天丼のプラモブログ 超SD戦国伝 刕覇大将軍編
FC2ブログ

BB戦士 爆炎頑駄無 (素組みレビュー)

DSC07156-4.jpg

超SD戦国伝 刕覇大将軍編より
爆炎頑駄無の素組みレビューです。

1997年6月発売 500円(税抜)


DSC01357.jpg

内容は箱サイズのランナー約3枚分。


爆炎頑駄無-1

爆炎頑駄無-2

軽装状態

鉄機武者軍団の砲術隊隊長で、軍団一の長距離射撃の腕前を誇る鉄機武者。
単純な性格で、軍団長である飛閃には何があろうと最後までついていくことを誓っています。


爆炎頑駄無-3

爆炎頑駄無-4

爆炎頑駄無

両肩のタイヤ、そして背中の巨大な大砲と、特徴的な装備が目を引きます。


爆炎頑駄無-6

武器の「爆炎刀」


爆炎頑駄無-5

双爆星銃(ツインバスターガン)と業火の斧


爆炎頑駄無-7

そして「爆炎粉砕砲」

歴代の大将軍の大目牙砲を分析して造られた超巨大砲。
スタンドがあるので安定して持たせることができます。

内部にはスプリングが内蔵されていて、BB弾をピストンで発射することができます。


爆炎頑駄無-8

爆炎頑駄無-9

巨大爆炎砲形態

爆炎頑駄無が変形した姿。
この形態から、必殺技「天魔粉砕弾」を放つことができます。


以上、爆炎頑駄無の素組みレビューでした。

BB戦士 天界武将戦刃丸 (素組みレビュー)

DSC07313-2.jpg

超SD戦国伝 刕覇大将軍編より
天界武将戦刃丸の素組みレビューです。

1997年7月発売 1,000円(税抜)


126 (3)

127 (3)

内容は写真のとおり。
金と銀2色のメッキパーツが付属します。


天界武将戦刃丸③-1

天界武将戦刃丸③-2

軽装状態

真星勢多に殺害された戦刃丸が、生前の功績を認められて天界武将として転生した姿。
紅零斗丸たちを救うため、「地上の出来事に関わってはいけない」という天界の掟を破って地上に降り立ちました。


ヒゲのある顔が特徴的ですね。


天界武将戦刃丸③-3

天界武将戦刃丸③-4

天界武将戦刃丸

「黄金・白銀の鎧」を装着した、戦刃丸の武将形態。
白+黒+金+銀のカラーリングが渋くてカッコいいです。
肩鎧はシボ加工+メッキで独特の見た目になっています。


天界武将戦刃丸③-5

大きさ比較

高額キットだけあり、紅零斗丸より一回りサイズが大きいです。


天界武将戦刃丸③-19

生前の姿と。

ヒゲや兜の鍬形など、特徴的な部分はそのまま引き継いでますね。


天界武将戦刃丸③-14

武器の「雷槍の矢」

槍として使うこともできる巨大な矢。


天界武将戦刃丸③-6

天界武将戦刃丸③-7

「慶天の扇(けいてんのおうぎ、右手)」と「流剣扇(りゅうけんせん、左手)」
慶天の扇は裏表でデザインが違います。


天界武将戦刃丸③-8

神馬・天雷轟

天地を行き来することができる、戦刃丸の愛馬。
後述の変形ギミックのため首や脚部などに関節があり、ある程度ポージングさせることができます。


天界武将戦刃丸③-10

装身具を着けた姿。
メッキパーツが多くて豪華ですね。


天界武将戦刃丸③-11

戦刃丸と大きさ比較。
各部の関節も動きますし、「馬」のキットとしては当時でもクオリティが高かったんじゃないかと思います。


天界武将戦刃丸③-12

天界武将戦刃丸③-13

もちろん騎馬させることも可能です。
専用のアタッチメントパーツで天雷轟に接続するため、安定して飾ることができます。


天界武将戦刃丸③-15

天鎧武装

天雷轟の装身具を身に着けた姿。


天界武将戦刃丸③-17

天界武将戦刃丸③-18

天界神器・神砕魔戦弩(シグマアーチェリー)
天雷轟が変形した姿。背中から雷槍の矢を発射する天界神技、「降魔烈神弾(ゴウマレツジンダン)を放つことができます。
天雷轟の内部にはスプリングが仕込まれていて、実際に雷槍を発射することができます。


