天丼のプラモブログ 新SD戦国伝 天星七人衆編

天星大将軍 (メッキ加工、素組みレビュー)

天星大将軍 (1)

新SD戦国伝 天星七人衆編より
天星大将軍の素組みレビューです。

1998年11月発売 2,000円(税抜)
(輝羅鋼極彩verは2010年10月発売)


天星大将軍 (2)

天星大将軍 (3)

天星大将軍 (4)

ランナー

大型キットらしくボリュームある内容。
3枚目の写真の左上と左下のランナーはキットでは非メッキですが、今回もきらきら工房さんに依頼してメッキ化してもらいました。


0621805.jpg

ちなみにもともと輝羅鋼だったパーツはラメ入りのイエロークリアで成形されています。


天星大将軍 (14)

天星大将軍 (15)

天星将軍零壱(テンセイショウグンゼロワン)

他の天星七人衆キットと同じく、色分けのレベルは高いです。


天星大将軍 (17)

サイズ比較

大将軍なのでさすがのボリュームです。


天星大将軍 (16)

神刀「星光(ほしひかり)」

腕部は当時の1/100スケールキットのような構成で、よく動きます。


天星大将軍 (8)

虹星鳳凰(レインボーフェニックス)

天星大将軍 (9)

かなりのボリュームがあります。
この虹星鳳凰は変形することで真の姿に・・・。


天星大将軍 (10)

天星大将軍 (11)

天星武人

虹星鳳凰の真の姿。


天星大将軍 (12)

可動範囲はあってないような感じ。
最大限派手なポージングで↑の写真くらいです。
プロポーションもそれなり。


天星大将軍 (13)

サイズ比較

天星大将軍 (7)

天星大将軍 (5)

天星大将軍

零壱と天星武人が合体した姿。
過去の大将軍に比べるとシンプルなデザインですが、メッキとクリアパーツが派手でかっこいいです。


天星大将軍 (6)

武器は星光と「七天剣聖の剣」の二刀流。


以上、天星大将軍の素組みレビューでした。

紅蓮ガンダム(素組み)

ekr (94)

新SD戦国伝 天星七人衆編より
紅蓮頑駄無のパチ組みレビューです。

1998年9月発売 500円(税抜)
(輝羅鋼極彩verは2010年10月発売)


te1 (32)

内容は箱サイズランナー2枚と半箱サイズランナー1枚
彗星頑駄無と同じく、輝羅鋼(元)の影響かランナーはやや少な目になっています。

san (114)
san (115)

紅蓮頑駄無

関節の接続は天星七人衆キット共通の軸接続方式。
色分けは他の天星七人衆キットと同じくかなりレベルが高いです。

san (116)

肩ハッチは差し替えなしで展開可能です。


以上、紅蓮頑駄無の素組みレビューでした。

彗星頑駄無(素組み)

te1 (41)

新SD戦国伝 天星七人衆編より
彗星頑駄無のパチ組みレビューです。

1998年8月発売 500円(税抜)
(輝羅鋼極彩verは2010年10月発売)


te1 (31)

内容は箱サイズランナー2枚と半箱サイズのランナー1枚
(元)輝羅鋼のランナーが大きめに成形されているためか、ボリュームの面にややしわ寄せがきている印象です。

kimar (46)
kimar (47)

忍装束形態

関節の接続は天星七人衆共通の軸接続方式。

色分けは他の天星七人衆キットと同じくレベルが高いですが、腕部は塗装箇所が複雑でやや難易度が高くなっています。

kimar (48)

手甲からいろいろな武器を射出することが出来ます。

kimar (44)
kimar (45)

彗星頑駄無

鎧を着せ替えることでかなり印象が変わります。
顔もイケメンです。

ただ、ギミックにはやや乏しいです。


以上、彗星頑駄無の素組みレビューでした。

剣聖頑駄無(素組み)

te1 (36)

新SD戦国伝 天星七人衆編より
剣聖頑駄無~輝羅鋼極彩~のパチ組みレビューです。

1998年7月発売 1,000円(税抜)
(輝羅鋼極彩verは2010年10月発売)


te1 (26)
te1 (27)
te1 (28)

内容は箱サイズランナーだいたい3枚分
もともと輝羅鋼だったランナーはラメ入りイエロークリア成形になっています

el (36)
el (37)

軽装状態

関節の接続方式は天星七人衆共通の軸接続。
手も平手と握り手の両方が付属しており、自由に取り換えることができます。

el (38)
el (39)

天紬の外套

マントは両面カラーの紙製です。

el (34)
el (35)

