天丼のプラモブログ Gジェネレーション
FC2ブログ

BB戦士 Hi-νガンダムを改造して νガンダムを作る ③

久しぶりの更新になりました。

パソコンとネット環境の調子が悪く、ブログの管理画面までたどり着くのも一苦労なので、なかなか更新できませんでした。
新しいパソコンに買い替えるまでしばらくは更新頻度がガタ落ちすると思います。


DSC00775.jpg
DSC00793.jpg

パソコンの話は置いといて改造の続き
今回はバックパックとファンネルを作ります。

まずファンネルの真ん中のパーツの肉抜きを埋めます。

DSC00801.jpg

ファンネル同士をつなげてνガンダム風に
真ん中のパーツはバーニアパーツでドレスアップする予定です。

DSC00802.jpg

展開後の形で固定したファンネルも作成します。

DSC00799.jpg
DSC00825.jpg

バックパックはパテでGジェネ版νガンダムのものを無理やりくっつけました。
ここもバーニアを別パーツでドレスアップする予定です。

DSC00934.jpg
DSC00935.jpg

現在の状態
フロントアーマーが大きいのが目立ってしまいますが、このままいこうと思います。
色塗ったら違和感ないんじゃないか、という希望を持って。。。

DSC00936.jpg

ファンネルはプラ棒で接続してます。


次回は色塗ってギャラリーとして紹介したいですねー
おそらくνの発売までには間に合わないので、完成したら製品版のνとも並べてみたいです。


今年の更新はこれが最後になります。
新しい生活環境にかわったこともあり、ブログの更新になかなか手を付けられなかったり、塗装が進まなかったりと
微妙な一年になってしまいました。
ただ、この一年で撮影環境や塗装環境を改善することが出来たので、来年はこれらの改善点を活かして飛躍の年にしたいですね。

当ブログを見てくださっていた方々、今年一年ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。
[ 2013/12/28 17:32 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士 ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム(素組み)

ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (18)

機動戦士ガンダムSEEDより
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステムのパチ組みレビューです。

2004年1月発売 1,000円(税抜)


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (20)

内容

まずは単品のストライクガンダムと共通のランナー3枚


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (19)

そして新規設計のランナーも3枚
色プラがふんだんに使われており、とてもカラフルです。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (13)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (14)

ストライクガンダム

色分け精度は当時のHGキットと同じようなカンジ。
アンテナや肩のフレームなど、目立つ部分は塗装推奨です。

この時期のキットはちょっと腕が大きめで、所謂ゴリラ体型になってしまっています。。。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (16)

肩はHGのAGEシリーズのような構造になっており、若干前後に可動します。
さらに胸と腹の間にも可動箇所があり、体をのけぞらせることが出来るようになっています。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (15)

武器のアーマーシュナイダー

発売時期を考えると意外なほどよく動いてくれるので、ポージングはばっちりです。

しかし脚部はよく開いてくれますし接地性もそこそこですが、接続のテンションがちょっと緩めなカンジです。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (9)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (10)

続いて各ストライカーシステムの紹介。

こちらはエールストライクユニット


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (12)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (11)

ストライクガンダムといえばこの姿ですね。
足は折りたためるので、飛翔ポーズもばっちり決まります。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (4)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (5)

ソードストライクユニット
対艦刀のシュベルトゲーベルが長すぎてちょっと斜めになってしまいます。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (3)

ビームブーメランのマイダスメッサーはビームエフェクトが付属します。
左手甲のパンツァーアイゼンも先端が別パーツで成形されており、分離させることが出来ます。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (6)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (7)

ランチャーストライクユニット

やはりアグニが長すぎて斜めになってしまいます。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (8)

アグニは設定通り展開させることができます。


ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (1)
ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (2)

最後に全部載せでなんちゃってパーフェクトストライクガンダム。
BB戦士だとリアル体型よりまとまりよく見えますね。

ストライクガンダム ストライカーウェポンシステム (17)

全セット内容。

各種ストライカーパックと1パーツ成形のスカイグラスパーが付属します。
色々組み替えて遊べるのでプレーバリューは満点です。


以上、ストライクガンダム ストライカーウェポンシステムのパチ組みレビューでした。
[ 2013/10/18 23:20 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士Hi-νガンダムを改造してνガンダムをつくる②

祝!BB戦士νガンダム発売決定!!

・・・ということで、正直モチベーションがかなり下がってしまいましたが。。。
乗りかかった船なので完成まではこぎ着けたいです。

製品版はDOME仕様の特殊なデザインのものみたいなので、違うテイストで作って並べてみようかな。

DSC00779.jpg
DSC00791.jpg

今回は武器類の加工をしました。

ビームサーベルとライフルはジャンク化していたHGUCのνガンダムから拝借。
サーベルは先端を削って短くし、ライフルは幅詰めと後ろのでっぱりの削減でサイズを小さくしました。

DSC00937.jpg
DSC00789.jpg

シールドは肩と同じくパーツ間の凹を黒い接着剤で消し、平らにしました。

DSC00795.jpg

νに持たせるとこんなカンジ。

次回は一番大変そうなファンネルの加工をします!
[ 2013/10/14 22:11 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士 Hi-νガンダムを改造してνガンダムを作る

DSC00784.jpg

タイトルのとおりです。
同クオリティのサザビーが発売されているので、それと並べるべくHi-νガンダムをνガンダムっぽく改造していきます!

↑の写真が現在の状態。
以下で制作過程を紹介していきます。

DSC00938.jpg
DSC00783.jpg

肩アーマー

青と白の境目の凹をWAVEの「黒い接着剤」で埋め、下部のスラスターをナイフで削り取りました。

DSC00932.jpg
DSC00933.jpg

腕部

二の腕の肉抜きをパテで穴埋め。
右前腕はナイフで削ってデザインを簡素化しνガンダムに近づけました。

DSC00774.jpg
DSC00780.jpg



甲の部分にある凸をプラ版とパテで作成しました。

DSC00778.jpg
DSC00787.jpg

頭部

リアカメラのカバー(?)がやたらと長いのでノコで切断。
襟足の部分もすこし大きい気がするのでこれから削ってやろうと思います。


いざ制作を開始すると本当に完成するのか不安になってきますが・・・
なんとか年内には完成させたいです!
[ 2013/09/21 14:27 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)

BB戦士 νガンダム(HWS仕様)(素組み)

hyou (206)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアより
νガンダムのパチ組みレビューです。

2000年7月発売 500円(税抜)


rrrr (22)

内容は箱サイズランナー3枚分

DSC00354.jpg
DSC00358.jpg

νガンダム

関節は首、四肢のほか腰と肘、手首にあります。
色分けは良好。特に腰の赤と胸の白がパーツで色分けされてるのがありがたいです。

ファンネルは固定式です。

DSC00356.jpg
DSC00357.jpg

武器類は一通り付属。
バズーカには大胆な肉抜きがあります・・・

DSC00359.jpg
DSC00360.jpg

オマケパーツでHWS仕様も再現できます。

胴体と腰の増加装甲はつながっているため、腰が回らなくなります。

DSC00361.jpg

こちらも武器類は一通り付属。
νのものと合わせるとかなり豊富な武器が付属するので色々持ち替えて遊べそうです。

以上、νガンダムの素組みレビューでした。
[ 2013/09/04 23:58 ] Gジェネレーション | TB(0) | CM(0)