以上、天界武将戦刃丸の素組みレビューでした。



BB戦士 烈風頑駄無 (素組みレビュー)

DSC07158-5.jpg

超SD戦国伝 刕覇大将軍編より
烈風頑駄無の素組みレビューです。

1997年8月発売 500円(税抜)


DSC00117.jpg

内容は箱サイズのランナー約3枚分。


烈風頑駄無-1

烈風頑駄無-2

軽装状態

烈龍頑駄無のお目付け役である天界武者。地上で暴れまわる烈龍を再び封印するために地上に舞い降りました。
由緒正しい天界の家系に生まれた生粋の天界武者で、「天界の者は地上の出来事に関わってはいけない。」という掟を最重視しています。


同じ天界武者の烈龍がブルーだったのに対し、烈風はラメ入りクリアーレッドの成形色ですね。
腰が回るほか、肩に仕込まれた関節により腕を上げることができるので、ポージングはしやすいです。


烈風頑駄無-3

烈風頑駄無-4

烈風頑駄無

背中の風手裏剣は敵に投げつけるほか、楯としても使うことのできる武器。
刃の部分は外側に引っ張ることで閉じた状態から展開することができます。


烈風頑駄無-7

左の肩鎧からは刃のようなものを展開することができます。


烈風頑駄無-10

烈風頑駄無-11

風覇戦陣形態

風手裏剣を前方に展開した形態。
中央の穴から繰り出される天動奥義、「風覇激嵐弾(ふうはげきらんだん)」は、スプリングギミックによる弾丸の発射で再現されています。


烈風頑駄無-8

烈風頑駄無-9

風手裏剣を外した状態

手に持っているのは「轟嵐爆星(トルネードバスター)」。
烈風の背中と武器機腕(メカニフレーム)を介して繋がっています。


烈風頑駄無-12

烈風頑駄無-13

超高速移動術「風の舞い」

烈風が風手裏剣の上に乗った形態。
通常の3倍のスピードで空中を飛び回ることが可能です。


烈風頑駄無-5

烈風頑駄無-6

武器の「風の太刀」と「重甲の大楯」
風の太刀は写真のように重甲の大楯に収納することができます。

重甲の大楯は、キットの説明書でも特に設定の書かれていないボーナス武器のようなものですが、神田先生の漫画版では、魔界の裂け目を封印するための重要なアイテムとして登場していましたね。


以上、烈風頑駄無の素組みレビューでした。

BB戦士 烈龍頑駄無 (素組みレビュー)

DSC07848-9.jpg

超SD戦国伝 刕覇大将軍編より
烈龍頑駄無の素組みレビューです。

1997年5月発売 500円(税抜)


DSC07496-1.jpg

内容は箱サイズのランナー約3枚分。


烈龍頑駄無-1

烈龍頑駄無-2

軽装状態

壊れてしまった烈龍刀から現れた天界武者。
天界一の暴れん坊で、ある時、島を一つ沈めてしまったことで天帝の怒りを買い、烈龍刀に封印されてしまっていました。
烈龍刀の中から紅零斗丸たちの戦いをずっとイライラしながら見ていたので、封印が解かれてからはその反動で超機動大将軍を召喚するなどの大暴れを披露します。