剣聖頑駄無

本来渋いカンジの配色なのですが、輝羅鋼がラメ入りクリアパーツにかわったことでかなり派手な印象に。

el (40)

鎧と外套は専用のスタンドに飾ることができます。

以上、剣聖頑駄無の素組みレビューでした。

魁斬頑駄無~輝羅鋼極彩~(素組み)

kimar (159)

新SD戦国伝 天星七人衆編より
魁斬頑駄無(カイザーガンダム)のパチ組みレビューです。

1998年10月発売 500円(税抜)
(輝羅鋼極彩verは2010年10月発売)


kimar (2)

内容は箱サイズランナー2枚と、元々輝羅鋼だったランナー1枚

kimar (31)
kimar (32)

魁斬頑駄無

天星七人衆編のキットだけあって、元々輝羅鋼だったランナー以外はほぼ完ぺきな色分けです
輝羅鋼のランナーはラメ入りイエロークリアで成形されています

kimar (33)

不動剣翼の陣

手首が軸回転するので、その分他の天星七人衆のキットよりもポージングの幅は広いです
足首にあたる部分が造形されているのでスタイルもイイかんじです^^


以上、魁斬頑駄無でした。

人気のあるキットですが、人気相応の完成度があるキットだと思います。
輝羅鋼の部分をどう表現するかがミソになりそうです。


余談ですが、前回の更新からかなり間が空いてしまいました‐ー;
引っ越しは完了しましたがまだ4月からの生活に慣れていないので、様子を見ながら更新頻度を増やしていきたいです。

爆熱頑駄無(素組み)

DSCF1828.jpg

新SD戦国伝 天星七人衆編より
爆熱頑駄無のパチ組みレビューです。

1998年5月発売 500円(税抜)


DSCF1844.jpg

内容は箱サイズランナー2枚と半箱サイズランナー1枚、メッキの小ランナー

他の七人衆に比べ若干ボリューム不足ですが、成型色数は6色と相変わらずカラフルです

DSCF1853.jpg
DSCF1854.jpg

爆熱頑駄無

背部と肩を少し塗ってやるだけで設定色を再現できそうです


以上、爆熱頑駄無の素組みレビューでした。

相変わらず色分けが素晴らしいシリーズです。
サクッと塗装してやりたいところです。

BB戦士レビュー集へ

迅風頑駄無 (素組み)

DSCF1827.jpg

新SD戦国伝 天星七人衆編より
迅風頑駄無のパチ組みレビューです。

1998年4月発売 500円(税抜)


DSCF1841.jpg

内容は箱サイズランナー大体3枚分
成形色数は6色とかなりカラフル

070.jpg
071.jpg

迅風頑駄無

角はパールホワイトで成形されています
この微妙なこだわりがいいですね^^

以上、迅風頑駄無の素組みレビューでした。
写真のとおり色分けは良好で、マントに少し金を塗ってやるだけで再現できます。
割とカラフルな武者だけに、これはすばらしいです。

BB戦士レビュー集へ

武者頑駄無零壱

DSCF1418.jpg

新SD戦国伝 天星七人衆編より
主人公 武者頑駄無零壱のレビューです。

1998年1月発売 500円(税抜)


DSCF1387.jpg

内容は箱サイズランナー2枚と半箱サイズのメッキランナー、小ランナー

ランナーは色プラ成形で、従来の倍の色数である6色で成形されてます

シールはなんと目シールのみ

DSCF1601.jpg

軽装状態

軽装状態でも、兜はかぶりっぱなしです
兜は外すことが出来ますが、あんまりダサいんで割愛

DSCF1603.jpg

後ろ

腕は1パーツ成形なので、肉抜きが目立ちます

DSCF1604.jpg

武者形態

メッキパーツが増え豪華に
武器は名刀「虹絢(にじあや)」

DSCF1606.jpg

さらに「光星の鎧」装着

クリアパーツが追加され、一段と豪華に

DSCF1607.jpg

上から

肩鎧が透けてるデザインがかっこいいです
羽の金部分まで色分けされてるのもポイント高いです

DSCF1740.jpg

最後に塗装後の零壱

拳塗って、スミ入れしただけ
色分けのレベルはBB戦士最高峰です


以上、武者頑駄無零壱でした。

モチーフはガンダムジェミナス01。
ボンボンで連載してた「G-UNIT」の主役機です。

色分け精度の高さに感動しました。
組み立ても簡略化されており、三国伝のキットを作ってる感覚でした。
メッキとクリアパーツも綺麗ですし、おすすめのキットです。

BB戦士レビュー集へ