DSC01037.jpg

レギルスコア

差し替えなしで分離・変形できます
尻尾にスダンド用の穴が空いており、宙に浮かせてディスプレイすることも可能です


以上、ガンダムレギルスの素組みレビューでした。
キット自体の出来は「無難」という印象。
ですが他のMSとは一味違ったフォルム・ギミックの機体ですので、新鮮味を感じながら組み立てることができました。
[ 2013/05/20 22:07 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

シナンジュ

san (48)

機動戦士ガンダムUCより
シナンジュのレビューです。

2011年3月発売 1,000円(税抜)


brz (82)
brz (83)

シナンジュ

シャアの再来、フル・フロンタルの乗機
ユニコーンガンダムの兄弟機にしてサイコフレームが採用されたNT専用機です

brz (113)

武器のビームライフル

brz (107)

ビームサーベル

brz (92)

シールド
裏側にビームアックスやマグナムランチャーを装備可能です

brz (106)

ビームアックス

brz (122)
brz (120)
brz (119)

ビームライフル下部のマグナム・ランチャーは着脱可能
シールドの裏側に接続できます

brz (115)

ビームアックスは接続することでビームナギナタになります

brz (94)
brz (95)

ビームアックスはシールド先端に接続して両刃の剣のようにすることができます
ビーム刃が別パーツなのが嬉しいポイント

以下ギャラリー

brz (93)

brz (98)

brz (108)

brz (111)

brz (99)

brz (102)

brz (112)

brz (100)

brz (117)

brz (86)

モノアイは首の動きに連動して回転します
面白いギミックなので今後のモノアイキットにも採用してほしいです


以上、シナンジュのレビューでした。

曲線の美しいラインと各部エングレービングのモールドがしっかり再現されていて、SDとは思えない充実感のあるキットになっています^^
可動範囲はレジェンドBBと比較するとやや見劣りしますが、付属のスタンドを使用することで緩和される気がします。
ユニコーンガンダムも完成させて、劇中の対決を再現してやりたいです。
[ 2013/05/20 01:10 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(素組み)

hr (75)

機動戦士ガンダムUCより
ユニコーンガンダム2号機 バンシィのパチ組みレビューです。

2013年3月発売 1,200円(税抜)


rrrr (19)
rrrr (20)
rrrr (21)

内容は箱サイズランナー1枚と半箱サイズランナー3枚、小ランナー1枚
真ん中の写真の2枚のランナーと下の写真のランナーの下っかわに増設されたパーツがユニコーンガンダムからの新規設計パーツです
逆にユニコーンガンダムからはツノや頭頂部のパーツが削除されています

hr (1)

脚や手首などユニコーンと共通のパーツの一部も新規に設計されています
特に脚はサイコフレームがクリアパーツによって再現されるようになって印象が大きく変化しました

hr (39)
hr (40)

バンシィ・ユニコーンモード

色分けはほぼ完ぺきで、必要塗装箇所は腰と胸の一部くらいです
写真ではわかりにくいですが紺色の部分と黒色の部分もしっかり色分けされています
変身機構の影響で腰や脚のサイコフレームが丸見えになってしまうのはご愛嬌

可動範囲は三国伝シリーズと大体同じ
全身に変身機構が内蔵されていますがちゃんと各部可動します
ただ、新設計されたはずの股関節の可動範囲が妙に狭いのが気になります

hr (41)

ビームサーベルはクリア成形

両腕のアームド・アーマーはコンパクトに畳むことが出来るので可動の妨げになりません

しかし三国伝仕様の可動範囲とはいえ、レジェンドBBに慣れてしまうとポージングしづらく感じます^^;
特に股関節が開かないせいでどうも棒立ちになってしまいがちです

hr (42)

HGUCと同じくシールドとマグナムが余剰パーツとして付いてくるので、なんちゃって「バンシィ・ノルン」を作ることもできます^^
「ブァナァジィィィィィ!!」

hr (43)
hr (44)

バンシィ・デストロイモード

BB戦士でありながら頭部と肩以外は差し替えなしで変身することができます
ただ、頭部のツノは接続がかなりキツいので注意です(ネット上で破損報告を何件か見かけました)

可動範囲はユニコーンモードとほぼ変わらず
アームドアーマーVNのツメはボールジョイントでグリグリ可動します


以上、ユニコーンガンダム2号機 バンシィの素組みレビューでした。

可動範囲は現行キットより少し劣りますが、変身機構とそれを有しながらの良好なプロポーション、色分けは驚嘆の一言。
少し値段は張りますが、相応の完成度があるキットだと思います。

[ 2013/04/28 23:48 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。