烈龍頑駄無-3

烈龍頑駄無-4

烈龍頑駄無

ラメ入りクリアの鎧が特徴的ですね。ランナーが硬いので、パーツの切り出しの際は要注意です。


烈龍頑駄無-6

武器の「龍神の鉞(りゅうじんのまさかり、左手)」と「四閃爪の槍(しせんそうのやり、右手)」


烈龍頑駄無-7

怒龍大天斬(どりゅうだいてんざん)

烈龍の2つの武器を合体させた状態。
天動奥義「竜巻怒龍斬」再現のため、胴体がくるくる回るようになっています。


烈龍頑駄無-8

烈龍頑駄無-9

武器は烈龍の体に装着しておくことが可能です。


烈龍頑駄無-5

「天承神刀(てんしょうしんとう、右手)」と「討撃剣(とうげきけん、左手)」の2本の刀も付属します。


烈龍頑駄無-10

烈龍頑駄無-11

天翔龍神形態

烈龍が高速移動する際の形態。
鎧の組み換えにより、翼を広げた龍のような姿になります。


以上、烈龍頑駄無の素組みレビューでした。



以下、おまけ。

DSC07677-1.jpg

DSC07678-2.jpg

號斗丸のように、超機動大将軍に搭乗させることができます。

BB戦士 魔刃頑駄無 (素組みレビュー)

DSC07161-7.jpg

新SD戦国伝 刕覇大将軍編より
魔刃頑駄無(マジンガンダム)の素組みレビューです。

1997年9月発売 500円(税抜)


魔刃頑駄無 (1)

魔刃頑駄無 (2)

ランナー

黒いパーツも金色のパーツもグロス使用でつやつやです。
そのためパーツが固く、ランナーからの切り離しに気を使います。


魔刃頑駄無-1

魔刃頑駄無-2

軽装状態

地上制圧のために天宮に派遣された魔界の武者。鉄機武者反乱を企てた黒幕。
魔界の王を地上に降臨させるため、烈帝城の下にある魔界の門を開こうと企てました。
残忍で非道、目的のためなら手段を選ばない性格です。


ナイトガンダムシリーズに出てきそうな見た目ですね。
腕部に関節が仕込んであり、右腕は肘が曲がり、左腕は横に跳ね上げることができます。

また、左手(ジーグ)はメッキパーツで再現されていて、ロール可動します。


魔刃頑駄無-3

魔刃頑駄無-4

武者形態

左右非対称の大胆なデザインの鎧ですね。
武装の名称はいつもの当て字ではなく横文字が並び、普通の武者との違いを感じます。


魔刃頑駄無-7

左の大きな肩鎧(ハーデスコート)の前面は跳ね上げることができるようになっています。
また、肩鎧から飛び出している「鉄機心得」(黒が偽物、金色が本物)は取り外すことができ、本物は左手(ジーグ)に持たせることができます。


魔刃頑駄無-8

特徴的な武器の「ファントムハーケン」を装備して


魔刃頑駄無-10

魔刃頑駄無-9


ファントムハーケンは伸ばした刃がスプリングで内側に戻るギミックがあります。
また、魔刃自身の腰にもスプリングを内蔵しており、腰をひねるとスプリングの力で勢いよく戻り、斬りつけるような動作をさせることができます。

写真では隠れてしまっていますが、ファントムハーケンは手のほか、肩の爪(リーゴドン)でもがっちり保持するので、遊んでてもすっぽ抜ける心配は少なそうです。


魔刃頑駄無-5

魔刃頑駄無-6

ボーナス武器として「シュトローム」と「魔角の軍配」が付属します。


以上、魔刃頑駄無の素組みレビューでした。

ギミックが多く、組み立ても普通の武者より少し細かく複雑なので、楽しめました。
配色は細かいので、設定どおり塗装しようとするとちょっと苦労しそうな印象です。


以下、おまけ

魔刃頑駄無-11

専用のアタッチメントパーツを使用して、天鎧王と接続、「魔刃冥皇殿」を再現することができます。