天丼のプラモブログ 新SD戦国伝 伝説の大将軍編

新世大将軍 (素組み)

新世大将軍 (4)

新SD戦国伝 伝説の大将軍編より 新世大将軍の素組みレビューです。

1993年11月発売 2,000円(税抜)


烈光頑駄無(素組み)

ekr (36)

新SD戦国伝 伝説の大将軍編より
烈光頑駄無のパチ組みレビューです。

1993年2月発売 500円(税抜)


san (41)

内容は箱サイズランナー3枚分

el (56)

軽装状態

独特な目の色が印象的です。

el (58)
el (59)

烈光頑駄無

関節の接続方式は首、足にボールジョイント、腕に軸接続のスタンダードな方式。
足はボールジョイントの軸がやや長めに成形されており、その恩恵で従来のキットより大きく開脚することが出来るようになっています。

色分けは厳しいです。
塗装箇所は広く細かく多いので、設定色を再現するには少し骨が折れそうです。

el (60)

バックパックは弓にすることもできます。
スプリングギミックが仕込まれており、弾丸を発射することが出来ます。

el (54)
el (53)
el (50)

轟天頑駄無付属の烈光の鎧を装備した姿

二色のクリアパーツを使ったかなり派手な姿に。
ブルークリアの部分は轟天のレビューにも書きましたが何故か緑色に変色してます・・・;

yoide (93)

最後に三烈神そろい踏み


以上、烈光頑駄無の素組みレビューでした。

烈破頑駄無(素組み)

ekr (82)

新SD戦国伝 伝説の大将軍編より
烈破頑駄無のパチ組みレビューです。

1993年4月発売 500円(税抜)


yoide (1)
yoide (2)

内容は箱サイズランナー3枚分

yoide (86)
yoide (87)

烈破頑駄無

関節の接続方式は首、足にボールジョイント、腕に軸接続というスタンダードな方式。
さらにこのころのキットには珍しく、胴と腰が独立していて腰をひねったポーズをとらせることが出来ます。
(しかし胴鎧を付けるとほぼ動かなくなります・・・)

色分けはキビシいです。
塗装箇所も細かいので仕上げるには時間のかかりそうな印象です。

yoide (90)
yoide (91)

轟天頑駄無に付属の烈破の鎧を装備した姿

蓄光素材が使われており、暗闇で光らせることができます。


以上、烈破頑駄無の素組みレビューでした。

烈空頑駄無(素組み)

ekr (33)

新SD戦国伝 伝説の大将軍編より
烈空頑駄無のパチ組みレビューです。

1993年5月発売 500円(税抜)


san (43)

内容は箱サイズランナー3枚分

yoide (84)
yoide (85)

烈空頑駄無

関節の接続方法は首、足にボールジョイント、腕に軸接続のスタンダードな方式。
このほか肩の内部にポリキャップが仕込まれており、腕を横方向に上げ、ロール可動させることが出来ます。

色分けはものすごく厳しいです。
設定色を再現しようとすると、ほぼ全塗装することになりそうです。



yoide (88)
yoide (89)

轟天頑駄無に付属する烈空の鎧を装備した姿

巨大な翼が長刀とマッチして格好いいです^^


以上、烈空頑駄無の素組みレビューでした。

轟天頑駄無(素組み)

te1 (44)

SD戦国伝 伝説の大将軍編より
轟天頑駄無のパチ組みレビューです。

1993年3月発売 1,500円(税抜)


te1 (23)

内容は4枚の写真に分けて紹介します

まずは箱サイズの色プラのランナー
向かって左側が蓄光、右側がクリア成形になっています

ランナー右下は本来ブルークリア成形ですが、写真の通りエメラルドグリーンに変色してしまっています(これについては後述します)

te1 (16)

続いて箱サイズの白ランナー、半箱サイズの青ランナー

te1 (17)

さらに箱サイズの黒ランナー、半箱サイズのメッキランナー

te1 (18)

最後にシール類

目シールには通常の緑色のものとホログラム版の2種類が付属します
今回はホログラム版で組み立てました

san (107)
san (108)

轟天頑駄無

通常のキットに比べて二回りほど大きくデザインされていて中々のボリューム
鍬形が個人的にかなり好みのデザインです^^

色分けに関してはサイズの割に力が入ってない印象です
配色の細かい胴体が黒成形なのも塗装難度を上げてます

また、前腕はピンの関係で写真のように合わせ目に隙間が空いてしまうので接着推奨です

san (109)

三烈神の鎧

それぞれ専用の台座が付属します


以上、轟天頑駄無の素組みレビューでした。

変色したブルークリアのパーツについてネットで検索したところ、同様の報告が多数見られました。
原因ははっきりしていないようなので、購入を考えている方は中身を確かめてから購入することをお勧めします。

戦国伝レビュー集へ